ボイストレーニングならVT Artist Development

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

よいボイストレーナーとは?トレーナー・歌唱指導の先生の探し方

/ ボイトレ体験談 ボイトレ裏事情

Pocket

これから「ボイトレをやってみようかな」と考えている方の中には「ボイトレをやるならよい先生に習いたい!」と思う方も多いでしょう。
また「すでにボイトレを習っているけど、なかなかよい先生と出会えない」といった方もいるかもしれません。

今回はそんな方に向けて、

• よいボイストレーナーとはどんな人か
• プロの歌手とボイストレーナーの関係
• 得するレッスンの取り組み方

をお話しします。

動画では僕(桜田ヒロキ)とVTボイストレーナーの三浦優子、Musical Current主宰プロデューサーの清水blueの3つの視点からの話が楽しめるので、ぜひ動画とあわせてご覧ください!

よいボイストレーナーとは?正しい発声を教えてくれるボイストレーナーがよい先生?

ボイストレーナーとは正しい発声のしかたを教える仕事ですが、僕たちボイストレーナーとしては「歌手のピースのひとつになってあげられればいいな」と思っています。

どんなに優れたボイストレーナーであっても、誰かのパズルのピース「すべて」になれることはないんです。
もし誰かにとってすべての存在になってしまったら「自分はここで、こうやって歌いたい」といった気持ちもなくなってしまうでしょう。

動画で清水blueさんが「生徒を囲い込むボイストレーナー」についてお話しされていますが、
生徒さん側でもボイストレーナーのいうことだけを信じる、委ねる姿勢になってしまうと、いくら頑張ってもそのボイストレーナーのコピーのようになってしまいます。

また、「こうしなさい」「こう歌いなさい」とすべて決められていては、うまくいっているように見えてもボイストレーナーの元を離れればとたんに歌い方がわからなくなってしまうでしょう。

歌に物語を感じさせる表現力の「大もと」となる部分は、いろいろな経験を感受性豊かにとらえて自分のものにしていく作業が必要です。ボイストレーナーにすべてを委ねてしまわず自分の意思を大切にしましょう。

プロの歌手は「ボイストレーニングの分野」でボイストレーナーを信頼する

ボイストレーニングに通う方の中には正しい発声で歌うことがゴールになってしまう方もいますが、プロの歌手に必要なのは正しい発声だけではありません。
プロのアーティストの歌に感動するのは発声の技術が優れているからだけではないですよね。

僕はプロの歌手のボイストレーニングも行なっていますが、第一線で活躍する人たちはボイストレーナーのことを、ボイストレーニングという「分野」において非常に信頼してくれていることが多いです。

明確な自分自身のビジョンをもっていて、あくまでもパズルのピースのひとつとして信頼感を寄せてくれているんですね。
自分という人間をそのまま預けてしまうことはなく、自分を構成するピースのひとつの分野において、その道のプロを信頼する。
そういった姿勢は素直に「すごいな」と思いますし、非常に学ぶべきところがあると思います。

歌手を目指してボイストレーニングに通う方は「自分はこうしていきたい」というビジョンを持って、理想に近づいていくために「歌の分野ではボイストレーナーの力を借りる」と考えることをおすすめします。

そう考えると、よいボイストレーナーとはすべて「こうしなさい」「こう歌いなさい」とやり方を押し付けるのではなく、「自分はこう歌いたい」という音楽性を育てるボイストレーナーといえるでしょう。

レッスンの取り組み方・マインドを見直そう

繰り返しになりますが、生徒さん側もボイストレーナーにすべて委ねるのではなく、自分が何を求めてレッスンを受けるのかを明確にすることが大切です。
その上で、自分を作るピースのひとつとして信頼できるトレーナーを選びましょう。

もちろん、自分にすべて合わせてくれるボイストレーナーがよいというわけではありませんよ(笑)

レッスンにきても聞く気がない、アドバイスを取り入れようとしないのであれば、こちらが一生懸命教えても「しっくり来ない」「ウマが合わない」といった結果になってしまいます。
これでは生徒さん側が得られるものも少なくなってしまいますよね。

レッスンの取り組み方やマインドによっても、そのレッスンがあなたにとってどれくらい有益なものになるかは変わってくるのです。
ボイストレーナーと生徒さんが一緒になってレッスンを作り上げていければ、コストパフォーマンスはぐっと引き上げることができます!

せっかくお金を払ってレッスンを受けるのであれば、ボイストレーニングの時間を最大限に有効に使えるよう取り組み方・マインドを大切にしてみてください。

今回のポイントは?

今回は、よいボイストレーナー・歌唱指導の先生の探し方についてお話ししました。
重要なポイントは3つです。

• よいボイストレーナーとは生徒の「音楽性から」育てるボイストレーナー
• ボイストレーナーにまかせきりはNG。自分の理想を明確にしよう
• レッスンへの取り組み方で有益性が変わる!ボイストレーナーと一緒にレッスンを作り上げよう

ボイストレーニングでは、少なからず歌声・歌い方に変化が起こります。
変化に慣れていないと戸惑いや怖さを感じることも多いものですが、そんなときボイストレーナーが安心できる人物であれば心強いですよね。

VT Artist Developmentには、経験と実績ともに豊富な講師陣が揃っています。
一緒に理想に近づけるレッスンを作り上げていきましょう!

桜田ヒロキのレッスンについてはこちらをご覧下さい

この記事を書いた人

桜田ヒロキ
桜田ヒロキTwitter:@hiroki0059
セス・リッグス Speech Level Singing公認インストラクター(2008年1月〜2013年12月)
VocalizeU認定インストラクター

アメリカ、韓国など国内外を問わず活躍中のボイストレーナー。
アーティスト、俳優、プロアマ問わず年間2000レッスン以上を行うボイストレーナー。
Pocket

投稿者: 桜田ヒロキ