2019年03月の記事一覧

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

2019年 03月 の記事一覧

  • 2つのミックスの考え方? ヘビー VS ライト・メカニズム

    / ミックスボイス 歌唱・ボーカルスタイル 話し声とボイトレ

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は2つのミックスボイスの考え方について解説してみようと思います! ハリウッド式ボイストレーニングのブリッジの考え方 固定ブリッジの考え方は 「ブリッジは原則、この音程で発生します」 と言う考え方です。 Pitch Dependent Bridge(音程依存型のブリッジ)とでも名付けましょう。 僕たちVTチームもセス・リッグス氏のSpeech Level Singingではこちらを習いました。 ブリッジの位置はこちらをご覧くださいませ。 男性音域 女性音域 メリット ブリッジが歌手が失敗をしやす音域なので、問題を発見しやすい デメリット 歌うときに意識をし過ぎてしまい、その音程がトラウマになってしまう事がある 音色や音量の表現が甘くなってしまう事がある 音程に依存しないブリッジの考え方 移動ブリッジの考え方は 「歌唱音域内は、ある程度声帯の動きは自由度が高く、分厚い〜薄い(声帯で作られる)音色をコントロール出… 続きはこちら≫

  • 7つのボーカルスタイル・ツール 「メロディバリエーション」「フェイク」

    / 歌唱・ボーカルスタイル

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日はナッシュビルのトップ・セッションシンガー/ スタイルコーチ Dave Brooks氏のヴォーカルスタイルのツールも残すところあと3つ! 今日はメロディの加工方法。リッキング、トリル(フェイク)。 そして実際にアプリケーションを使った練習方法をご紹介します! メロディ・バリエーション Daveは「メロディの工夫はカバー曲を歌う時は特に重要になる」と言います。 代表的な手法は以下の通りです。 ・ 1番テンプレート(雛形)を提示する ・ 2番以降で作曲者の意図を壊さない範囲でメロディを工夫する ここではマライヤ・キャリーのHeroを聴き比べてみましょう。 1番のサビ 0:50 〜 1:23 2番のサビ 2:02 〜 2:35 3番のサビ 3:11 〜 3:46 約30秒間のメロディですが、メロディのバリエーションの工夫が多くされている事に気付くと思います。 Daveのセミナーやセッションでは実際にオリジナル… 続きはこちら≫