ミックスボイス

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

ミックスボイス

  • あなたはどっち?2つのベルティング発声を比べてみよう!

    / ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング 歌唱・ボーカルスタイル

    力強い高音や歌声に憧れる方は多いですよね。 この高音域を力強い声で歌うことを「ベルティング発声法」と言います。 「こんな歌声でかっこよく歌ってみたい!」 と憧れる方は多いのではないでしょうか? ただし、このベルティング発声法は、かなり上級者向けの発声テクニックであるのと同時に、声の種類によってかなり音色に個体差が出ます。 例えば、ベルティング発声について科学の力を借りつつ最新の考察のブログで例に挙げたイディーナ・メンゼル(Idena Menzel)のベルティングを聴いて 「ここまでアグレッシブな音色でないといけないんだ!でも全然出来る気がしない!」 と考えてしまう方は多いと思います。 今回はブロードウェイの世界で一般的に使われる「ベルティング発声」を基準に2つの声種別のベルティング発声を聴き比べてみましょう! 「ベルティング発声」と「叫び声」の違い ベルティングって力強い声だよね!? シャウトするって事だよね!? 叫ぶって事だよね!? 落ち着いて・・・・!(笑) 確かにベルティング発声は、「楽曲の中で叫ぶ事を音楽的表現に昇華する技法」… 続きはこちら≫

  • あなたは「練習する事」と「歌う事(演奏する)」の違い。知っていますか?

    / シンガーのマインドセット ボイトレ裏事情 ミックスボイス 歌唱・ボーカルスタイル

    あなたは「歌を練習する」と言うと何を連想しますか? ある曲をひたすら最初から最後まで繰り返し繰り返し歌う? 色々な曲を最初から最後まで繰り返し歌う? それをもし「それは練習とは言わないかもしれないね。」もしくは 「100ある練習の中の1つにしかならないよ。」と言われたらどう思いますか? 今日は、歌を最短で上達させる練習法の1つを紹介します。 今回はとっても重要な練習の取り組み方についてです。 「練習する時間」と「演奏する(歌う)時間を分けよう! 「今日は練習するぞー!」と気合いを入れてスタジオやカラオケボックスを予約したのに、 「いつも歌っている楽曲を何回か歌って終わってしまった・・・。結局何が上達したのかよく分からないや。」 となってしまう事ってありませんか? そんな練習なんだか、、、、ただただ声を出しただけ、なんだかよく分からない時間を過ごさないようにするためにオススメの方法は、、、、 「練習する時間」と「歌う時間」を明確に分ける事です。 では、、、練習って何? ここでは練習の定義について考えてみましょう。 1 … 続きはこちら≫

  • 【ベルティング習得動画】 BeyonceのListenをかっこよく歌いたい!

    / ミックスボイス 歌唱・ボーカルスタイル

    Beyonceと言えば力強い高音や歌声が特徴の歌手ですよね。 この力強い声で歌うことを「ベルティング発声法」と言います。 「こんな歌声でかっこよく歌ってみたい!」 女性なら一度は憧れるのではないでしょうか? ただし、このベルティング発声法は、かなり上級者向けです。 初心者の方にはなかなか至難の技・・・。 「それでも歌ってみたい!!」 そんな思いを寄せている方たちのために、今回はレッスンを通じてベルティング発声方法を解説していきます。 Listenでベルティングレッスン【公開動画】 from 桜田ヒロキ on Vimeo. どんなトレーニングをすればいいの? まずは歌声を作るためのトレーニングがとっても大切! 例えば、積み木でお城を作るためには、土台がなければ作れませんよね? 同じように歌声も、“発声”という土台から作り上げないといけません。 そのためのトレーニング方法をご紹介していきましょう! 〜ヴォーカルフライ(エッジボイス)を使う〜 ヴォーカルフライ(エッジボイス)とは、地声の一番低い所から繋がる発声法です。 (声… 続きはこちら≫

  • 【動画解説】表現力の強化・フェイクの方法

    / ミックスボイス リズムについて 歌唱・ボーカルスタイル

    こんにちは!金子恭平です。 前回に引き続き、レッスン動画の補足説明をしております! 今回は歌唱方法がメインの内容になっています。 「表現力をつけたいけど、どうして良いか分からない・・・」 そんな悩みを持っている方に向けた動画になっています。 表現力の強化・フェイクの方法 プロの歌手とアマチュアの歌声は何が違うの? 同じ曲でも、プロが出す声とアマチュアの声とは全然違いますよね。 では、実際に「あ〜」と音を出してみましょう。 このたった一音をどう歌うか? それがプロとアマチュアの差になります。 プロの歌声は、たった一音に意味を感じさせることができるのです。 例えば、歌が上手な人ほど、「話す時」と「歌う時」の声が違うと思ったことはありませんか? プロの歌手たちは、歌唱時には自然と「歌モード」に切り替わり、声を楽器として使うことができるのです。 逆に、歌が苦手の人の多くは、普段の声のまま歌ってしまう傾向が多く見られます。 例えば、映画やドラマを見ている時に、ストーリーがどんなに良い内容でも、棒読みで演技をしている人がいた… 続きはこちら≫

  • 金子恭平が実演!マリーゴールドを男性が歌う方法

    / ミックスボイス 歌唱・ボーカルスタイル

    こんにちは、VT by VT artist developmentボイストレーナーの金子恭平です!先日あいみょんさんの『マリーゴールド』をカバーして、ミックスボイスの解説動画を作りました! このブログでは、動画内でお伝えしきれなかったことを2点ほど書いていきたいと思います。 異性の曲を歌う際のキー設定 動画では、観ている方がミックスボイスを聴き取りやすいように原曲Keyで歌いました。 なので、Aメロからかなり軽めの声で歌唱を始めています。 本当なら、Aメロはもう少し豊かなチェストボイスで歌いたいところです。 男性が女性曲を歌う場合は、たとえ高音が出る方でも、 自分の声の持ち味が発揮できる適正なKeyに下げたほうが音楽的なクオリティは上がることが多いです。 レッスンにお越しくださっている生徒さんでも「女性曲を原曲Keyで歌いたい!」とおっしゃる男性はいますが、ボイストレーナーとして積極的にはお勧めしません。 また、発声に関する能力と知識が育っていない状態でKeyが高すぎる曲を歌うことで、 声帯周りの筋肉の働きのバランスが著しく悪… 続きはこちら≫