お問い合わせ

MOVIEPre-Workout 15分でボイトレ前のウォーミング!

Pre-Workout 15分でボイトレ前のウォーミング!

桜田ヒロキ代表の
コメント

本日は実際にトレーニングを始めていく前にウォーミングアップに使うといいメニューをデザインしました。
起床してから2、3時間ほど経ち、これから歌いたいという時エクササイズにガッツリ入ってしまうと喉が緊張しすぎてしまったり、そもそも出しづらいということがあると思います。本日はPre-Workoutといった意味でworkoutの手前で行うようなエクササイズをしていきます。
後ほどストローを使うので大体3〜3.5mmの口径のものをご用意ください。太いストローしかなければペットボトルなどに水を適量入れて吹き込むようにしていただいてもある程度似たような効果を得ることができます。ストローを水の深いところまで入れれば圧は強くなり、浅いところであれば圧は弱くなるので歌いやすいところを探してエクササイズを行ってみてくださいね。

《男性編》

《女性編》

トレーニングメニュー

いかがでしたでしょうか?もしエクササイズをしてみてきついなと感じる方は、起きる時間を逆算して考えてみてください。
起床後、1時間半・2時間ほど経ちある程度話し声も落ち着いてきたかなというところでエクササイズしていただけると良いかと思います。
それでもきついなと感じる方や物足りないと感じる方は休憩を挟んでエクササイズを2周してみると良いかもしれませんね。
ある程度これで良いかなと感じた方は、ご自身に必要なエクササイズや楽曲に入ってみてくださいね。

Pre-Workout 15分でボイトレ前のウォーミング!
(解説なしワークアウト専用動画)

解説しているインストラクター

桜田ヒロキ
桜田ヒロキ
セス・リッグス Speech Level Singing公認インストラクター(2008年1月〜2013年12月)
VocalizeU認定インストラクター

アメリカ、韓国など国内外を問わず活躍中のボイストレーナー。
アーティスト、俳優、プロアマ問わず年間2000レッスン以上を行うボイストレーナー。

オススメの動画

声を出しやすくするストレッチ方法についてお話します

声を出しやすくするストレッチ方法についてお話します

動画を見る

鼻声ってなんで起こるの?

鼻声になるとあまり「良い声、美しい声」と認識されない事が多く、改善したいと言う方が多くスタジオにいらっしゃいます。
この動画では鼻声がどのようなメカニズムで起こっているのか徹底解説します。

動画を見る

高い音に段々上がるたびに声を出すのが辛い理由とは?

高音域になればなるほど、どうして声を出すのがキツく感じてしまうのか?どうすればその壁を乗り越えられるのか?それらを理論に基づいて解説していきます!

動画を見る

BLOG

VT講師が書くボイトレブログ!

MORE

CONTACT

レッスンをご希望の方はこちらまで。