お問い合わせ

MOVIEすぐにカッコよく歌える技術の練習方法を教えます

CASE8

すぐにカッコよく歌える技術の練習方法を教えます

解説のポイント
  • フォールは、狙った音に一音上から滑り落とすように当てる技術です。
  • フォールは近年ほとんどの人気歌手が多用しています。
  • フォールの練習には、動画で紹介したシンプルな音階を使うのがオススメです。
  • フォールは大抵の場合において一音幅で行われます。

金子恭平
インストラクターの
コメント

音を下から当てていく「しゃくり」は多くの方が自然に使っているのですが、フォールはそもそも聴き取ることが難しく、再現できていない人が非常に多い歌唱技術です。

そしてこのフォールこそが、近年のポップス界で主流になりつつある「さりげなく歌っていても表情のある歌唱」の必須項目になります。

しゃくり上げ、もしくは音量による抑揚などは用法用量を誤ると大げさな表現になってしまいますが、フォールは割合どのタイミングでも自然かつ心地いいニュアンスをもたらしてくれます。

ポピュラーミュージックにおいてはほとんどの場合一音幅で使われるのがポイントで、「ド~シ」「ファ~ミ」という移動が聞かれることはまずありません。デモをよく聴いていただき、音の動きを完全に真似できるよう練習してみてくださいませ!

CONTACT

レッスンをご希望の方はこちらまで。