桜田ヒロキの投稿一覧

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

桜田ヒロキの投稿一覧

  • 舌を絶対にリラックスさせないといけない!その理由は?

    / ミックスボイス 音痴・音程矯正

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は 「舌をリラックスさせる事によって歌を上手にする!」 と言うお話をしようと思います。 舌は発声関連筋の中でも非常に大きな筋肉 まずはこの動画を観てみましょう これはシンガーが歌っているのを横から MRIで撮影したと言う超レアな映像なのですが・・・。 この顎に付いている目まぐるしく動く お団子みたいなのが、舌になります。 舌の根っこは顎の先に付いていて、 そこから喉までグルンと巻いている組織なんですね。 だから僕たちが見えている部分は舌の一部なんです。 大きな筋肉と言う事は隣接する筋肉が多いと言う事。 隣接する筋肉が多いと言う事は、 大きな筋肉(舌)に力が過度に加わると、 その隣接する筋肉にも力が入りやすいと言う事です。 人間の体の構造上、 筋肉を一つ独立させて動かすというのは、難しいのです。 これを逆手に取って、 この大きな筋肉に適度なリラックスを覚えさせれば、 その隣接している筋肉(発声に… 続きはこちら≫

  • 10月からのポップクワイヤはクリスマスソングに入ります!

    / オーディション対策 お知らせ

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 優子インストラクターのポップクワイヤクラスは シンデレラのテーマ「Strong」 そしてYouTubeで最高ヒットを飛ばした「See you again」 各曲の仕上げに入っています。 こんな曲がゴスペルアレンジになっちゃうなんてワクワクしませんか!? 10月からはクリスマスソングの練習へ そして10月のレッスンからいよいよ12月に向けてクリスマスソングの準備に入っていきます。 そう。ゴスペルをイメージしたチームですからね! 新曲だからポップクワイヤってどんなものだろう?って思っている方は体験レッスンを受けるのに最適です! もちろん曲を覚えてくる必要はありません。 石原優子インストラクターがボストンのバークリー音楽大学、 現地の教会で学んできた「曲をその場で覚える」「その場でアレンジする」スタイルを続行します! 優子先生のプロフィールなどはこちらをご覧くださいね! 歌手としてどんなスキルが身につくの? ボイストレーニングだけでは養えないスキ… 続きはこちら≫

  • 歌いだした瞬間に喉がからむ!?原因と対策は?

    / ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 歌う前までなんともなかったけど、 歌いだした瞬間、喉に痰が絡んだ気がして咳払いをしたくなる。 あなたはこんな経験はありませんか? 原因は? 実は原因は意外とシンプル。 「歌を歌う時に生じる喉頭の内側に掛かる緊張が原因である事がほとんど」 だそうです。 話し声の音域を超える音量、 話し声を超える音域を出す事で喉頭、 咽頭が内側に過度に縮む。 それを喉は 「うわ!何か異物が入ってきた!」 と勘違いをし、咳払いをしたくなるのです。 特にパッサージョ(ブリッジエリア)大きな声を出す際には、 声門下に大きな圧力を掛けるため、声帯の閉鎖部に強く力を加える事になり、 やはり高音でのベルティング時にこの症状が起きる事が多いようです。 アメリカのVocology in Practiceの カンファレンス内のIngo Tize氏の講義では、 「歌い出してから咳払いをするケースで、 喉や声帯に実際に痰が絡んでいるのを確認出来た事はほとんどな… 続きはこちら≫

  • なぜ声楽的に大きな声は出せるのに、ベルティング出来ないのか?

    / ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は声楽的な出し方ですごく大きな声は出せるのに、 なぜかベルティング(地声的に強い声)が出来ないの? と悩む、特に女性に多い悩みにお答えしようと思います。 声楽的な発声はフォルマント同調と呼ばれる技術を使っている 小久保よしあき先生が女性のソプラノ的発声について 素晴らしいブログを書いてくれています。 歌声フォルマントと別のボリュームの出し方!?”フォルマント同調” フォルマント同調とは・・・ 裏声的な声で、 声量を作る技術 と考えればわかりやすいでしょう。 (ちょっと乱暴な書き方ですが・・・。) 裏声的な出し方は倍音をあまり含まない声なので、 基音(=音程)そのものがある程度エネルギーを 発信出来る音域でないといけません。 小久保先生は「ほとんどA4 (440Hz)以上」と言っています。 ではベルティングとフォルマント同調の要素を整理してみましょう。 ベルティングの要素 ・地声的な発声(倍音を豊富に含む)… 続きはこちら≫

  • モチベーションが邪魔する?必ず歌を上達させるための唯一の方法とは?

    / オーディション対策 シンガーのマインドセット

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は「歌が上手になるためのマインドセット」だけではなく、 技術を確実習得にするための方法についてお話しようと思います。 僕のクライアントさんはご存じの方も多いと思うのですが、 僕は1年か2年に一つ、何か新しい習い事を始める事にしています。 これは自分が常に初心者の気持ちを忘れないようにするために始めた事です。 ボイストレーニング(新しい先生と) イヤートレーニング ピアノ パーソナルトレーニング キックボクシング クラブマガ 等々、どれも1〜2年に一度始めるのは良いけど、 辞めずに全部続けているから、 もうぼちぼち時間が本当に無くなってきました。(笑) 技術習得とは意外に単純なプロセス この「新しい事を学習する」と言う事から 全てにおいて共通する事がわかってきました。 そんな事わかるのに何年掛かってるんだ! って怒られそうですが、 僕個人的はすごく感覚的な人間で体感を通じて 「あ、なるほど!」 ってなるまで納得出来な… 続きはこちら≫