レッスン予約

BLOGブログ

ボイストレーナー向けセミナー第2弾開催します!!【申込み開始しました】

5月21日のグレッグ・エンリケ氏のワークショップに参加いただいた方、ありがとうございました!

多くのお客様から
「感動した!」
「あ!っと言う間の5時間だった!」
「今までわかっていたようでいなかった事を痛感しました」
などと非常に学びの多い時間であったとの好評をいただきました。

同時に
「もっと深く理解したい」
「もっと掘り下げて欲しい」
と言った熱いご要望もいただきました。

新しいセミナーコンテンツを作ります


そこで日本国内でSLSに最も深く、長期間関わり、日本人インストラクターとしてはインストラクターレベル最高位まで認定をされた桜田ヒロキが、グレッグのコンテンツから生まれた内容を出来る範囲で掘り下げてみます。

現在はオーレン・ブラウン氏、リチャード・ミラー氏などのメソッドを研究、Vocologyと呼ばれるインゴ・ティッツェ氏が提唱する学問を研究する桜田が「SLSを離れて気がついた」
・SLSの素晴らしさ
・トレーニング・デザインにおいて注意するべき点
・考えられる弱点と補完するべき点
を徹底解説します。

もちろんSLSは今でも素晴らしい技術だと考えておりますので、注意すべき点をみなさんに共有し、より理解を深めていければと思っております。

歌手向け?ボイストレーナー向け?

ボイストレーナーはもちろん、SLSを基本としたハリウッド式のボイストレーニングの学習者、これから学習したい方向けのセミナーになります。

5月21日のグレッグ・エンリケ氏のワークショップに参加したけど、「難しすぎた」「もっと掘り下げて欲しい!」どちらのタイプの方にも勉強になるコンテンツをご用意しております。

コンテンツ


※コンテンツの例の写真です

・母音・子音の特性とボイストレーニングへの活用法
・SOVT、CRYING、RAISED、IMPOSED、うたごえのそれぞれの特性と活用法
・「ブリッジは動く?」歌い方によってのブリッジの変化
・急激な「ブレイク」を起こさせずにブリッジを歌う方法
・SLSのメイン・スケールの利用法・その弱点と克服法
・本当にあなたの考える「声種」。正しいですか?
・人間が技術を習得する際の面白いお話し
・ツール・デザインの教科書を教えます

日時

8月5日(土曜)12時〜
90分〜120分程度
(最長で14時までとします)

開催場所

Zoomでのオンライン開催
※アーカイブは9月16日までご覧頂けます。
アーカイブ閲覧のみご希望でもご参加いただけます。

料金について

クライアント割引
5000円

対象の方
5月21日のグレッグ・エンリケ氏のワークショップに参加の方、もしくは
VTチームのクライアント様
(VTチームのレッスンを3〜5月の期間中に3回以上受講の方)

一般価格
9000円
※上記のいずれにも該当しない方

みなさまのご参加を心よりお待ちしております!

お申し込み開始

6月上旬に開始致します。
申込み開始のご連絡をご希望の方はこちらからお申し込みください。
ご連絡させていただきます。

解説しているインストラクター

桜田ヒロキ
桜田ヒロキ
セス・リッグス Speech Level Singing公認インストラクター(2008年1月〜2013年12月)
VocalizeU認定インストラクター

アメリカ、韓国など国内外を問わず活躍中のボイストレーナー。
アーティスト、俳優、プロアマ問わず年間2000レッスン以上を行うボイストレーナー。

オススメの動画

松浦航大「フィラメント」解析〜後半〜

今日はものまねで非常に有名になった松浦航大君の「26人のものまねで1曲のオリジナルを歌う」と言う偉業を果たした楽曲「フィラメント」を使わせていただき、各アーティストの声色の特徴を解説していきます。

動画を見る

柔軟性&俊敏性向上ボイストレーニング

今回は僕が日頃行っているようなトレーニングをあげています。
レンジはそこまで広くはありませんが、まあまあ難しいと思うのでぜひトライしてみてください。
僕は元々の癖がPull chestなので、以前アップしたPull chest系の動画を使い15分程ウォーミングアップ代わりとして行ったあと、30分〜40分ほど自分の問題に取り組んだトレーニングを行っています。

動画を見る

あなたは正しく出来てる?〜軟口蓋を上げる際の落とし穴〜

「軟口蓋を上げて歌って!」などとレッスン中に言われたことはありませんか?しかし、実際にやろうとすると、ほとんどの人がやりがちな落とし穴があります。今回は、軟口蓋を上げようとするときに陥りがちな落とし穴と、それを改善するための練習方法について解説していきます!

動画を見る

CONTACT

レッスンをご希望の方はこちらまで。