ミックスボイス

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

ミックスボイス

  • 金子恭平が実演!マリーゴールドを男性が歌う方法

    / ミックスボイス 歌唱・ボーカルスタイル

    こんにちは、VT by VT artist developmentボイストレーナーの金子恭平です!先日あいみょんさんの『マリーゴールド』をカバーして、ミックスボイスの解説動画を作りました! このブログでは、動画内でお伝えしきれなかったことを2点ほど書いていきたいと思います。 異性の曲を歌う際のキー設定 動画では、観ている方がミックスボイスを聞き取りやすいように原曲Keyで歌いました。 なので、Aメロからかなり軽めの声で歌唱を始めています。 本当なら、Aメロはもう少し豊かなチェストボイスで歌いたいところです。 男性が女性曲を歌う場合は、たとえ高音が出る方でも、 自分の声の持ち味が発揮できる適正なKeyに下げたほうが音楽的なクオリティは上がることが多いです。 レッスンにお越しくださっている生徒さんでも「女性曲を原曲Keyで歌いたい!」とおっしゃる男性はいますが、ボイストレーナーとして積極的には勧めません。 また、発声に関する能力と知識が育っていない状態でKeyが高すぎる曲を歌うことで、 声帯周りの筋肉の働きのバランスが著しく悪くな… 続きはこちら≫

  • 2つのミックスの考え方? ヘビー VS ライト・メカニズム

    / ミックスボイス 歌唱・ボーカルスタイル 話し声とボイトレ

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は2つのミックスボイスの考え方について解説してみようと思います! ハリウッド式ボイストレーニングのブリッジの考え方 固定ブリッジの考え方は 「ブリッジは原則、この音程で発生します」 と言う考え方です。 Pitch Dependent Bridge(音程依存型のブリッジ)とでも名付けましょう。 僕たちVTチームもセス・リッグス氏のSpeech Level Singingではこちらを習いました。 ブリッジの位置はこちらをご覧くださいませ。 男性音域 女性音域 メリット ブリッジが歌手が失敗をしやす音域なので、問題を発見しやすい デメリット 歌うときに意識をし過ぎてしまい、その音程がトラウマになってしまう事がある 音色や音量の表現が甘くなってしまう事がある 音程に依存しないブリッジの考え方 移動ブリッジの考え方は 「歌唱音域内は、ある程度声帯の動きは自由度が高く、分厚い〜薄い(声帯で作られる)音色をコントロール出… 続きはこちら≫

  • もう1つのボヘミアン・ラプソディ。超人の歌声とは?

    / おすすめアーティスト紹介 ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! あなたは映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観ましたか? SNS上のミュージシャンを始め、大人気の作品になっていますね。 桜田も大好きなシンガーの1人ですので、改めてフレディ・マーキュリーの偉大さがピックアップされてすごくうれしいです! 世界に衝撃を与えた「もう一つの」フレディ・マーキュリーの声 さて、映画「ボヘミアン・ラプソディ」のフレディの歌唱シーンでボイス・サンプルの足りない部分に活躍されたシンガーがいたのはご存じですか? (フレディ・マーキュリーは既に亡くなっていますからね・・・。) それはカナダ人の天才シンガー Marc Martel氏。 最近では映画のタイトルソング「ボヘミアン・ラプソディ」をライブレコーディングで弾き歌いをして、超話題になりました。 こちらの動画です。 まさにフレディ・マーキュリーの声! 衝撃の動画がこれ 実は彼はそれ以前にもこんな動画を上げて、話題になっていました。 それは「大好きなフレディ・マーキュリーとオペ… 続きはこちら≫

  • ソルトレイク・シティでの学会レポート(ボイトレ動画おすそ分け)

    / ボイトレ体験談 ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 現在、安倉さやか、桜田ヒロキはユタ州ソルトレイク・シティで開催されている学会に参加しています。 今日はその中でも超ベテランのトレーナー。Dean Kaelin氏のデモレッスンをお裾分けします! この動画はYOUTUBEチャンネルにはアップしていません。 ブログ及びLINE@のお友達限定の動画になります! Deanはセス・リッグス氏のレッスン伴奏者としてキャリアをスタート。 最も長い時間セスのレッスンを見学したトレーナーです。 約37年のボイスコーチのキャリアを誇り、David Archuleta のボイスコーチとして一躍有名になりました。 そんな彼のレッスンでのポイントは・・・。 レッスン開始前に把握出来ている事 ・このクライアントとDeanは初対面である ・クライアントは自分がバリトンであると思っている ・実際の声はテナー系の声である事が予想される ・クライアントは、高音の開発を希望している ・クライアントは、チェストボイスを高音部に持ち上げるPull c… 続きはこちら≫

  • レッスン前にしておくと、2倍以上レッスンの効果がアップします!

    / ボイトレ裏事情 ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 以前の安倉さやかインストラクターの記事、レッスン前にして欲しくない7つのことに続き、 今度は、「レッスン前にして欲しい事シリーズ」を挙げます! VTのクライアント様はもちろん、 音大や専門学校、お稽古としてボイストレーニングをしている方にも共通する項目は多いので、 ぜひ参考にしてみてくださいね! 適度なウォーミングアップ VTのレッスンを25分レッスンでご予約の方も多いと思いますが、 25分のレッスンで10分以上をウォーミングアップをするのは、とてももったいないです! 自宅や車の中、カラオケボックスなどで前回のレッスンの録音をおさらいするように30分くらい声を暖めておいてください。 YOUTUBEに無料のウォーミングアップ用の動画も上げていますので、ぜひご活用あれ! 女性編ウォーミングアップ 男性編ウォーミングアップ 注意点 1時間を超えるような過度な声出しは、声の疲労を招き、逆効果ですのでご注意を! 「ウォーミングアップをしておきま… 続きはこちら≫