桜田ヒロキの投稿一覧

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

桜田ヒロキの投稿一覧

  • 自宅で「声を出さずに」出来るボイトレを集めてみました

    / ミックスボイス 話し声とボイトレ

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 新型コロナウィルスの影響でカラオケボックスやスタジオも閉店している所が多く、 「練習の場所に困っている」と言うお話をよく聞きます。 今日はそんなお悩みを少しでも解決出来るよう、自宅で出来るボイトレをピックアップしてみました! お家で出来るボイストレーニング 自宅での発声練習となると、声を出す必要がないもの。 もしくはごく小さな声で出来る物のボイストレーニングで、 しかも!間違った方法で練習をしてしまう可能性の低いメニューのみをピックアップしてみました。 今回のブログの内容は全てYOUTUBEライブで公開した内容になります。 まずは動画を観て、一緒に練習をしてみて、 「何のためにこのトレーニングをやっているのか?」と言う確認の位置づけで読むと良いと思います。 喉の上下運動によるストレッチ 喉の上下運動は主に共鳴空間を変化させる際に使います。 シンプルな考え方として、 喉を上げる→ 声帯から唇までの距離は短くなる 高次倍音の共鳴させやすい。… 続きはこちら≫

  • 新型コロナウィルス自粛からライブハウス営業再開に向けて考える

    / シンガーのマインドセット 声の健康法・アンチエイジング

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 先日、東京都の小池都知事より「新型コロナウィルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」の発表がありました。 これにより、飲食店などは徐々に営業再開の目処が立ってきました。 しかし、ロードマップのステップを観ると、ステップ3までライブハウスは営業自粛の対象となり、 完全自粛解除までライブハウスの営業は出来ないと言う相当厳しい状況になっています。 そこで今回は、 ・一口にライブハウスと言っても似て非る業態の物があると言う事 ・その業態から考えられる、自粛解除に向けての解決策 を考えてみました。 ※東京都の自粛解除に向けてのロードマップ なぜここまでライブハウスへの自粛圧力が強いのか? 2020年2月15日と新型コロナウィルスの感染に日本が最も怯えていた頃、 大阪市都島区のライブハウスで2晩のイベントで感染者15名の感染者が出ると言う強烈な印象を与えてしまいました。 のちに「感染者クラスター」と言う言葉もでき、ライブハウスと言う物に社会(?)行政(?)からの視線が厳… 続きはこちら≫

  • ベルティング発声について科学の力を借りつつ最新の考察

    / ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! このところ、 ベルティング発声と言う言葉が流行だし、 力強い高音を出したいのだな〜と思うのですが、 同時に間違った手順でベルティング発声を習得しようとする、 もしくはそもそもベルティング発声の認識を間違えているトレイニー、もしくはトレーナーが多くいるので、整理してみようと思います。 近年では科学の発達により、歌の世界における発声も徐々に分かってきた事もあります。 「ベルティング発声とは本当のところ何なの?」と言う疑問について科学の力も借りつつ調べてみました。 EGGを使った声門の密着時間(Contact Quotient)の検証 声を出すのには閉じた声帯に息を当て、振動させ音を作る事になりますが、 その閉じ方と言うのも発声において非常に重要な事になります。 その閉じ方を計測する事ができるのがエレクトロ・グロトグラフィ(EGG)と言う機械です。 喉頭に両端に電極を当て、 「声帯が圧着すると通電、離れると通電しない」 という仕組みを使って 声門が閉じているとい… 続きはこちら≫

  • オンラインレッスンってどんな感じなの?

    / お知らせ ミックスボイス

    オンラインレッスンの詳細ページが完成しました。 くわしくは専用ページをご覧下さい。 現在、(2020年4月10日現在)新型コロナウィルス感染防止のため、レッスンをオンライン推奨、もしくはオンライン限定とさせていただいております。 このご連絡をした時に最もたくさんいただいたご質問。 本当にオンラインレッスンって大丈夫なの? 現在、世界中のボイストレーナー達が 「なんとかオンラインでレッスンは出来ないものか!?」 と模索をしていますが、 VTチームの桜田ヒロキ、安倉さやかは15年も前からオンラインレッスンを受講していましたいし、 10年も前からオンラインでレッスンをご提供してきました。 ですので、経験値として生徒さんの環境にもよるが、それを省けば「絶対に大丈夫です」とお答え出来ます。 VTチームはオンラインレッスンの経験値が高い 先にも述べましたが桜田、安倉は10年以上オンラインレッスンで教えてきましたし、 その経験を元に現在、VTの全インストラクターにZoomを使ったオンラインレッスンのための講義を行っています。 オ… 続きはこちら≫

  • 機能性発声障害?声の震えを改善するためのレッスンを公開

    / ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング

    今回は実際に「声が震えてしまい、声の自由が効かなくなってしまった。」 と言う方のトレーニング動画をアップします。 一概に「機能性発声障害と診断を受けた方に効果があるレッスンです」 と言えるわけではありませんが、歌唱時や特定の発声方法で発声が困難!(例えば声優さん、俳優さんでキャラクターの声を作る必要のある場合) と言う場合、これに近い方法論で発声改善を目指します。 全ての方に有効と言える物ではありませんが、参考になればと思い、動画作成に至りました。 クライアント様は動画撮影に同意していただき、本当にありがとうございました。 どんな人が機能性発声障害や声が出しにくくなりやすいの? 一般的な趣味で歌を歌うシンガーよりも、 プロフェッショナルのシンガーの方が機能性発声障害になる方が多く感じています。 その理由で考えられるのが、 ・声の使用頻度が高い ・無理な発声を強いられる事が多い (本人にとっても難曲を歌う事が多い) ・間違った発声を脳が覚えてしまい、喉を上手にコントロール出来なくなってしまう。 歌手が陥りやすい発声障害… 続きはこちら≫