レッスン予約

BLOGブログ

正しい事も間違った事も覚えてしまう!? 運動学習とは

先日、機能性発声障害を題材としたブログの中に、例の一つとして考えられる「誤った発声パターンを学習してしまう」という事をあげました。
今回はそれをもう少し深掘りして人間の運動学習について確認してみましょう。

技術習得のプロセスを見てみよう

歌や楽器の演奏、演技など技術を習得するためのプロセスを紐解いてみましょう。
ここでは歌唱技術である「ビブラート習得」 を1つの例としてプロセスで考えてみます。

1、無意識的に出来ない
ビブラートという技術自体を知らない状態です。
技術の存在を知らないため、自分が出来るかどうかもわかりません。
このような段階の事を指します。
2、意識的に出来ない
ビブラートという存在を知り、ビブラートをかけてみようと試みましたが、思うようにできません
ここではこのような段階を指します。
3、意識的にできる
まだ不安定ではあるものの、意識をすればビブラートをかけられるようになったという状態です。
ここから「できる」と呼べる段階になっていきます。
4、無意識的にできる
特に何も考えなくても、ビブラートが掛かるようになっている段階です。
よく「ビブラートは特に気にしなくてもかかるんだよね」と言う方がいますが、その方はこの段階にいると言えます。
体は良い動作も悪い動作も関係なく、繰り返す事によって、無意識的にできるようになってしまいます。

この運動学習のメカニズムと発声障害との関係もそう言えると考えられます。
上記の例ではビブラートという歌唱で考えれば有効なテクニックを取り上げましたが、例えば高音にいくといつも「ひっくり返る」や「過度に喉全体をかためるように歌う」と言ったネガティブな事であっても繰り返し行うことで体はその動きを学習してしまいます。
このように間違った発声を繰り返し行い身に付けてしまうと修正に時間が掛かってしまいますし、重度の発声障害に陥るリスクもあるという事です。 技術修得のための練習や、発声障害からの回復にしても取り組み方が非常に重要であるということです。

きっかけは?

では実際に当スタジオにいらっしゃる歌手や俳優、声優が声を出しにくくなったと感じる原因の代表例を上げてみます。

1、声の酷使
プロフェッショナル・ボイスユーザーの特徴として「声を休めたいのに休められない」という状況。
時に痛んだ声帯を休められないために無理に使い、誤った運動学習をしてしまった結果、声が出しづらい状態に陥ってしまう。
2、失敗
人前で歌ったり、発表したものが酷評を受けたり、自身が納得いかない出来となってしまい心に傷を負ってしまい、無意識的に体を守るように喉をかためて発声をする癖がついてしまったというケース。
3、風邪などの不調後
声帯や声道に炎症など異常な状態になる。
その状態で発声を行い通常の発声を忘れてしまう。
4、声帯の手術
声帯結節の手術後に長期的に感じる声の不調。
これについては医師が自分の手で手術をした患者さんが発声障害になったなどと診断する事はあまり考えられないため、なかなか事例にはあがってこないとは思いますが、声帯結節の手術後に長期的に声の不調を訴える方は実際に少なくありません。
声帯の手術で良くなるかならないかは、やってみないと分からない部分が多いのは事実だと思います。
ただ、このような事例を多く観ていますので、声帯の手術はかならずセカンドオピニオン、サードオピニオンを取る事をおすすめしています。
5、ボイストレーニング
紹介されたボイストレーニングのプログラムが残念ながらあまり合っておらず、それを続けた結果、発声障害の原因になってしまったケース。
6、イヤーモニター
イヤーモニターというシンガーがライブで自分の声を解像度高く聴き取るためにつける密閉型のイヤフォンを駆使したことが原因となったケース。
あるボイストレーナーが機能性発声障害の原因として予測を出していました。
「耳の奥でマイクを通った自分の声を聴く」と言うのは自然の中ではないため、結果繰り返し歌う中で通常の自分の発声法を忘れてしまう可能性はあるかもしれません。

最後に

人間は運動学習を繰り返し行う事により技術を習得し、無意識でも操作できるようになり、この能力はとてもすごいものです。
ただし、エラー状態であっても繰り返し行う事により無意識に出来るようになってしまう事を常に忘れてはいけません。
無意識で行えるようになってしまったエラーパターンを意識化に落とし込むこと、それから正しいパターンを学習させるのには長い期間を要する事もあります。
歌っていて発声がおかしくなってきたかな?と感じるレベルであれば信頼の出来るボイストレーナーに聴き取ってもらい判断を仰ぐのが良いと思います。
そこで充分な回答を得られなかった場合はセカンドオピニオンに頼ってみる事を検討してみても良いかも知れません。

解説しているインストラクター

桜田ヒロキ
桜田ヒロキ
セス・リッグス Speech Level Singing公認インストラクター(2008年1月〜2013年12月)
VocalizeU認定インストラクター

アメリカ、韓国など国内外を問わず活躍中のボイストレーナー。
アーティスト、俳優、プロアマ問わず年間2000レッスン以上を行うボイストレーナー。

オススメの動画

鼻声ってなんで起こるの?

鼻声になるとあまり「良い声、美しい声」と認識されない事が多く、改善したいと言う方が多くスタジオにいらっしゃいます。
この動画では鼻声がどのようなメカニズムで起こっているのか徹底解説します。

動画を見る

鼻声の解決ボイストレーニング

鼻声の特性を理解すれば、それを解決するための対策も可能になります。
この動画では鼻声の解決用のボイストレーニングを公開します。

動画を見る

ベルティング・ボイスってどうやったら出る?トレーニング方法をご紹介します!

ベルティングとは一体何なのでしょうか?
『ベルティング・ボイス』発声法のためのトレーニング術を公開します!

動画を見る

CONTACT

レッスンをご希望の方はこちらまで。