ボイストレーニングならVT Artist Development

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

レ・ミゼラブル オーディション対策 キャラのイメージ

/ オーディション対策 オーディション情報

Pocket

aflo_GTFA048477

こんにちは!米Institute for Vocal Advancement公認インストラクター、パフォーマンス・ディレクターの武富ゆきです。

今回はオーディションも決定しているレ・ミゼラブルについて。
2017年レ・ミゼラブルのオーディション情報はこちらからどうぞ!

前回のキャラクターイメージを見てみよう!に続いて書いてみようと思います。

2012年、レ・ミゼラブルはミュージカルファンだけでなく、多くの映画ファンまでをも虜にしました。

予告編のビデオをどうぞ!

私は忘れもしない大晦日にこの映画を映画館で観て、どよーんとしたものでした。笑
かなし〜〜〜〜〜いお話ですからね・・・。

レ・ミゼラブルは大作であり、上・中・下巻まである様な本をぎゅ〜〜っと3時間強に収める事は(しかも歌あり)大変なことと思いますが、役者としての力も相当ないと難しいとも言えます。

コゼット役 アマンダ・セイフライドについて

コゼットはその中でも相当難しいと思える役。
ただ可愛いだけの女の子でもなく、お姫様というわけでもなく、かと言って強さを出す女の子の役でもなく。

アマンダ・セイフライド
この映画のコゼットは素敵だな〜と思えたコゼットの1人です。
面白いインタビュー記事があるので、どうぞ。

これも有名な話ですが、(諸説あり!)アマンダは最初エポニーヌ役でオーディションを受けます。
アマンダはあの映画MAMMA MIAのヒロイン・ソフィを歌の吹き替えなしで撮影しました。
美声はもう有名だったわけですね。

アマンダは自信を持って会場に向かったが、後の映画版レ・ミゼラブルのエポニーヌとなるサマンサ・バークスがいたわけです。
彼女はとてもエポニーヌぽい。

それを見てアマンダは「いや、エポニーヌじゃなくて私、コゼットの方が合うと思う!」と言ってオーディション曲を変更したという噂があります。

セルフ・プロデュース能力の高さですよね!

キャラクター・イメージは本当に大事!

前回もお伝えしましたが、それくらい貴方とキャラクターのイメージがマッチすることが大切です。
今、考えるとアマンダはやはりエポニーヌではなく、コゼットのイメージですよね!

ちなみにエポニーヌ役はテイラー・スウィフトで決まりかけていたそうです(諸説あり!!!)

監督は「サマンサが、よりエポニーヌっぽかった。ただそれだけなんだ。」
こうも言い切っています。

さて。前回のブログでは各キャラクタのイメージをお伝えしていますので、ご理解いただけているであろうということ。
そして、ハリウッド映画でも、イメージはとっても大切であること。
ご理解いただけたと思います。

身長もキャラクターの大切なイメージです!

ここで、出てくるのは身長。
映画だから大丈夫かもしれませんが、テイラー・スウィフトがエポニーヌやったら、身長が高すぎて・・・
まず引きの図は撮れませんよね。笑

やはり男性の横に並ぶなら、特にヒロインは男性よりも小さい方が好まれます
男性はその逆。そこそこ耐えられる身長がなくてはいけません。(最近は身長伸ばすブーツもあるらしい!)
正直、キャラクターイメージと言う事も考えると身長はとても大切です。
今までのコゼット役の役者さんの身長を調べると160cm前後が多いです。
エポニーヌは165cm以上もいました。

今までやった役者さんのwiki等を参考に、どれくらいの身長、体型でその役をやったのか調べてみるとまたいいかもしれません。

身長が高いから受けちゃダメということもありません。
例えばコゼットが165cmに決定したということになれば、相手のマリウスは180cmくらいの男性を持ってくるでしょう。
でもマリウス役がほぼ確定してしまっていたとしたら確率は大幅に下がってしまいそうですよね・・・。

全く可能性がないとは言い切れませんが・・・・
なんども言いますが、イメージは大切です。

それを踏まえた上でオーディションに臨んで下さい。

VTチームは現在、オーディション対策レッスンで大忙し!

おかげさまで今月・来月と各インストラクターの空きがあまり無い状況です。
オーディション対策レッスンご希望の方はお早めにお願い致します。

お申し込みの際、必ずオーディションを考えている方は一言添えてくださいね!

お問い合わせフォームはこちらからどうぞ!

桜田ヒロキ加筆。(笑)

ちなみに主役のジャンバル・ジャン役のヒュー・ジャックマン。
レミゼのプロモーション時に丁度、ウルヴァリンSAMURAIの撮影だったそうです。
撮影をこなしながらもちろん歌の練習もしないといけないので、現場ではBring Him Homeをウルヴァリンの衣装を着て練習をしていると言う奇妙な光景が観られたそうです。(笑

オーディション対策特別ボイストレーニングも提供しています!

VT Artistdevelopmentではオーディション対策特別ボイストレーニングをご提供しております。
短期間で高い成果を出したい方はぜひご検討ください!

武富ゆきのレッスンについて詳しくはこちらをどうぞ!

【VTチーム公式LINE】
トレーニング法やお得な情報がタイムラインに上がってきます!
VTチームと友達になろう!

友だち追加

関連記事
・レ・ミゼラブル 2017年キャストオーディション

・劇団四季様オーディション情報

・オーディションでの心得・レジュメの作り方はこちらをご覧下さい♪

・ミュージカル・オーディションでの選曲方法について

この記事を書いた人

武富ゆき
武富ゆき
セス・リッグス Speech Level Singing公認インストラクター(2011年1月〜2013年12月)
Institute for Vocal Advancement公認インストラクター
昭和音楽短期大学部 ミュージカルコース卒業

オーディション合格者多数。
Pocket

投稿者: 武富ゆき