レッスン予約

BLOGブログ

顎の動きについて徹底解説します!

顎は声道の中でも特にコントロールが重要な部位になり、外側からの目視ができるので、意識的にコントロールしやすい部位でもあります。
歌唱においてとても大事な部位でもあるので、ボーカルマッサージ/ボーカル・マニュアルセラピーの重要な施術にも顎へのアプローチがあります。
今回は顎が充分に開かないと、どのような弊害が起こるのかをご紹介します。

歌への弊害は?

・高音部で声道を短くする事ができず、高音での共鳴が阻害される
・高音部で声道を短くする事ができないため、代わりに喉頭を大きく引き上げ苦しくなる
・声色が鈍く聞こえることにより「良い声」と認識され辛い
・高音部で顎を上げるような動きをしてまうことで苦しくなる

これらの事が起こらないようにするために、顎の施術を行います。

顎が自由に開閉できると、次のようなメリットを得ることができます。

顎を適切に開く事ができると?

・高音域での共鳴が最適化され、筋力的な発声に頼らなくて済むため楽に発声ができる

・喉頭を過剰に持ち上げる必要がなくなり、リラックスした発声を行える
・適度に共鳴周波数を上げる事により、明瞭で「良い声」に聞こえるようになる
・高音部で顎を上げる必要がなくなるため、楽に発声ができるようになる

以下の動画は顎の動きが分かりやすく説明されています。

この動画をもとに解説していきます。
0:09~0:17
顎の動き
関節円板(Articular Disc)
→
顎の動きをスムーズにするためのディスクだそうです。
顎関節症の最も多い原因にここの部分が前方にズレこんでしまい、他の部位を傷つけてしまう事があります。

0:19~0:23
咬筋(Masseter Muscle)
→
ものを噛むための筋肉で非常に力が強いです。

0:24~0:33
側頭筋(temporalis)
→
ものを噛むときに使われる筋肉です。

頭の広範囲に及びます。

手で側頭を沿わせながら、歯を噛み合わせると頭のどこまで側頭筋が及んでいるのかが分かります。

咬筋と連動して動きます。

0:33~0:40
外側翼突筋(Lateral Pterygoid)
→
口を開く・下顎を前方に突き出す・下顎骨を側方に動かすときに使われます。

この他に内側翼突筋があり、これは逆に下顎を引き上げる・下顎を側方に動かすという働きがあります。
外側翼突筋は咀嚼筋の中で唯一、口を開ける働きをする筋肉で、口を開けるには舌骨上筋群の補助を受けます。

開口をするために必要な施術は?

ボーカルマッサージの大きな目的は、過度な咀嚼筋の働きを抑制する事です。
そして開口をするための筋肉の活性化につながります。
例えば、高音部で口を開けようとしたとき、過緊張の症状により側頭筋や咬筋が過剰に働こうとしたと仮定します。

これらの筋肉は口を閉じるための動作をする筋肉なので、口を開けようとする動作とは矛盾する動きになります。
これにより【緊張VS緊張】の構図ができあがってしまいます。
そのため、歌い手としては非常に苦しい状態になるのです。

咀嚼筋の活動を抑制した後に発声練習を行うと・・・

1、不必要な緊張が取れます。

2、口を無理なく大きく開けられます
。

これにより、

・ リラックスした発声の習得
明瞭な声の習得

・ ベルティング発声の習得
に役立つと考えられます。

とあるクライアント様に顎の施術のみを行ったところ、驚く事に、バリトン(男声の低音声種)がハイAまで楽々当てられるようになりました。
クライアント様と私は目を見開いて「何今の!?」となった事があります。(笑)
顎の施術は開口がうまくいかないために高音域が制限されてしまう方や、欲しい声色が手に入らない方には効果を発揮する事が多いと考えられます。

解説しているインストラクター

桜田ヒロキ
桜田ヒロキ
セス・リッグス Speech Level Singing公認インストラクター(2008年1月〜2013年12月)
VocalizeU認定インストラクター

アメリカ、韓国など国内外を問わず活躍中のボイストレーナー。
アーティスト、俳優、プロアマ問わず年間2000レッスン以上を行うボイストレーナー。

オススメの動画

あなたの「高い声の練習」間違ってませんか?

「カリカリの裏声」に芯ができたような、金属的な音は出せるようになったけれども地声にはならないし、地声・裏声と繋がらないしどうすればいいの?と言うお悩みの方もいらっしゃるかと思います。今回はそんなお悩みにお答えします。

動画を見る

柔軟性&俊敏性向上ボイストレーニング

今回は僕が日頃行っているようなトレーニングをあげています。
レンジはそこまで広くはありませんが、まあまあ難しいと思うのでぜひトライしてみてください。
僕は元々の癖がPull chestなので、以前アップしたPull chest系の動画を使い15分程ウォーミングアップ代わりとして行ったあと、30分〜40分ほど自分の問題に取り組んだトレーニングを行っています。

動画を見る

高い音に段々上がるたびに声を出すのが辛い理由とは?

高音域になればなるほど、どうして声を出すのがキツく感じてしまうのか?どうすればその壁を乗り越えられるのか?それらを理論に基づいて解説していきます!

動画を見る

CONTACT

レッスンをご希望の方はこちらまで。