レッスン予約

BLOGブログ

投稿一覧

言語病理学者ケリー・オバートのインタビュー第一弾を公開します!

先日行われた、言語聴覚士ケリー・オバート氏の特別セミナーが大好評でした! 厳密には彼女はSpeech Language Pathologist (言語病理学者)に当たりますが、日本の法律ではこの区分けがないため、言語聴覚 […]

続きを読む ≫

【代表インタビュー】VTチームから初のボイストレーナー育成プログラムVT-RVとは?

本日はVTチーム初のボイストレーナー養成講座、VT Recognized Voice Trainer 【VT-RV】についてご紹介します! VT-RVの特徴は? なんと言っても専門分野のプロフェッショナルから学べます! […]

続きを読む ≫

【1月26日更新】VT-RV第1期申し込みについて

こんにちは!VTカスタマーサポートです。   昨年末よりボイストレーナー養成講座VT-RVが始動いたしましたが、先日第0期の講習が無事終了しました。全3回の講義でしたが、毎回時間がオーバーするほどの濃い内容をお […]

続きを読む ≫

声が出しにくくなる原因を深掘り

発声障害に陥ってしまう原因として、人間の運動学習について以前お話ししました。 今回は機能性発声症害についてもう少し詳しく見てみましょう。 診断される方は大きく分けると過緊張性型と低緊張型になります。
 
上の図は左側に近 […]

続きを読む ≫

解説!機能性発声障害に陥るプロセスについて

機能性発声障害という言葉を耳にしたことがある方も多くいらっしゃるかと思いますが、どうしてそうなってしまうかというのを考えたことはありますか? 今回は機能性発声障害の一つの例として「誤った発声パターンを学習してしまう」とい […]

続きを読む ≫

2024年1・2月 言語聴覚士ケリー・オバートによる音声障害セミナー

皆さん健康な声について考えたことはありますか? より良い歌を歌うためには常に健康な声でありたいですよね。 そもそも声にとって健康な状態とはどんなものなのか?喉の構造や声の仕組みなど意外と知らないことも多いと思います。 そ […]

続きを読む ≫

声を強く出す時の声門閉鎖はどのくらいがベスト?

「強い声では声門閉鎖!」という風潮が近年のボイトレではあります。
 これも一部は正しいのですが、声門閉鎖が強烈に高いと、声帯出血など怪我のリスクが高まります。 そしてこれが癖化すれば過緊張発声や過緊張性発声障害に陥る可能 […]

続きを読む ≫

*満員御礼*インストラクター養成講座「VT-RV」第0期申込受付開始!

こんにちは!VTカスタマーサポートです。 先日発表されたVTチームのインストラクター養成講座「VT-RV」第0期の申し込みがいよいよ始まります! 第1期に向けたプロトタイプ。ぜひみなさんのお力を貸してください! 【概要】 […]

続きを読む ≫

VTチーム初のインストラクター育成プログラムついに始動!!!

こんにちは!桜田ヒロキです。 現在、VTチーム開発のインストラクター育成プログラム・・・ その名も「VT Recognized Voice Trainerシステム(VT-RV)」のトレーニングプログラムを作成しています! […]

続きを読む ≫

VT大阪スタジオ交流パーティのお知らせ♪

こんにちは!VTカスタマーサポートです。 この度、VT大阪スタジオにて交流パーティーを開催することになりました! コロナ禍前も定期的に開催していた交流会・・・ ついに今年数年ぶりに開催します!!! 生徒さんだけでなく、生 […]

続きを読む ≫

CONTACT

レッスンをご希望の方はこちらまで。