レッスン予約

BLOGブログ

3つのあ母音をシンガーが必ず習得しなくてはいけない理由とは?

こんにちは!VT Artist Development桜田ヒロキです!

担当インストラクターの石原優子先生が発音矯正においてキモになる、3つの「あ」母音について書いてくれました。
今回、桜田の記事では加筆的に、例え日本語のみを歌うシンガーでもなぜ英語の曲を歌うべきなのか?と言う事にフォーカスを置いて書いてみます。

この3つの母音については音声ファイル付きで解説していますので、英語を歌うシンガー、歌わないシンガーに関わらず必ず読むようにして下さいね。

ブログ。「あ」の発音、あなたは出来ますか?

さて、この3つの発音をシンガーが学ぶメリットはなんでしょうか?
英語の発音をよくするためだけでしょうか?
それだけではなく、シンガーの声の音色をコントロールするのに、とても重要な「喉の高さ」にも関連するのです。

まずはしっかりブログ「あ」の発音、あなたは出来ますか?をしっかりと読んでみましょう♪

実際の発音で比べてみましょう♪

ブログにある1つめのAH, 音声ファイル: ah
これは比較的、日本語の「あ」に近く、喉頭の位置は、上がりも下がりもしない位置にあります。

2つめのUH, 音声ファイル: uh
これは若干、喉頭の位置は低めで、深い、太い、暗めの声の音色を作る時に使えそうなトーンですね。

3つめのAA, 音声ファイル: aa
これは喉頭は高めである事が多く、明るく、平べったく、鋭い音色を作るのに良さそうなトーンです。

僕らの先生でもあるJohn Henny氏はこの3トーン(3母音)を学ぶ事によって技術、そして芸術性を声に持たせる事が出来ると言っています。
音色のコントロールは歌手にとって非常に重要なスキルになるのは間違いないですものね♪

ぜひ、この3母音、3トーンをしっかりマスターして、あらゆる音域でこの母音を再現出来るようにしてみてください。

あなたの声の可能性は圧倒的に拡がるはずです♪

桜田ヒロキのレッスンについてはこちらをご覧下さい

【VTチーム公式LINE】
トレーニング法やお得な情報がタイムラインに上がってきます!
VTチームと友達になろう!

友だち追加

関連記事

「あ」の発音、あなたは出来ますか?

「う」母音。あなたは本当に歌い分けられますか?

バークリー音楽大学で実際に使われている発音矯正メソッドとは?

解説しているインストラクター

桜田ヒロキ
桜田ヒロキ
セス・リッグス Speech Level Singing公認インストラクター(2008年1月〜2013年12月)
VocalizeU認定インストラクター

アメリカ、韓国など国内外を問わず活躍中のボイストレーナー。
アーティスト、俳優、プロアマ問わず年間2000レッスン以上を行うボイストレーナー。

オススメの動画

歌の上達のためにはどんな練習をしたら良いの?〜歌が最短で上手くなるための方法〜

歌の練習をするなら、要領良く行いたいですよね?しかし、実際に練習を始めてみると、「何をやって良いのかが分からない・・・」なんて事もしばしば。そんな方達のために、最短で上手くなるための方法や、練習の際に気を付けるべき方法をご伝授します!

動画を見る

あなたは正しく出来てる?〜軟口蓋を上げる際の落とし穴〜

「軟口蓋を上げて歌って!」などとレッスン中に言われたことはありませんか?しかし、実際にやろうとすると、ほとんどの人がやりがちな落とし穴があります。今回は、軟口蓋を上げようとするときに陥りがちな落とし穴と、それを改善するための練習方法について解説していきます!

動画を見る

地声・低音開発ワークアウト(ライトチェストボイス対策)

今回は、「地声が出しにくい。」「どうしても裏声歌いになってしまう。」と言うお悩みを解決するためのプログラムを公開します。
地声の発声では声帯が分厚く合わさる必要があり、その時に重要とされているのが、甲状披裂筋(TA)とされています。
このボイトレメニューでは甲状披裂筋をしっかりとアクティブにしつつ、他筋肉群との関連性を成立させるようにしています。

動画を見る

CONTACT

レッスンをご希望の方はこちらまで。