お問い合わせ

MOVIE動画で見るボイトレ

声の悩みは人それぞれ。VTチームのクライアント様のお声を借りて、
悩みにどのように解決していくのかご覧いただけます。
あなたのお悩みを解決できる動画をぜひ探してみてください!
動画は全てヤラセなし。その場でメニューを判断して30〜40分程度のトレーニングを行なっています。

CASE1

声楽からミュージカル歌手の歌い方へ変えたい!

声楽を学んで来たが、CCM(コマーシャル・コンテンポラリー音楽)の発声方法も習得したいクライアント様のレッスン。

TRAINING MENU
  • まずは地声の開発

  • 地声なだらかに裏声に変える練習

  • 徐々に高音域を力強い地声に変える練習

桜田ヒロキ代表の
コメント

元々、声楽・合唱をやってきた女性で「裏声を使った歌唱法から、地声を使った発声法を学びたい」と言う方はとても多いです。地声を中心とした発声法と裏声を中心とした発声方法は、喉の中の筋肉の使い方、共鳴法が異なります。中には地声の発声法を我流で行ってしまい、悪い癖を付けてしまう、最悪、喉を痛めてしまうと言う方もいらっしゃりますので、ここは「正しい地声の出し方」を習得するのが目的になります。

まずは低音部で地声をしっかりと出した上で、今まで使い慣れている裏声とのスムーズな繋ぎ方・裏声との折り合いの付け方を学習していきます。今まで習ってきた裏声の出し方の使える技術は使い、速習を目指していきます。大体の方が1〜数レッスンで低音部の出し方を習得し、3〜6ヶ月くらいでミックスボイスを習得します。

CASE2

Listen (Beyonce)の高音をベルティングで出したい

プロフェッショナル・シンガーで、非常に音楽能力が高い方。発声を地声モードに寄せていく事によって力強い声を作り上げていきます。
1レッスンで最も変化の大きなレッスンかもしれません。

TRAINING MENU
  • ヴォーカル・フライと言う技法を使い、地声を出すのに不可欠な筋肉の動きをアクティブにしていく

  • 地声を出しやすい母音、音域を選別して地声をアクティブにしていく

  • 徐々に高音域にも地声を入れていく

  • 実際の曲のメロディ・パターンを使ってベルティングの練習に入っていきます

  • 共鳴において母音は超重要なので、適宜矯正を行う

  • これらのステップを超理論的に組み立てて処方していきます

桜田ヒロキ代表の
コメント

彼女はプロフェッショナルシンガーで「明日のレコーディングにこれを歌えるようにしなければいけない!」と言うシチュエーションもあります。

どんな状態でレッスンに来てくださった方でも「歌が良くなった!」と感じていただけるように心がけています。
近年ベルティングという言葉が流行り出したせいか、「ベルティングをできるようにしたい!」というクライアント様が増えています。

VTチームでは最も安全な方法、最短の時間でベルティングをマスターしていただく技術を持っています。

このクライアントさんのBefore Afterを聴き比べると、最初は裏声で歌っていたのが、ほとんど全ての音が力強い地声に変化しているのが聴こえると思います!

CASE3

歌うと喉の緊張をすごく感じる。リラックス方法を知りたい

歌うと喉の疲労が激しいわりに、大きな声が出しにくいというクライアント様に過緊張とは何か?改善は何か?を解説していきます。

TRAINING MENU
  • 声の種類を見極める(低音タイプか?高音タイプか?)

  • 過度な緊張が働くプロセスを理解する

  • 鼻声はほとんどのケースで声のパワーを削るので、鼻声の解除を行う

  • 過緊張が見える筋肉に拮抗する筋肉を抑えて発声を行う

  • 喉の中の筋肉の左右差が疑われる場合、左右を向いての発声も効果的

  • 過緊張が起こる場合、力を込めるのにテンポを落としたくなる事が多い。その逆に早いテンポで音階練習を行い緊張をする隙を与えないようにする

桜田ヒロキ代表の
コメント

「歌うと喉が緊張しすぎて声が出しにくくなる」と言うお悩みを良くいただきます。

声は筋運動を使った物理現象ですので、「全ての筋肉を休ませる」と言うのは間違いです。
発声の技術上、大事になるのは「必要な筋肉と不要な筋肉の仕分け」になります。

必要な筋肉はせっせと働くようにして、不要な筋肉は休むように仕向けていきます。

発声が「苦しい」と言うとすぐに「リラックス」と考えがちですが、まずは「使うべき筋肉が十分に働いていないから苦しくなる」と言う情報の共有をしてからトレーニングに入ります

地声を使ったり裏声を使ったり、目まぐるしくいろいろな手段を使いますが、バチっと良い発声にハマった時の声は美しいですし、出していて爽快です!

CASE4

リズム感を強化してもっとカッコよく歌いたい!

R&Bを歌いたいのだけど、キレがなく、なんとなくまったりしてしまうと言うのが悩みのクライアント様。

TRAINING MENU
  • まずはR&Bの基本的なグルーヴの16分音符を手で叩けるようにする

  • メロディのどこにアクセントを付けるべきか感じる・理解する

  • メトロノームの位置を変化させて16分音符を聞きながらプレイ出来るようにする

桜田ヒロキ代表の
コメント

特に楽器を演奏する事なく歌のみを練習してきたシンガーさんに多いのが、曲のフィール(グルーヴ)を捉えられない。従って演奏と噛み合った歌が歌えないと言う壁に直面する事が多いです。

単純に「演奏をよく聴いて!」「裏拍を意識して!」と指導しても、聴こえていないものはいないものは、意識する事も歌う事もできません。
これを基本ルールとして、後ろの演奏から16分のフィールを聞き取るためのエクササイズ、歌うためのトレーニングを行なっていきます。

どうしてもリズムトレーニングは地味なメニューになりがちですが、楽しく理解を深め、お家での練習に活かせるメニューを考案しています。(ぜひ一緒にやってみてください!)

このクライアントさんのBefore Afterを聴き比べると歌の表情、キレが変わったのが分かると思います!

CASE5

自分の声が高いタイプなのか?低いタイプなのか?見分ける方法を解説します!

知識解説の動画になります。
自分の声がどのようなタイプなのか?把握しておくとボイストレーニングの観点的に非常に有用な情報となります。

解説のポイント
  • 声の種類とは男性低音・高音。女性低音・高音。と言った具合に分けられます。
  • 男声は高い順からTenor / Baritone / Base
  • 女声は高い順からSoprano / Mezzo Soprano / Alto と分ける事が一般的です。
  • この種類は所謂、合唱の「パート分け」とは一致しない事も多くあります。
  • 声の種類は見間違えると歌手の声にとって弊害を及ぼすことがあります。
  • これはボイストレーニングによる声の発達により、より明確になります。
  • これを見誤るボイストレーナーも少なくありませんので、習い手としてもトレーナーの技量を見極める能力が必要かもしれません。

桜田ヒロキ代表の
コメント

器質的な(生まれ持った)声の種類と言うのは、男性で23歳くらい。女性で18歳くらいでほぼ決まります。
一般的には声の低い種類の方が開発に時間が掛かります。

例えば、10代から真剣にボイストレーニングを始めた男性(バリトン)でG4を歌唱で使える様になったのが23歳だったと言う話も決して珍しい事ではありません。

最も重要なのは、その声が(現在、将来を含め)何が出来るか?何がクライアント様の好みの音楽で歌えるようになりたいのか?
場合によっては妥協点を探し、昇華させる方法を考える必要があります。

逆に言えば声種の判断を誤りがちなボイストレーナーと出会ってしまうのは歌手にとって「悲劇の始まり」と言えるでしょう。
最もよくある例は器質的に声の高い、シンガーとしては素晴らしいが、ボイストレーナーとしては未熟な方に、低音声種の生徒がついてしまう事です。
そのボイストレーナーはそんな太く重い声を出した経験もなければ、そこからの声の組み立て方も知りません。
最悪のケースでは誤った手法を使い、生徒の声をバランスの悪い過緊張状態にしてしまう事です。
そうすると残念な事ですが「誤った方法のボイストレーニングで作った悪い癖」を取り除くために、数ヶ月〜1年掛かってしまう事もあります。

ボイストレーナーが異性や、自分の声と異なるタイプの声を取り扱う際には、声の仕組みの高い理解。理論構成されたボイストレーニング方法。経験。そしてクライアント様と二人三脚でレッスンを行う姿勢が重要と考えます。

CASE6

主にビブラートを題材にお話しさせていただきます。

解説のポイント
  • ビブラートをどの音の高さでも無理なく掛けられるかどうかが、健康的な発声の目安になります。
  • ビブラートの掛かった声は音楽的に聴こえます。
  • メロディを直線的な単音の連続ではなく、大きな曲線と捉えることが大切です。曲線のうねりの中に、ビブラートも含まれます。
  • あえてビブラートを使わない歌唱スタイルもありますが、その際も曲線的な音の表現は必要です。
  • 多くの楽器において、美しく音楽的な響きには【自然な強弱】【音から音への滑らかな移動】【単音を表現する際の音程のわずかな上下】といった、直線では表現できない動きが含まれます。
  • ビブラートは、音楽的な、つまり曲線的な音楽表現の基礎になります。

金子恭平
インストラクターの
コメント

この動画では主にビブラートを題材にお話しさせていただきましたが、実は途中で出てきた「曲線的に音を捉える」というキーワードこそが一番お伝えしたかったことになります。なぜなら、それが歌の良し悪しの印象を左右する最も大きな要因だからです。(※音程やリズムが合っている前提でのお話です)

「曲線的に音を捉えた歌唱」のイメージを掴むために、まずはその逆、直線的な歌唱がどんなものかを考えてみましょう。簡単にいえば、直線的な歌唱とはボーカロイドのような機械的な歌い方のことです。ピアノで全く強弱をつけずにフレーズを弾くことでも、同じような雰囲気が再現できますね。一方で、ヴァイオリンの音色を想像してみてみださい。多くの場合、各音には出だしから終わりにかけて自然な強弱がつき、ビブラートが掛かり、音と音の間は滑らかに繋がって音程がスライドするようなニュアンスを含んでいるのではないでしょうか。

僕は人間の歌声というのは、ピアノよりはヴァイオリンに近いものだと考えています。上に挙げたような自然な音の強弱や揺れを取り去ってしまうと歌唱はぶっきらぼうになり、上手く聞こえないどころか真剣に歌っていないように聞こえてしまうのです。

ビブラートを使わなかったり、音量の強弱を用いないにも関わらず歌がとても上手なシンガーも沢山いますが、そんな方達の歌唱をよく聴いてみましょう。ところどころ音程をしゃくり上げたり、逆に上から滑り落とすことで曲線的な音の流れを作り出しているのが分かると思います。それに加えて、声という楽器では発音の仕方や息遣いなども音楽的な表現に直結します。上手な歌手がさりげなく歌っているように聞こえても、そこには多彩な表現技法が隠れているのです。

スピーキングにおいて、言葉の伝え方、届け方のことを「デリバリー」と呼びます。デリバリーを意識せずに喋ってしまうと、話し手の熱意や真剣さ、あるいは心遣いなどが聞き手に伝わらないことが多いため、声のトーンや抑揚が大切な要素とされているんですね。歌唱においては、スピーキング以上に適切なデリバリーが求められます。素の声でメロディと歌詞をなぞるのではなく、人の心の琴線に触れるような音色で歌う必要があるのです。この、聴き手のハートに語り掛けることができる声のことを、僕は「音楽的な声」と呼んでいます。

安定したビブラートを手に入れることが、音楽的な声で歌うことの第一歩です。動画でお話しした二つの掛け方のイメージを参考にしながら、ぜひ美しいビブラートを手に入れていただきたいと思います。棒読み歌唱から脱却して、聴く人を感動させてしまいましょう!

CASE7

声を出しやすくするストレッチ方法についてお話します

解説のポイント
  • 姿勢によって発声に影響が出てしまいます。
  • 「悪い姿勢」の原因を考えていきましょう。
  • 首が前に出てしまうために姿勢が悪くなってしまっているケース
  • 下半身の硬さが上半身の方に影響が出てしまっているケース
  • 発声に直接関係ない部位をストレッチすることで発声しやすくなることがあります。

三浦優子
インストラクターの
コメント

この動画では姿勢と発声の関係についてお話ししています。

結論からお伝えすると「悪い姿勢」というのは発声の妨げになっています。
もしくは「良い姿勢」をすることで今よりも発声がしやすくなることも考えられます。

「悪い姿勢」の一つに首が前に出て背中が丸くなってしまっている「猫背」の状態があります。
猫背になる原因は人それぞれ違うとは思いますが、特に最近はスマートフォンを見る時に首が前に出た姿勢でいる方を多く見かけます。
この姿勢で長時間いるとだんだん首が疲れて次第に凝り固まり、首をフォローするために背中を丸くしてしまうことで背中の筋肉が凝り固まり、肩甲骨の動きが悪くなり肩こりへと繋がっていきます。
そうなると肩甲骨と舌骨を繋いでいる肩甲舌骨筋の働きにも影響が出てしまいます。

もしくは原因が下半身にあることも考えられます。
例えば腿の裏が硬くなってしまうと臀部にも影響が出てしまい骨盤の位置も左右されたり、背中の筋肉にも影響が出てしまって姿勢が崩れてしまう場合もあります。

動画では腿の裏のストレッチをご紹介していますが、他にも横隔膜と隣接している腸腰筋をストレッチすることで、横隔膜の働きが良くなり発声しやすくなる方もいらっしゃいます。

発声に直接関わっている喉や首回りのケアももちろん大事だと思いますが、ぜひ全身に目を向けて見てくださいね。
姿勢を見直すことで今よりも更に「良い声」に出会えるかもしれません。

CONTACT

レッスンをご希望の方はこちらまで。