桜田ヒロキの投稿一覧

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

桜田ヒロキの投稿一覧

  • なぜ声楽的に大きな声は出せるのに、ベルティング出来ないのか?

    / ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は声楽的な出し方ですごく大きな声は出せるのに、 なぜかベルティング(地声的に強い声)が出来ないの? と悩む、特に女性に多い悩みにお答えしようと思います。 声楽的な発声はフォルマント同調と呼ばれる技術を使っている 小久保よしあき先生が女性のソプラノ的発声について 素晴らしいブログを書いてくれています。 歌声フォルマントと別のボリュームの出し方!?”フォルマント同調” フォルマント同調とは・・・ 裏声的な声で、 声量を作る技術 と考えればわかりやすいでしょう。 (ちょっと乱暴な書き方ですが・・・。) 裏声的な出し方は倍音をあまり含まない声なので、 基音(=音程)そのものがある程度エネルギーを 発信出来る音域でないといけません。 小久保先生は「ほとんどA4 (440Hz)以上」と言っています。 ではベルティングとフォルマント同調の要素を整理してみましょう。 ベルティングの要素 ・地声的な発声(倍音を豊富に含む)… 続きはこちら≫

  • モチベーションが邪魔する?必ず歌を上達させるための唯一の方法とは?

    / オーディション対策 シンガーのマインドセット

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は「歌が上手になるためのマインドセット」だけではなく、 技術を確実習得にするための方法についてお話しようと思います。 僕のクライアントさんはご存じの方も多いと思うのですが、 僕は1年か2年に一つ、何か新しい習い事を始める事にしています。 これは自分が常に初心者の気持ちを忘れないようにするために始めた事です。 ボイストレーニング(新しい先生と) イヤートレーニング ピアノ パーソナルトレーニング キックボクシング クラブマガ 等々、どれも1〜2年に一度始めるのは良いけど、 辞めずに全部続けているから、 もうぼちぼち時間が本当に無くなってきました。(笑) 技術習得とは意外に単純なプロセス この「新しい事を学習する」と言う事から 全てにおいて共通する事がわかってきました。 そんな事わかるのに何年掛かってるんだ! って怒られそうですが、 僕個人的はすごく感覚的な人間で体感を通じて 「あ、なるほど!」 ってなるまで納得出来な… 続きはこちら≫

  • あなたの話し声。低すぎませんか?嗄れませんか?

    / ミックスボイス 話し声とボイトレ

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! VTのスタジオには歌手だけではなく、 「話し声を改善したい」と言う要望でいらっしゃる方も多くいらっしゃります。 今回は「話し声が、かすれる。」「かすれを改善したい」 と言う方のケースについてお話します。 声が疲労しやすい職業は何か? もちろん、声を多く使う職種が多いようです。 具体的には、 ・教師 ・保母さん ・接客業 ・テレマーケティング・スタッフ ・役者さん ・声優さん このような職種についている方が多いです。 考えられる原因は何? 上記に挙げた職種は、話し声を大きな声で出さなくてはいけません。 でも、「大きな声を出す事」そのものが原因と言えるのでしょうか? 実際には、大きな声の出しにくい音域で、大きな声を無理に出そうとする事 の方が大きな原因である事も多いのです。 ★実は人それぞれ、話し声でも大きな声を出しやすい音程が異なるのです。 話し声と音程の関係についてはこちらのブログをご覧ください 従ってレッ… 続きはこちら≫

  • 声を休める?いや、練習する!?

    / 声の健康法・アンチエイジング

    「声帯がダメージを受けた場合、どれくらいの期間、回復に必要でしょうか?」 分子生物学者の答えは全ての歌手にとって重要なものでした。 - Ingo Titze博士 こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は非常に多くのシンガーから受ける質問 【声を痛めたら休養期間はどれくらいが理想?】 にお答えしようと思います! これシンガーでなくても思った事はあるんじゃないかな・・・? 治癒のために「動かす」重要性 一昔前までは「治癒」を促すためには 「動かさない事が1番!」と信じられてきました。 しかし今日では、必ずしもそれは正しくない事がわかってきました。 例えば、「腰や背中の手術をした。」 もしくは「出産時に帝王切開をした。」 いずれのケースも適度に動かす、 もしくは体を軽くストレッチをする事により治癒が早まる事がわかってきました。 これはこのまま声帯にも言える事だそうです。 回復までの時間 音声学者のIngo博士が興味深い質問を 何人ものプロの… 続きはこちら≫

  • 俳優やビジネスパーソンのボイトレって?

    / ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング 話し声とボイトレ

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! VTチームのレッスンには歌手だけではなく、 役者、声優、ビジネスパーソン、そして政治家の方まで幅広くいらしていただいています。 [caption id="attachment_2903" align="alignnone" width="300"] [/caption] このような方のレッスンへのリクエストを書くと・・・ ・印象の良い声にしたい ・自信があるような声にしたい ・声を嗄らさないようにしたい ・表現力を上げたい ・高音を改善したい(演技の時の) ・声量を上げたい これらが代表的なご意見です。 会話が与える印象とは「滑舌」か? 上に書いたリクエストを叶えるとなると、 いわゆる話し方のボイトレ・スクールでやるような滑舌練習よりも、 むしろ歌手向けにデザインされたトレーニングの方が有効な事が多いです。 考えてみてください。 話し声を聞いて 「好感を持てるな〜。」 と思った人の声は 「滑舌が良いな〜。」 から… 続きはこちら≫