ボイストレーニングならVT Artist Development

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

宝塚歌劇団入学試験について

/ オーディション対策 オーディション情報

Pocket

スクリーンショット 2016-01-08 16.02.28

こんにちは!米Institute for Vocal Advancement公認ボイストレーナー、パフォーマンス・ディレクターの武富ゆきです。

ミュージカルより歴史が古く、一昨年100周年を迎えました宝塚歌劇団入学試験(オーディション)について書いてみます。

宝塚歌劇団に入団したいという方はもうここに書かなくてもおわかりの様に、女の子だけの劇団です。
・・・というか日本国民ほぼご存じですよね!

私たちはいろいろなミュージカルアクターのボイストレーニングやレッスンをさせて頂いておりますが、個人的に宝塚歌劇団は中でも過酷だと思っています。

お休みはほとんどないようです

劇場入りしたら週に1回の休演日のみお休み。あとはずーーーーーっと出演の日々です。
それが終わればすぐに次回作のお稽古に入ります。
本当に好きでないとやっていけません。
まずは受験したい方はこの日々を送る覚悟があるか

そして、入団の前に宝塚音楽学校と言う、とーーーーーーっても厳しい学校に入学をしなくてはいけません。

宝塚音楽学校の様子について

あまりに厳しい学校で有名でありますが、凄いのは根を上げて学校へ通わなくなる子が全くいないという事。
それだけみんな宝塚への入団を夢見ているという事ですね・・・。

話を聞いていると本当に過酷な学校です。
「立って寝れちゃいます!(学生さん談)」っていうくらい、あの10代の若い子たちが疲れに疲れ切ってしまう(笑)そんな過酷な学校です。

ただそれだけに同期との結束も強くなるそうです。
こう言っては語弊もあるかもしれませんが、やはり独特な特殊な学校でありますよね。

好きな方にとってはとっても刺激的で魅力的な2年間が送れます。

ここまでよ〜〜く読んで頂き、そしてよ〜〜〜く考えて下さい。
学生時代からそんな過酷な毎日を送ってでも、やはり宝ジェンヌさんになりたいと思っているあなた。

ここまで読んで頂き、やはりジェンヌさんになりたいと思っているあなた。
ここからが本題です。
受験までにどんな準備が必要か。

受験のプロセスについて

受験は基本的に春休み中3月後半〜 行います。
公式ページにはもう記載されています。
受験など詳細は宝塚歌劇団公式ホームページにて

今は昔と違って面接からの試験です。
(以前は最初から技術試験でした。)
面接に通らなくては歌唱、舞踊と見ていただく事はできません。

面接では、「容姿、口跡、動作、態度、華やかさ」等、宝塚歌劇の舞台への適性を審査します。
と書いてあります。

今からでも遅くはありません。

言動や姿勢等、宝塚歌劇団にいて恥ずかしくない様、普段から振る舞いを気にしてください。
「面接の時だけ清く正しく美しくしよう」としたって無理です。
面接官に内からにじみ出るものは見抜かれてしまいます。

お料理の食べ方をとってもその1つです。
行動1つ1つをチェックしてみてください。

面接はお部屋に入る前から始まっていると思ってください。
あなたの移動の仕方、そして歩き方はどうでしょうか?
待機中の姿勢はどうでしょうか?
先生方と話す時の姿勢や目線ももちろん大切ですが、誰にも会っていない時の行動もとっても大切になります。

これは劇団に入ってから思う事かもしれませんが、下級生の方も楽屋入り、入り待ちでのファッションや行動は色々な人に見られています。
「どうせ舞台じゃないからすっぴんジャージでいいだろ?」なんて事はありえません。
こういう細かい所も面接や音楽学校在学中の2年間で磨かれるのだと思います。

第2次審査は面接・歌唱舞踊

歌唱では毎年変わる課題曲(基本的には日本歌曲、イタリア歌曲)を審査員の先生方の前で歌います。
娘役希望の方は特に歌唱はできていないとダメです。

課題曲は何曲かあります。
あなたに合う課題曲を選曲し歌唱しましょう。
やはりそれには担当ボイストレーナーや第三者の意見が大切になってくると思います。

そして新曲視唱もあります。
これは「初めて見る楽譜をすぐ歌えるか?」という脳力を見ます。
宝塚歌劇団はオリジナルの作品もたくさんあります。
初めての楽曲にすぐ対応できるか、という脳力を見ます。
レベルはコールユーブンゲン5度音程程度です。
コールユーブンゲンについては必ずトレーナーと練習する必要があります。
独学でお勉強する前に必ずトレーナーにつきましょう

ちなみにコールユーブンゲンはもちろんミュージカルアクターにもいいお勉強になります。
宝塚と同じで、オリジナル作品をすぐ覚える力がつきますし、音楽の基礎、秩序を学ぶにも最適です。
VTクライアント様で興味がある方はおっしゃってくださいね。

舞踊は以前だと必ずパンシェ(これについてはググってみてくださいね)は必須。
クラシックバレエができていないとついていけない内容でしたが、今は違う様です。
リズム感、柔軟性、運動能力等、ダンスの適正を見るそうです。

音楽学校で2年間学ぶ訳ですから、もちろん最初から上手な方は最高にいいです。
が、その人の素質、本質も見てくれるテストの内容に変わっているみたいです。
・・・とはいえ、素質があっても必ずバレエのお稽古は行ってくださいね。

ハリウッド式ボイトレを詳しく学ぶにはこちらからどうぞ!!

【VTチーム公式LINE】
トレーニング法やお得な情報がタイムラインに上がってきます!
VTチームと友達になろう!

友だち追加

この記事を書いた人

武富ゆき
武富ゆき
セス・リッグス Speech Level Singing公認インストラクター(2011年1月〜2013年12月)
Institute for Vocal Advancement公認インストラクター
昭和音楽短期大学部 ミュージカルコース卒業

オーディション合格者多数。
Pocket

投稿者: 武富ゆき