ミックスボイス

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

ミックスボイス

  • 【動画解説】高音を出しやすくする母音の調整・改善レッスン

    / ミックスボイス

    こんにちは!金子恭平です。 今回は、レッスンを行う前からすでに上手な生徒さんのボイストレーニングです。 ミックスボイスにも自然に入れていて、発声上の致命的な欠点はないように見えますね。 みなさんはここから、どう修正すべきかわかるでしょうか? 僕が少し調整したいと思ったのは、母音によってパワーに差がある点でした。 「あ」や「え」などの口を広く開いた母音はとても強く、逆に「い」や「う」などの狭い母音は弱く聴こえてきます。 両者を歩み寄らせ、バランスよく楽に歌うということを目標としました。 「楽に歌うとは?」母音を修正して力みをとるボイトレ(0:40~) 同じ日本語を話していても、僕たちはひとりひとり発声にクセ・傾向があります。 とくに歌になると、それが顕著に出てくるんですね。 口の開き方 母音「あ」や「え」の母音は口を横に開きすぎず狭める方向で調整し、「い」の母音は顎を落として広くする方向で調整しています。 ここでは全てをという母音に近付けるイメージでレッスンを進めています。 ハリウッド式のレッスンでは「マンマンマン」と… 続きはこちら≫

  • 自宅で「声を出さずに」出来るボイトレを集めてみました

    / ミックスボイス 話し声とボイトレ

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 新型コロナウィルスの影響でカラオケボックスやスタジオも閉店している所が多く、 「練習の場所に困っている」と言うお話をよく聞きます。 今日はそんなお悩みを少しでも解決出来るよう、自宅で出来るボイトレをピックアップしてみました! お家で出来るボイストレーニング 自宅での発声練習となると、声を出す必要がないもの。 もしくはごく小さな声で出来る物のボイストレーニングで、 しかも!間違った方法で練習をしてしまう可能性の低いメニューのみをピックアップしてみました。 今回のブログの内容は全てYOUTUBEライブで公開した内容になります。 まずは動画を観て、一緒に練習をしてみて、 「何のためにこのトレーニングをやっているのか?」と言う確認の位置づけで読むと良いと思います。 喉の上下運動によるストレッチ 喉の上下運動は主に共鳴空間を変化させる際に使います。 シンプルな考え方として、 喉を上げる→ 声帯から唇までの距離は短くなる 高次倍音の共鳴させやすい。… 続きはこちら≫

  • オンラインレッスンの落とし穴?エクササイズに絶対注意したい事とは?

    / ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Development ボイストレーナーの田栗ななえです! 現在、日本全国各地にいるVTチームのボイストレーナー達はオンラインを中心にボイストレーニングのレッスンをご提供しています。 今日はそんな中で私が気付いたオンラインでのレッスン中に絶対に注意をしなくてはいけない事についてお話しをします。 まずは基礎知識として身に付けて置きたい言葉 ここではごくごく簡単に使う言葉を説明しておきます。 プルチェスト→地声を張り上げた状態で高音域を歌う事。「苦しい。うるさい」 音楽的な声ではない・・・・ベルティング発声法とは異なる ライトチェスト→地声が出ない。声楽、合唱をやってきた女性に多い。 低音部で息漏れを伴う事が多い フリップ→シンガーの意思とは別にひっくり返ってしまう。 ・・・と、簡単に説明しましたが、 詳しくはしっかり説明している動画ありますので、参考に観てみて下さいね。 スピードと音程が命!エクササイズの効果を上げるためのポイント あなたは自分の「声の傾向」が自分の歌うスピードや… 続きはこちら≫

  • 今度は地声からミックスボイスを練習してみよう!

    / ミックスボイス

    こんにちは、VT by VT Artist Developmentボイストレーナーの金子恭平です! さて!本日もミックスボイス習得に向けて練習していきましょう! 前回までの記事で スライドダウン、オクターヴ・ダウンといわゆる「下降系エクササイズ」を紹介してきました。 今回はさらに1歩進めて上昇系エクササイズ「オクターヴ・アップ」に挑戦しましょう! 実は奥が深い。オクターブ・アップ(ド-ミ-ソ-ド-ソ-ミ-ド音階) このスケールは今や世界的に有名なので、ハリウッド式ボイストレーニング以外のスクールでも取り入れていることが多いようです。 しかし、この音の並びの狙いを正しく理解して使用している先生はまだまだ少ないように思います。 狙いが分かれば気を付けるべき点も見えてくるので、この記事ではオクターヴ・アップの特性を一緒に確認していきましょうね。 オクターヴ・アップのエクササイズとしての特性は? 多くの人は、低音から高音へ駆け上っていくときに、地声と裏声の筋バランスを調整できず破綻してしまいます。 高音も100%の地声で張り上げ… 続きはこちら≫

  • ベルティング発声について科学の力を借りつつ最新の考察

    / ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! このところ、 ベルティング発声と言う言葉が流行だし、 力強い高音を出したいのだな〜と思うのですが、 同時に間違った手順でベルティング発声を習得しようとする、 もしくはそもそもベルティング発声の認識を間違えているトレイニー、もしくはトレーナーが多くいるので、整理してみようと思います。 近年では科学の発達により、歌の世界における発声も徐々に分かってきた事もあります。 「ベルティング発声とは本当のところ何なの?」と言う疑問について科学の力も借りつつ調べてみました。 EGGを使った声門の密着時間(Contact Quotient)の検証 声を出すのには閉じた声帯に息を当て、振動させ音を作る事になりますが、 その閉じ方と言うのも発声において非常に重要な事になります。 その閉じ方を計測する事ができるのがエレクトロ・グロトグラフィ(EGG)と言う機械です。 喉頭に両端に電極を当て、 「声帯が圧着すると通電、離れると通電しない」 という仕組みを使って 声門が閉じているとい… 続きはこちら≫