レッスン予約

BLOGブログ

声の疲労を軽減させる方法〜前編〜

こんにちは!VT大阪スタジオです。
前回に引き続き、VT大阪スタジオのボイトレの様子をお届けします。
が、今回は拡大バージョン!レッスンを最初から最後まで全て見せちゃいます。
同じ悩みを持っていらっしゃる方には必見ですし、VTボイトレのレッスンに興味がある方も、ぜひ最後までお付き合いください^^

バンド活動をされている生徒さんのレッスン風景

本日の生徒さんは、元々バンド活動をされていました。
大変なご活躍ぶりで、ライブだけでなくツアーも回るなど休む間もないほど忙しそうな日々。
そのため、初めてレッスンにお越しくださった時は声のかすれが目立ちました。

ご本人もライブをしていて声が疲れやすいことに悩んでおられたようです。
その日から、疲れを感じずライブをこなしていけるように歌い方改善が始まりました。

レッスンの最初は声の確認

レッスンの最初は声の状態の確認です。
まずは裏声から。単音から始めて音階を使って確認していきます。
この時のポイントは大袈裟なくらいビブラートをかけること!
ビブラートを使うことで柔軟になりスタミナもつき、声枯れしにくくなります。

裏声・地声の確認

裏声の次は地声の確認です。
音階を使い、最後の音で大袈裟にビブラートをかけます。
しかし、地声はビブラートがかかりにくそうな様子。
控えめなビブラートの時は、長谷川先生から
「音の動きが分かるくらい大袈裟にしてみて〜」
と待ったがかかります。
長谷川先生がするビブラートのお手本の迫力たるや、VT大阪スタジオの名物と言っても過言ではありません。

さて、先ほどから頻繁にビブラートと申しておりますが、それほど歌唱においてビブラートが使えるかどうかは重要です。
声を固めなくなるので、その他諸々正しく扱えば一石五鳥くらいの効果があります。
正しい扱い方はレッスンで!

音域のトレーニング

地声、裏声の確認が済めば、次は音域を広げてトレーニングを行います。もちろん、最後の音にはビブラート。しかし、着地のビブラートを意識するあまりそのほかの音が疎かにならないように、注意しながら進めていきましょう。
1オクターブ、1.5オクターブの音階を使っていきますが、こちらのトレーニングはVTのyoutubeチャンネルにたくさんご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

いかがでしたでしょうか?

1回のレッスンでも内容は大変濃厚なため、前編はここまでといたします。
ビブラートを意識したおかげで、生徒さんの声のかすれはとても軽減され、歌い続けても疲れなくなったそうです。

後編では、ビブラート以外の快適に歌う方法もご紹介していきます。どうぞお楽しみに♪
それでは、また次回のブログでお会いしましょう〜!

オススメの動画

息漏れの原因とは一体何なのか?対策方法をお教えします!

「”息漏れしてるよ”と指摘されるけど、理由と治し方が良くわからない・・・」
今回は、そんな方達のために、【息漏れの原因と対策】についての解説をしていきます!

動画を見る

Listen (Beyonce)の高音をベルティングで出したい

プロフェッショナル・シンガーで、非常に音楽能力が高い方。発声を地声モードに寄せていく事によって力強い声を作り上げていきます。

動画を見る

ボイトレ・メニューの取説 (1) ネイネイ・エクササイズ

ハリウッド式ボイストレーニングの王道トレーニングの1つ。ネイネイエクササイズについて。
喉頭を持ち上げた状態で発声を行う仕組みや恩恵。そこから発展型のトレーニングについてを解説します。

動画を見る

CONTACT

レッスンをご希望の方はこちらまで。