お問い合わせ

INSTRUCTORSインストラクター

長谷川ゆうり
HASEGAWA YUURI

8歳の頃よりミュージカルの世界に入り、ミュージカル「Gang」、タップダンス公演 Dr. JIMMY SLYDE 来日公演 「We’ll be Together! 」で舞台に立つ。 劇団四季に19歳で合格。「人間になりたがった猫」ジリアン役、「赤毛のアン」ジョシー・パイ役等メインキャストも務め、プロとして本格的に舞台の道へ進む。

長谷川ゆうり HASEGAWA YUURI

8歳の頃よりミュージカルの世界に入り、ミュージカル「Gang」、タップダンス公演 Dr. JIMMY SLYDE 来日公演 「We’ll be Together! 」で舞台に立つ。 劇団四季に19歳で合格。「人間になりたがった猫」ジリアン役、「赤毛のアン」ジョシー・パイ役等メインキャストも務め、プロとして本格的に舞台の道へ進む。

劇団四季退団後はミュージカルを中心に、シンガーとして、シャンソンライブやオペラのコンサートなど幅広いジャンルで活躍。 自身の経験を活かし、ボイストレーナーとして、育成活動も行なう。 約1年間のインストラクター育成期間を経て、2022年VTチームと合流を果たす。

初回レッスン

5,000(税込価格)

レッスン料金はこちら

在籍スタジオ  

  • 東京目黒スタジオ
  • スカイプ、Zoom等のオンラインレッスン

保有資格

  • VT Artist Development認定 レッドラベル・インストラクター
レッスンお問い合わせはこちら

PROFILE

8歳の頃よりミュージカルの世界に入り、ミュージカル「Gang」、タップダンス公演 Dr. JIMMY SLYDE 来日公演 「We’ll be Together! 」で舞台に立つ。

劇団四季に19歳で合格。「人間になりたがった猫」ジリアン役、「赤毛のアン」ジョシー・パイ役等メインキャストも務め、プロとして本格的に舞台の道へ進む。

劇団四季退団後はミュージカルを中心に、シンガーとして、シャンソンライブやオペラのコンサートなど幅広いジャンルで活躍。
自身の経験を活かし、ボイストレーナーとして、育成活動も行なう。
約1年間のインストラクター育成期間を経て、2022年VTチームと合流を果たす。


ご挨拶

こんにちは!ボイストレーナーの長谷川ゆうりです。
このページをご覧下さりありがとうございます!

私はミュージカルの舞台で活躍するのを夢みて、クラシック〜声楽から始め、ポピュラー系の発声を学び舞台に立っていった経験があります。
私に近い経験を持つ方、ミュージカルの舞台を志す方はぜひこのまま読み進めてみてください。

私は小学1年生の時、母の勧めで近所にあった子供ミュージカルのスタジオに通い始めました。
プロになろうと思っていたわけではなく、自由に楽しく歌って踊っていました。
そのスタジオは主催の方が元宝塚歌劇団の方で、当時アルゴミュージカル等の作曲や振り付けをされている方から直接習う事が出来ました。
一流のスタッフ、講師陣が揃っていました。・・・が、当時子供の私には興味があまりなく、、、大人になってからそのありがたさを知りました。(笑)

本格的に歌を習い始めたのは、中学3年生の時、宝塚音楽学校の受験がきっかけでした。
この受験は中3から高3年までの間、続けましたが残念ながら合格する事は出来ませんでした。
当時、私は4年間 かけて受験に臨んでいた事もあり、とても落ち込んでしまい芸能の世界を諦めようと考えました。
そんな時、私を心配をしてくれた子役時代の友人のお母様からチケットをいただき劇団四季の「Crazy For You」を観劇。エネルギーに満ち溢れた舞台を観て「私は止まっている場合じゃない!」と思い、今度は劇団四季の研究生募集のオーディションを受けることに決めました。

宝塚受験は4度も落ちてしまった私でしたが、なんと劇団四季の受験は一発合格!この時、宝塚受験も含めて「努力は裏切らない」と感じました。
とは言え、劇団四季での合格はあくまで研究生。いつクビになるかわからないと言う中、練習に明け暮れる日々でした。
研究生から無事、劇団員となり、メインキャストをこなせるようにもなった頃、外の舞台にも立ってみたいと言う願望が芽生え、劇団を退団する事となりました。
劇団四季の劇団員時代、未熟な私に俳優としてのあり方をたくさん教えて頂いたことは今でも感謝の気持ちで一杯です。

その後、いくつかの舞台を経験し、東宝ミュージカル「ミス・サイゴン」にスウィングで合格しました。
スウィングと言うのは、同性のアンサンブルの歌、ダンス、芝居を全て覚え、担当しているキャストが上演中にトラブルがあった時に即交代したり、お休みの日に出演したりする、言わばピンチヒッター担当です。
当時、私は8役分覚えて、舞台に立ちました。基本的にスウィング用の稽古はなく、舞台稽古もなし、ぶっつけ本番で立つ本番のために、何回も譜面を見直し、立ち位置や振付を確認しました。
が、もちろん1人では乗り越えられるはずもなく、、、(笑)素晴らしいカンパニーメンバーが沢山の助け舟を出してくれて、一緒に作品を作る上でいちばん大切なことを、教えてもらいました。

私の歌の歴史についてに戻りますが、宝塚受験から歌のトレーニングはクラシック〜声楽から始めました。
どうしてもクラシックと言う音楽の様式上、裏声を多用するため、この発声法だけではミュージカルの舞台では対応できないと思いベルティング発声など習うために新しい先生に習い始めました。
劇団四季「赤毛のアン」ジョシー・パイ役で初めてベルティング発声を使いました。
クラシック発声から歌を始めた私にとっては発声の違う方法での歌唱は毎回とても緊張感のある物でしたので、今でも鮮明に覚えています。

地声発声は少しずつ上達し、舞台でも支障なくこなしていましたが、声のメカニズムや練習方法をきちんと理解していなかったため、課題を克服するために自己流の発声でどんどん張り上げ発声になり、声を嗄らしてしまう事も少なくありませんでした。
ただ、当時は若さで「寝れば回復する!」と言う事もあり、今思えばそれほど頭を使って練習をしていなかったように感じます。
しかし徐々に声の回復も遅れ、1日で充分に声が戻らなかったのに加え、なかなかクリアできない技術的な課題があり、限界を感じ始めた頃、VTチームとその独自の発声メソッドに巡り合いました。

VTチームのメソッドと出会ってから、今まで力技で行っていた発声をしなくてもきちんとしたクオリティの声が出せるようになりました。
また技術習得に向けて「具体的にどんな練習をすれば良いのか?」も明確になりました。
プロで活動されている方には、喉のケアや喉飴などを愛用する方が多いのですが、私の場合、発声の改善により、そもそも声にダメージを受ける事が減りましたので、これらのケアが大幅に減ったのが印象的でした。

もしあなたが、「今の歌レッスンに関して本当にこれでいいのか?」と思っているのであれば、ぜひあなたのお力になりたいと思います。


もし現在の先生が歌い方をイメージだけで伝える方で「いまいち曖昧で理解できない」だったり、「上達するべき項目は分かるけど、具体的な解決策が見えない」「結果がなかなか出ない」等。論理的に説明して解決になるかもしれないし、イメージを伝えるにしても、もっと効果的な方法があるかもしれない等のセカンドオピニオン的な意見が欲しい方。自分の声の可能性、良さを知りたい方。自分の歌声をもっと好きになりたい方。

一度、ぜひ私と問題解決に向けて話し合ったり、声を実際に出してみたりしませんか?
以前よりも「自分の声が好きになった」「歌うことがさらに楽しくなった」を一緒に探してみませんか?

あなたにお会い出来る事を心より楽しみにしております!

CONTACT

レッスンをご希望の方はこちらまで。