2017年04月の記事一覧

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

2017年 04月 の記事一覧

  • VTには、どんな先生がいるの?【寺田インストラクター編】

    / ボイトレ体験談 日記

    こんにちは! カスタマーサポートのひとみです(*^^*) 前回は石原インストラクターのレッスンについての 記事を書いたのですが読んでいただけましたでしょうか?? どのインストラクターからレッスンを受けたらいいか迷っていたり 新しいジャンルに挑戦してみたい時などに、 このブログが参考になったら嬉しいなと思いながら書いています。 さて、今回はVTLiTE.tokyo寺田りほインストラクターの レッスンをご紹介しようと思います。 自然体な現役シンガー たまにカスタマーサポートスタッフも驚く速さで かつて人見知りだった生徒さんが 寺田インストラクターに近況を楽しそうに話している風景を見て、 「いつの間に仲良くなったの!?」と聞くこともあるくらいなんですが。笑 Jazzボーカリストとしても活躍する 寺田インストラクターはとても社交的で、 老若男女問わず、すぐに打ち解けあってる印象です。 いつも自然体な寺田インストラクターなので 生徒さんにとっても安心感があるんだろうな〜と思います。 レッスンでは、今なぜ… 続きはこちら≫

  • 色男!?アンドリューロイドウェバーの作曲と恋愛事情

    / オーディション対策 おすすめアーティスト紹介 音楽の歴史

    こんにちは!米Institute for Vocal Advancement公認ボイストレーナー、パフォーマンス・ディレクターの武富ゆきです。 今日はミュージカル好きなら誰でも知っている アンドリューロイドウェバー "Andrew Lloyd Webber" について書いてみようと思っています。 まず名前がカッコいいですよねー。 これ本名なのかな? ミュージカルで大成功を収めた作曲家 彼はイギリス生まれ。 ミュージカルの歴史についてのブログでも記載した様に 1971年代〜 イギリス初のミュージカルが有名になります。 ここで頭角を表すのがアンドリューロイドウェバーです。 彼は奨学金制度にてオクスフォード大学へ入学し 歴史学を専攻します。(スゲー!) が、大学在学中にあの天才作詞家Tim Riceと出会います。 (Tim Riceについても今度書いてみるかな) そのせいでとは言いませんが、 大好きな音楽に毎日毎日没頭したせいでまさかの落第w それのお陰で(なのか?!) 歴史に残る数々の素敵なミュージカル作品をTim Ri… 続きはこちら≫

  • VTには、どんな先生がいるの?【石原インストラクター編】

    / ボイトレ体験談 日記

    こんにちは!カスタマー・サポートのひとみです。(^ ^) VTでは現在7名のインストラクターがレッスンを行っているので それぞれの極めたいジャンルや目標に合わせて インストラクターのレッスンを受講いただけます。 レッスンではボイストレーニングだけではなく、 インストラクターによって様々な歌が上手になるための練習メニューがありますので、 その一部をご紹介出来ればなと思います。 歌が上手くなりたい!! きっとシンプルにそう思ってこのブログ、 またはVTのHPにたどり着いてくださった方もいると思います。 歌が上手くなりたい!! という大きいくくりの中で リズムが苦手なのか、、 ピッチがずれてしまうのか、、 はたまた何が原因でどんな練習をしたらいいかわからない・・ となってしまう方もいると思います。 石原インストラクターのレッスンでは ボイストレーニングはもちろんとして、 歌が上達するために絶対に必要な、 イヤートレーニング、ピッチやリズムを 段階を踏んでとても丁寧に教えてくれます。 バークリー式発音… 続きはこちら≫

  • ホイッスルボイスは2通りの出し方がある?

    / ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 先日のVocology in Practiceチームのコンファレンスで、 ユタ大学の音声学者Ingo Titze博士の話で興味深い話が出ましたのでシェアしたいと思います。 ホイッスルボイス(Whistle Tone)についてのお話です 「ホイッスルボイスって名前は聞いた事はあるけど、実際には聞いた事ない!」 と言う方もいると思いますので、まずはこちらの動画を見てみてください。 ホイッスルボイスって? 動画で見た通り、まるで笛(ホイッスル)のような声なので、 そのように名付けられたようです。 場合によってはピアノの最高音(C8)を超える事もあり、 超人的なボーカル技術の一つと言えると思います。 ただし、このレンジ(音域)になると言葉(母音) を発する事は出来ません。 声帯振動で作られる音は倍音を含ませる事が出来ず、 基音(F1 H1)のみを使った発声になるからです。 母音を作るためには最低でも (喉で作られた)F1と(口腔内… 続きはこちら≫

  • 3kHzが強調されると何故より力強く聴こえるの?【ヲタク向け】

    / ミックスボイス

    みなさんこんにちは、VT Artist Developmentのボイストレーナー小久保よしあきです! 前回の僕の記事では、歌声フォルマントについて取り上げました。 映像で観る歌声フォルマントはこれです↓ 主に3kHz付近に出現する強い音の成分が、歌声フォルマントの正体でした。 力むのではなく、声道内のある共鳴腔の条件を満たすことで強調される音色、 ということがおわかり頂けたかなと思います。 詳細は前回の僕の記事をご覧ください。 今回は、 3kHzが強調されるとなぜ大きく聴こえるのか、 その理由について考えてみようかなと思います。 前回以上にオタク向きです。 これを知ったところで発声が良くなるわけでもないので、 興味なければまじで読む必要ないです(笑)。 皆さんにとって一番大事なのは、知識ではないはずですから(じゃあ書くなよw) 聴覚音声学から考えてみる 3kHz強調の根拠について、聴覚音声学の観点からお話をしようと思います。 耳で聞き取ることに関する音声学です。 みなさん、外耳道というのはご存知でしょうか? 耳の穴… 続きはこちら≫

12