歌唱・ボーカルスタイル

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

歌唱・ボーカルスタイル

  • 7つのボーカルスタイル・ツール「声の音色の使い分け方」

    / 歌唱・ボーカルスタイル

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日はナッシュビルのトップ・セッションシンガー/ スタイルコーチ Dave Brooks氏のヴォーカルスタイルのツールで最も重要だと桜田が思う「歌詞の表現方法」について紹介していきます。 Lyrical Interpretation(詞をどのように伝えるか?) あなたの声を使ってストーリーを表現しているか? 歌詞を声に乗せてどのように表現するか? Daveは 「歌手は「曲と言う旅」のツアーガイドあるべきだ。 もしガイドの仕方がヘタだと、どこに言っても旅の体験は半減してしまうだろ? 歌手が曲の表現を間違ってしまうと聴き手の体験も半減してしまうんだ。」 と言います。 ストレート・ノート&ビブラート ・ミディアム/ ロングトーンでまっすぐ音を伸ばすの方法 ・ビブラートを使う方法 適切なケースの見極めが重要で、どちらか一方だけだと聴く側の耳が飽きてしまう。 ビブラートを使えばより「歌っている感じに」 ストレートトーンを使えば「語っている感じに」 なる… 続きはこちら≫

  • 7つのボーカルスタイル・ツール「ポケット。フレージングって?」

    / 歌唱・ボーカルスタイル

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日はナッシュビルのトップ・セッションシンガー/ スタイルコーチ Dave Brooks氏のヴォーカルスタイルのツールを2つご紹介します! Pocket(グルーヴ) ポケットとは、リズムでカッコよく聴こえる位置などと考えられますが、 大まかに言うと、曲に対してノリ、グルーヴの捉え方を指します。 ビートに対してリズムを ①手前にずらす。(焦ってずれてしまっている事が多い) ※初心者がやりがち。 ②ビートに大してジャストのタイミングで歌う。 BPMの速い曲。ロック、オルタナティブ系などは適切な事が多い ③ほんと〜に少しだけ後ろにずらず。 スロー、ミディアム・テンポに使用される事が多い クールでカッコよい印象を与える。 ※やり過ぎ注意。 Phrasing(フレージング) フレーズには音楽的な組み立て方があります。 フレーズの組み立て方の能力開発はアーティストが既に歌っている既存曲のコピーよりも、 ・オリジナル曲 ・カバー曲 ・英語から日本語… 続きはこちら≫

  • ボーカル・スタイルって何?

    / 歌唱・ボーカルスタイル 英語と歌唱

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! あなたはボーカル・スタイル(Vocal Style)と言う言葉を知っていますか? 「歌?スタイル?なんだろう?」と思う方も多いのではないでしょうか? 今日は「ボーカル・スタイル。スタイル・コーチ」についてお話ししようと思います。 ボーカル・スタイルコーチとは? 日本ではボイストレーナーと聞くと「歌の先生?」と一括りにされてしまいがちですが、アメリカ。 特にロサンゼルスではボイスコーチ。そしてスタイル・コーチと別の職種として定着しています。 ボイスコーチ(日本で言うボイストレーナー) 発声を教えるインストラクターの事。 低音〜高音域の開発 地声 / 裏声の開発 ミックスボイスの開発 ビブラートの開発 ダイナミクスレンジの開発 スタイルコーチ 「歌い方」を教えるインストラクターの事。 多くのジャンルの音楽に精通しており、適切な歌い方を教える。 ボーカルスタイリストと呼ばれる事もある。 ナッシュビルで活躍中のトップ・ヴォーカルスタイル・コーチ 今日は… 続きはこちら≫