レッスン予約

BLOGブログ

高い声のトレーニングに「強い息」は必要?

「高い声は息の力で出すんだよ!」と言われた経験ある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
僕も子供時代の音楽の授業で言われた事がありました。
未だにこの様な指導されているボイストレーナーは少なくないと思いますが、果たして実際はそうなのでしょうか?
今回は科学的に「強い息」は高音発声の手助けになるのか検証していきましょう。

肺圧で高音は出せるの?


上の図は肺圧と声帯の長さと基本周波数(ピッチ)の関係性を表したものです。
縦軸が基本周波数で横軸が肺圧(息の力)となります。
そして各声帯の長さ(センチメートル)毎に出る基本周波数を線で表現してあります。
この図で見ると非常に興味深い事が見えてきますね。

0.5cmの声帯を示しているところ(赤色のライン)を見ると、肺からの圧で約75Hz(E♭2)から最大220Hz(A3)程度まで上昇できる事がわかります。
それに対して1.2cmの声帯(青色のライン)は肺からの強い圧を与えても約225Hz(A3)からほぼ変化しない事がこの表からわかります!

声帯が伸びていない低音での肺圧の影響

さきほどの表のように声帯が伸びていない、声帯が短い低音では肺圧の影響を音程が受けやすい事がわかりますが、なぜこのような事が起きるのでしょうか?
次に以下の表を見てみましょう。


以前のブログで地声ではCT(輪状甲状筋)とTA(甲状披裂筋)の活動によって音程が生成される事を解説しました。
表の左は声帯が伸展していない状態です。
真ん中がCTとTAの調整で応力が働き、伸展した状態です。
そして右がCTとTAの調整で応力+肺圧で声帯が振られた状態です。
この「声帯が振られる状態」では動的な応力が働くことがわかります。
つまり声帯が振られて剛性が上がり(硬くなる)、声帯の剛性が上がると音程が上がります。
声帯が肺圧で振られる余地がたくさんありますが、低音では声帯にCTとTAから作られる声帯へのストレスが小さく、動的なストレスの影響を受けやすくなります。

上の図で見るとXの振り幅が大きくなります。
高音では声帯に輪状甲状筋(CT)と甲状披裂筋(TA)から作られるストレスが既に強く働いています。
そのためXの振り幅があまりできなくなります。
これにより低音は肺圧の影響を受けやすく、高音は肺圧の影響を受けにくい現象が起こります。

実験

下の図は実際に試してみたものです。

左はB2を発声しながらお腹を強めに4回押した時の音程変化のものになります。
この時、約E3まで上がっていますので半音4つ分上昇しました。
そして123.5Hzから164.8Hzまでの約40Hzの上昇です。
つまり声帯の振動回数が1秒間に40回も高まったという事になります。

右はF4を発声しながら同じようにお腹を強めに4回押しました。
同じように試してみましたがF4では1/4半音から1/3半音程度しか上昇しませんでした
つまりお腹を押して肺圧を高めても、ほとんど音程には影響を及ばなかったことがわかります。
F4で349.2Hzで、F#4で370Hzなので、10Hzも変化しなかった事になります。

ボイトレへの応用は?

今回わかったことは、低音では肺圧は音程に強く影響しますが、高音ではあまり影響しないということです。
ボイトレで考えると、少なくとも高音発声の時にお腹を強く押したり、息を強く吐く事はあまり効果的ではないようですね。
高音域開発では輪状甲状筋(CT)と甲状披裂筋(TA)のバランスを上手に作る事が重要と考えられます。

・裏声を優しく出すトレーニング
・裏声を大きく出すトレーニング
・地声を優しく出すトレーニング
・地声を大きく出すトレーニング

これらを使い声帯をコントロールする筋バランスのトレーニングや、音程毎に適切な肺圧を探していく事が有効でしょう。

解説しているインストラクター

桜田ヒロキ
桜田ヒロキ
セス・リッグス Speech Level Singing公認インストラクター(2008年1月〜2013年12月)
VocalizeU認定インストラクター

アメリカ、韓国など国内外を問わず活躍中のボイストレーナー。
アーティスト、俳優、プロアマ問わず年間2000レッスン以上を行うボイストレーナー。

オススメの動画

すぐにカッコよく歌える技術の練習方法を教えます

すぐにカッコよく歌える技術の練習方法を教えます

動画を見る

裏声・高音開発ワークアウト(プルチェスト対策)

「ヴォイストレーニングの練習方法を知りたい!」「練習する時のための専用音源が欲しい!」そんな方たちのために、お家でも出来る簡単な練習用の動画をご用意しました!今回はこんな特徴がある男女の方達のために、それぞれ切り分けて練習動画を上げております

動画を見る

鼻声ってなんで起こるの?

鼻声になるとあまり「良い声、美しい声」と認識されない事が多く、改善したいと言う方が多くスタジオにいらっしゃいます。
この動画では鼻声がどのようなメカニズムで起こっているのか徹底解説します。

動画を見る

CONTACT

レッスンをご希望の方はこちらまで。