ミックスボイス

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

ミックスボイス

  • なぜ声楽的に大きな声は出せるのに、ベルティング出来ないのか?

    / ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は声楽的な出し方ですごく大きな声は出せるのに、 なぜかベルティング(地声的に強い声)が出来ないの? と悩む、特に女性に多い悩みにお答えしようと思います。 声楽的な発声はフォルマント同調と呼ばれる技術を使っている 小久保よしあき先生が女性のソプラノ的発声について 素晴らしいブログを書いてくれています。 歌声フォルマントと別のボリュームの出し方!?”フォルマント同調” フォルマント同調とは・・・ 裏声的な声で、 声量を作る技術 と考えればわかりやすいでしょう。 (ちょっと乱暴な書き方ですが・・・。) 裏声的な出し方は倍音をあまり含まない声なので、 基音(=音程)そのものがある程度エネルギーを 発信出来る音域でないといけません。 小久保先生は「ほとんどA4 (440Hz)以上」と言っています。 ではベルティングとフォルマント同調の要素を整理してみましょう。 ベルティングの要素 ・地声的な発声(倍音を豊富に含む)… 続きはこちら≫

  • 裏声を鍛えると地声もパワーアップするんだぞ!

    / ボイトレ体験談 ミックスボイス

    皆さんこんにちは!VT Artist Development レッドラベル・インストラクター寺田りほです! 私はVTLiTEで教えています! 皆さんもうご存知かと思いますが、 (知ってましたよね?よね??) VTゴールド免許取得(車みたい・・・) インストラクターの方々よりも少々価格がお求めやすいからか、 まだボイトレを受けたことがない人が結構くるのです!    そんな方々をレッスンしていて、 もちろんPULLしたりFLIPしたり色々しますが、 裏声が出ない人って結構多いのです~~。 そこで今回、裏声鍛えるとすごいんだぞ! なエピソードを紹介しようと思います。 これまでのブログでも触れられてきた、 裏声を鍛えると良いことがありますよ話は関連記事から。 最近、新規で来てくださった定年間近の男性のお話です。 ずっと歌っていなかったけど、 今回ある目的のために 3ヶ月ほど集中して通いたいそうなのです。 レッスンしてみると、良い声の持ち主で、歌もうまい。 フォーク世代で若い頃はバンドで歌もやって… 続きはこちら≫

  • あなたの話し声。低すぎませんか?嗄れませんか?

    / ミックスボイス 話し声とボイトレ

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! VTのスタジオには歌手だけではなく、 「話し声を改善したい」と言う要望でいらっしゃる方も多くいらっしゃります。 今回は「話し声が、かすれる。」「かすれを改善したい」 と言う方のケースについてお話します。 声が疲労しやすい職業は何か? もちろん、声を多く使う職種が多いようです。 具体的には、 ・教師 ・保母さん ・接客業 ・テレマーケティング・スタッフ ・役者さん ・声優さん このような職種についている方が多いです。 考えられる原因は何? 上記に挙げた職種は、話し声を大きな声で出さなくてはいけません。 でも、「大きな声を出す事」そのものが原因と言えるのでしょうか? 実際には、大きな声の出しにくい音域で、大きな声を無理に出そうとする事 の方が大きな原因である事も多いのです。 ★実は人それぞれ、話し声でも大きな声を出しやすい音程が異なるのです。 話し声と音程の関係についてはこちらのブログをご覧ください 従ってレッ… 続きはこちら≫

  • 歌声フォルマントと別のボリュームの出し方!?”フォルマント同調”

    / ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング

    みなさんこんにちは、VT Artist Developmentボイストレーナー小久保よしあきです! 引き続き歌声&科学のご紹介です。 今回は歌声フォルマントとは別の、ボリュームを出す方法をご紹介したいと思います。 ソプラノ歌手が主に使う手法です。 まずは僕のデモをお聴きください(ソプラノではないですが笑) どうでしょうか、クラシックな音で むっちゃボリューム出てるの分かりますでしょうか? 一体何が起きているの? 周波数的にやっていることを説明すると、基音の周波数(実際に聴こえる音程)と、 フォルマントの1番目の周波数を、揃えるように発声しています。 基音とF1のピークが合致することで、 声帯振動周期と共鳴腔の持つ共振周波数が揃い、凄いボリュームになります。 この現象を フォルマント同調 といいます。クラシックのソプラノ歌手が当たり前のようにやっている手法です。 この手法は、基音とF1のピークの合致がどう頑張っても難しい音程だと、 使うことができません。従って、そのような音程でフォルマント同調… 続きはこちら≫

  • 俳優やビジネスパーソンのボイトレって?

    / ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング 話し声とボイトレ

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! VTチームのレッスンには歌手だけではなく、 役者、声優、ビジネスパーソン、そして政治家の方まで幅広くいらしていただいています。 [caption id="attachment_2903" align="alignnone" width="300"] [/caption] このような方のレッスンへのリクエストを書くと・・・ ・印象の良い声にしたい ・自信があるような声にしたい ・声を嗄らさないようにしたい ・表現力を上げたい ・高音を改善したい(演技の時の) ・声量を上げたい これらが代表的なご意見です。 会話が与える印象とは「滑舌」か? 上に書いたリクエストを叶えるとなると、 いわゆる話し方のボイトレ・スクールでやるような滑舌練習よりも、 むしろ歌手向けにデザインされたトレーニングの方が有効な事が多いです。 考えてみてください。 話し声を聞いて 「好感を持てるな〜。」 と思った人の声は 「滑舌が良いな〜。」 から… 続きはこちら≫