kyoheikanekoの投稿一覧

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

kyoheikanekoの投稿一覧

  • 今度は地声からミックスボイスを練習してみよう!

    / ミックスボイス

    こんにちは、VT by VT Artist Developmentボイストレーナーの金子恭平です! さて!本日もミックスボイス習得に向けて練習していきましょう! 前回までの記事で スライドダウン、オクターヴ・ダウンといわゆる「下降系エクササイズ」を紹介してきました。 今回はさらに1歩進めて上昇系エクササイズ「オクターヴ・アップ」に挑戦しましょう! 実は奥が深い。オクターブ・アップ(ド-ミ-ソ-ド-ソ-ミ-ド音階) このスケールは今や世界的に有名なので、ハリウッド式ボイストレーニング以外のスクールでも取り入れていることが多いようです。 しかし、この音の並びの狙いを正しく理解して使用している先生はまだまだ少ないように思います。 狙いが分かれば気を付けるべき点も見えてくるので、この記事ではオクターヴ・アップの特性を一緒に確認していきましょうね。 オクターヴ・アップのエクササイズとしての特性は? 多くの人は、低音から高音へ駆け上っていくときに、地声と裏声の筋バランスを調整できず破綻してしまいます。 高音も100%の地声で張り上げ… 続きはこちら≫

  • ミックスボイス習得への必須技術!少しずつ地声に太らせて下降しよう!

    / ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング

    こんにちは、VT by VT Artist Developmentボイストレーナーの金子恭平です! 前回は「ミックスボイス習得への第一歩!」として裏声から地声へのスライドダウン・トレーニングでしたが、上手に出来ましたか? 今回はその進化形として、オクターブ・ダウン・エクササイズをご紹介します! 前回の「裏声から地声へのスライドダウン・トレーニング」に慣れて、 ほぼ100発100中になってからこのトレーニングを始めるといいかもしれません。 このトレーニングの目的・効能は? 元々このエクササイズは、ハリウッド式のボイストレーニングでは地声を張り上げてしまう人に処方されることが多いです。 しかし、下りのフレーズで裏声から地声にスムーズに繋いでいく繊細な作業は、あらゆるシンガーが練習すべき課題といえます。 また逆に地声が弱いという人も、「しっかり地声に着地する」という目的をもって正しいやり方で行えば、地声トレーニングの補強として使うことができます。 ※「どのエクササイズを行うか」と同じように、「どう行うか」がとても大切です! その目的と方法を一瞬… 続きはこちら≫

  • 「ミックスボイス習得、最初の一歩!」のトレーニング方法を紹介!

    / ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング

    こんにちは、VT by VT artist developmentボイストレーナーの金子恭平です! 本日は、初心者から上級者まで、あらゆるレベルのシンガーさんにおすすめの練習法をご紹介します! 練習動画はこちらからご覧ください。↓↓ 多くの人が憧れる豊かな高音を手に入れるには、 地声と裏声がスムーズに繋がっていることが前提条件になります。 そのためには地声を作るための筋肉と、裏声を作るための筋肉を拮抗させながら働かせる必要があります。 しかし人にはそれぞれ筋肉の使い方に偏りがあるので、「拮抗させながら」というのが実はとても難しいのです。 筋肉の拮抗作用についてはこちらのブログで詳しく解説しています! このバランスが取れている状態の声を、ハリウッド式ボイストレーニングでは『ミックスボイス』と呼んだりします。 今回ご紹介したファルセット〜地声へのスライドダウンは、この筋バランスを体得するための最もシンプルかつ強力な練習法です。 大きな声を出す必要のない練習方法 またこの練習には大きな声がまったく必要ないので、自宅で取り組みやすいとメ… 続きはこちら≫

  • 金子恭平が実演!マリーゴールドを男性が歌う方法

    / ミックスボイス 歌唱・ボーカルスタイル

    こんにちは、VT by VT artist developmentボイストレーナーの金子恭平です!先日あいみょんさんの『マリーゴールド』をカバーして、ミックスボイスの解説動画を作りました! このブログでは、動画内でお伝えしきれなかったことを2点ほど書いていきたいと思います。 異性の曲を歌う際のキー設定 動画では、観ている方がミックスボイスを聴き取りやすいように原曲Keyで歌いました。 なので、Aメロからかなり軽めの声で歌唱を始めています。 本当なら、Aメロはもう少し豊かなチェストボイスで歌いたいところです。 男性が女性曲を歌う場合は、たとえ高音が出る方でも、 自分の声の持ち味が発揮できる適正なKeyに下げたほうが音楽的なクオリティは上がることが多いです。 レッスンにお越しくださっている生徒さんでも「女性曲を原曲Keyで歌いたい!」とおっしゃる男性はいますが、ボイストレーナーとして積極的にはお勧めしません。 また、発声に関する能力と知識が育っていない状態でKeyが高すぎる曲を歌うことで、 声帯周りの筋肉の働きのバランスが著しく悪… 続きはこちら≫