ボイトレ裏事情

ボイトレ裏事情

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

ボイトレ裏事情

  • レッスン前にして欲しくない7つのこと

    / ボイトレ裏事情 ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング

    こんにちは! VT Artist Development のボイストレーナー 安倉さやかです! せっかくレッスン! という日、前の日からも含めやって欲しくないことを書こうと思います。 これはライブ前日も同じなので本番の多い人は是非参考にしてくださいね。 1:前日夜に大酒を飲む むくみにより声が掠れる、 それを守るために痰がらみになりやすいです。 2:直前にコーヒー、ヨーグルト、チョコレート VTの先生たちはみんなコーヒーやチョコレートが大好き。 飲みながらレッスンしてるお前が言うなって感じですが、 レッスン前は痰がらみになる人が多いので、 自覚のある人はレッスン後にどうぞ。 3:不眠、睡眠不足 これが一番多いです。 どんな薬よりも睡眠が声に効くって知ってますか? レッスンを効率よく進めたければしっかり寝てくること。 4:前日や直前にカラオケでオニ練 これもレッスン前に疲労を取るエクササイズだったり テンションを取るエクササイズが必要になり、 効率を悪くするので過度な練習はやめましょ… 続きはこちら≫

  • 小久保よしあきのボイトレ体験記 その5

    / ボイトレ体験談 ボイトレ裏事情 ミックスボイス

    みなさんこんにちは、VT Artist Developmentのボイストレーナー小久保よしあきです! 前回は、2010年以降の小久保よしあきのボイトレ体験談を書きました。 今回は、そこでお話したさらなる成長の詳細について書きたいと思います! 2010年〜現在 ミックスボイス習得後の更なる成長について 2010年当時の僕のレベル √ 低音からE5付近まで喉上げずに繋がる √ ボリュームの強弱をつけられる √ 適切なビブラートがどの音程や母音子音でもできる √ 間違った発声を意図的にできる √ 喉上げずに明るいトーンを混ぜることが苦手(特に高音) 「この状態を更に進化させるには…?」という壁にぶつかりました。 ハリウッド式のボイストレーニングは、そもそもこのバランスを失わないためにも使えるトレーニングですが、 さらに高度な発声の獲得にも、大きな大きな効果がありました。 2010年〜現在までに獲得してきたこと √ 高音域の拡大 √ 喉を上げない明るいトーンの発声 √ イやウの音でも芯のある発声 √ 高音域でもロック… 続きはこちら≫

  • SLSのボイトレって効果がないの?

    / ボイトレ裏事情 ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は日本でもポピュラーになってきたSpeech Level Singingのボイストレーニングメソッド。 知名度が上がれば上がるほど、誤った情報も流れてしまっているようです。 そこで今日は、たま〜に聞く噂を、元公認インストラクターの立場からお答えしようと思います! 発声を実際の曲へ応用出来ない こう言った意見は、SLSを勉強して間もないトレーナーに着いたシンガーさんから良く聞きます。 SLSではインストラクターにレベル制があり、レベル1〜5まであります。 SLSのインストラクター育成クラスではレベル1のインストラクターには「最も安全な方法」「最もリスクのない基本的な教え方」を教えます。 極力、故障を起こさないようにリラックスした状態での発声を最優先するわけです。(この技術が本当に本当に重要なのですが・・・!) その結果、非常にボリュームを落とし、声色も裏声的な状態でシンガーに歌わせる事になります。 そうするとシンガーは「ああ、このメソッドは裏声で歌わせるメソッドなんだ… 続きはこちら≫

  • 小久保よしあきのボイトレ体験記 その4

    / ボイトレ体験談 ボイトレ裏事情 ミックスボイス

    みなさんこんにちは、VT Artist Developmentのボイストレーナー小久保よしあきです! 前回のブログでは2009年までの小久保よしあきのボイトレ体験談を書きました。 今回は2010年からの僕の経験を書いてみようと思います! 2010年からはボイストレーナーとしての勉強も開始しています ここからは先生としてのトレーニングや仕事をしながらの発声開発でしたが、僕自身のボイストレーニング体験談に特化して書いていきます。 この頃は、自分なりの良い発声というのができるようになっていました。 「ミックスボイスとはこういうもんだろう」というのが分かってきた状態です。 当時、発声するときの意識としては、 ・喉頭を極度に上げないようにする ・1st Bridge(E4-G4)や2nd Bridge(A4-C5)での移り変わりを意識する という感じでした。 これが上手に行くと自分なりにチェストボイスとヘッドボイスのミックスができるという感覚。 喉頭を上げないように意識していたのは、僕の根強い癖がハイラリンクス(喉頭を上げてしま… 続きはこちら≫

  • VTスタッフりなのボイトレ体験記!

    / ボイトレ体験談 ボイトレ裏事情

    あけましておめでとうございます! VTカスタマースタッフのりなです。 お知らせ以外で個人的にブログを書くのは初めてなので、 何を書けばいいか悩んで悩んで悩んだのですが……笑 とりあえず、あけましておめでとうございます。笑 今年もVT Artist Developmentチームを宜しくお願い致します(  ̄ー ̄ )ゞ さて、私事ではございますが、こちらのボイストレーニングに通い始めて1月で4年経ちます。 「このボイストレーニングで自分の歌が変わらなかったら歌やめよう!」 そう思って申込みをしたのを今でも覚えています。 そのくらい、私は自分の歌声がコンプレックスでした|||||(´ω`;)||||| (わたし、声低いんですよね……お会いした事ある生徒様は分かると思いますが…) 自分の声の悩みや、そのとき仕事等で歌っていた曲の相談 初めてのレッスンで泣きそうになりました。←感動して。笑 そこから毎日欠かさずエクササイズやって、本当に魔法みたいだなって思って、 今まで歌えなかったが歌えるようになったり、オーディションにも受かるようになりました♪… 続きはこちら≫

12