ボイストレーニングならVT Artist Development

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

「あ」の発音。あなたは出来ますか?

/ バークリー留学期 英語と歌唱

Pocket

VT Artist Developmentボイストレーナーの石原優子です!

バークリー音楽大学に在学中からいつかやりたいとずっと思っていたクラスがあります。
そしてついに英語発音矯正クラス、ついに始めちゃいましたー!

バークリー音楽大学で使われるシンガーのための英語発音矯正クラスの詳細はこちら♪

これから数回に渡って、「シンガーのための英語発音矯正クラス」の中で実際に触れている内容を皆さんにシェアしていきたいと思います。

ホントは奥が深い「あ」の母音について

日本語では「あ」は「あ」1種類しかありませんよね?
実は・・・英語では3種類もの「あ」の発音があるんです。
ビックリしますよね!

何のこっちゃ??という方のために、実際の単語と私の発音ファイルを交えていくつか例を挙げてみますね。

AH:明るい「あ」、口を大きく開ける「あ」

使われる単語:star, heart

音声ファイル: ah

UH:暗い「あ」、「お」に近い「あ」

(「う」に近いと言う方もいらっしゃいます)

使われる単語:love, some

音声ファイルuh

AA:平べったい「あ」、「え」に近い「あ」

使われる単語:apple, cat

音声ファイル: aa

こんな感じです!
あなたは聴き分けられましたか?

ちなみにここでは発音記号を使えないのでスペル表記をしていますが、
実際のクラスでは発音記号も紹介し、口の形や音も私のお手本を見て、聴いて覚えてもらっています。
もちろん自分の口を鏡で見ながらきちんと発音出来ているのかもチェックしていきます。

発音記号は難しい!と思われがちですが、好きな歌と絡めてみると、中学の授業の時とは少し異なり、とてもエキサイティングな物になります!

この3つ「あ」は、「あ」の母音ではあるものの、それぞれ全然違う音になるので、ここをしっかり使い分けられるとそれだけで英語っぽさが一気に増しますよ!

実はそれ以外の「あ」の発音もあります

更に突っ込むと、一般的に「あいまい母音」「シュワ」等と呼ばれる、弱い「あ」、小さい「あ」もあります(単語ではaway, againなど)

あいまい母音の特徴は、「あ」でも「う」でも「お」でもない、とってもあいまいな口の形と音、そして「アクセントのつかない部分に使われる」ということです。

Awayと言う単語の最初の「あ」は強く発音しませんよね?
その場合の発音の仕方です。 ^^

私が受けていたクラスではこのあいまい母音の「あ」の音はUHとほぼ一緒だと教わりました。
しかし、必ずしもそうとは言い切れない部分なので、100%その通りだと思うより、「一般論」くらいに思っていただいた方がいいかもしれません。

最後にお誘いですが(笑)

洋楽を練習してるけど何か違う気がするノッペリして聴こえると言う方、まずは「あ」の母音のチェックから始めてみませんか??

そして自分でやってても全然わからない、、、という方、是非、発音矯正クラスを受講してみて下さい♪

石原優子インストラクターのトレーニングプログラムはこちらをご覧下さい。

バークリー音楽大学で実際に使われる発音矯正メソッドクラスについて

【VTチーム公式LINE】
トレーニング法やお得な情報がタイムラインに上がってきます!
VTチームと友達になろう!

友だち追加

この記事を書いた人

石原優子
石原優子Twitter:@vt_yuko
セス・リッグス Speech Level Singing公認インストラクター(2013年)
バークリー音楽院 Professional Music Major
Institute for Vocal Advancement公認インストラクター
Pocket

投稿者: 石原優子