お問い合わせ

MOVIEボイトレ・メニューの取説 (1) ネイネイ・エクササイズ

CASE9

ボイトレ・メニューの取説 (1) ネイネイ・エクササイズ

ハリウッド式ボイストレーニングの王道トレーニングの1つ。ネイネイエクササイズについて。
喉頭を持ち上げた状態で発声を行う仕組みや恩恵。そこから発展型のトレーニングについてを解説します。

TRAINING MENU
  • 金属的なキンキンした”ミックスボイスらしき物声”は出る様になったけど地声っぽくならない」と言う悩み相談から始まります。

  • 昨今のボイストレーニングのトレンドが「声門閉鎖」が来ているようですが、実際の閉鎖の割合(声帯の開閉の比率)を理解する必要があります。

  • 喉頭を上げたネイネイ・エクササイズはセス・リッグス氏達からファリンジャル・ボイスと呼ばれます。

  • この発声法はあくまで息を減らし、声門閉鎖を高めた裏声発声である事を理解する必要があります。

  • 喉頭を上げる事により高周波成分が多い発声です。

  • このエクササイズでは「低音の声帯を薄くする」「息を少なくして、高音の声帯を強く閉じる」事によって低音と高音の音色や歌手の感覚を揃えるのが大きな目的です。

インストラクターのコメント

息を非常に少なくし、喉頭を上げた状態での発声状態をSpeech Level Singingのセス・リッグス、
ハーバード・チェザリは「ファリンジャル・ボイス」と呼び、積極的にボイストレーニングに取り入れて来ました。
近年ではこれらのエクササイズを積極的に取り入れボイストレーニングを行うトレーナーが増えてきましたが、
近年、「この発声方法は裏声である」と言う事が科学的に分かってきました。

この発声法が地声であるか、裏声であるか、を理解してトレーニングメニューを処方する事は
とても重要な事で地声やベルティング発声にたどり着かせる事を目標とした場合、どこかの段階で地声にしていく必要があります。
仮にこの発声方法を地声として認識をしてしまうと、声量を上げるために呼気圧を上げた瞬間に声帯は離れてしまい、いわゆる息漏れした裏声となってしまいます。
この動画では「ファリンジャル・ボイスが科学的にどのように作られているのか?」「その恩恵は何か?」また「この発声方法をより力強い地声にしていくにはどうすれば良いのか?」
科学的な知見も踏まえて徹底的に詳細解説していきます。

解説しているインストラクター

桜田ヒロキ
桜田ヒロキ
セス・リッグス Speech Level Singing公認インストラクター(2008年1月〜2013年12月)
VocalizeU認定インストラクター

アメリカ、韓国など国内外を問わず活躍中のボイストレーナー。
アーティスト、俳優、プロアマ問わず年間2000レッスン以上を行うボイストレーナー。

オススメの動画

松浦航大「フィラメント」徹底解析 第一弾

今回ご本人からのOKもいただきましたので、松浦航大くんの解析動画を作りました。
1人26役モノマネをして進めていく楽曲とのことです。

動画を見る

主にビブラートを題材にお話しさせていただきます。

主にビブラートを題材にお話しさせていただきます。

動画を見る

すぐにカッコよく歌える技術の練習方法を教えます

すぐにカッコよく歌える技術の練習方法を教えます

動画を見る

BLOG

VT講師が書くボイトレブログ!

MORE

CONTACT

レッスンをご希望の方はこちらまで。