VT Artist Development BLOG

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

最新記事一覧

  • 頑張り方がわからない? そんな人の為の目標の決め方

    / シンガーのマインドセット

    「歌手を目指したいけど何をしたらいいかわからない。」 「どうやって頑張ったらいいかわからない。」 そんな人に向けて書いてみました。 「何を頑張ったらいいのかわからない」という状態は、まず目的が定まっていないことが原因です。 そんなときは、まず目標をたてることからはじめましょう。 目標を立てるときは、それらが達成できた時【誰の目にもわかるもの】にするのがポイントです。 そして重要なのが、目的と目標の違いを理解しておくことです。 なぜなら、目的達成のために、目標設定があるからです。 しっかり計画・目標設定をしよう 例えば旅行に行くとき、行き先を決めずに出発する人っていないですよね。 ①自分が今いる場所を確認して ②向かう場所を決める(例えば東京) ③交通手段を決める(新幹線、電車、ヒッチハイクなど) 旅行に行くときはこのようなステップで決めていきます。 実はこれは、人生においても同じことが言えるんです。 目標の設定方法 順番としては、、、 ①現在地の把握→②目的地の設定→③目標(手段)の設定 になりますね。 … 続きはこちら≫

  • 【動画で解説】歌うと喉が痛くなる!〜リラックスしながら歌う方法とは?〜

    / ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング

    「歌うと喉が痛くなる・・・」「カラオケに行った後、喉が枯れている」 そんな風に感じたことはありませんか? 実際にレッスンに来られる多くの生徒さんたちは、そんな悩みを持っています! 今回は、そんな悩みを解決していきましょう! 歌うと喉が痛むのは何故? 今回動画に出て頂いた生徒さんは、“大きな声が出ないのに喉が痛い”という悩みを持っています。 どうして喉が痛くなるのでしょうか? 歌うと喉が痛む原因は、“過緊張”によるものと考えられます。 “過緊張”は何故起こるのかと言うと、筋肉の使い方のバランスが悪いためです。 これを筋肉の“インバランス”と呼んでいます。 例えば、筋肉Aがうまく働いてないと、筋肉Bが補わなければならない状況になります。 しかし、筋肉Aは筋肉Bの動きは出来ないので、余計な力が加わってしまうのです。 要するに、「使うべき筋肉が十分に働いていないから、別の筋肉でその補填をする。その筋肉は本来の使うべき筋肉ではないため非常に強く働かなくては行けない。 ・・・結果、苦しくなる」という理屈ですね。 その結果、“過緊張”はどんどん… 続きはこちら≫

  • あなたはどっち?2つのベルティング発声を比べてみよう!

    / ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング 歌唱・ボーカルスタイル

    力強い高音や歌声に憧れる方は多いですよね。 この高音域を力強い声で歌うことを「ベルティング発声法」と言います。 「こんな歌声でかっこよく歌ってみたい!」 と憧れる方は多いのではないでしょうか? ただし、このベルティング発声法は、かなり上級者向けの発声テクニックであるのと同時に、声の種類によってかなり音色に個体差が出ます。 例えば、ベルティング発声について科学の力を借りつつ最新の考察のブログで例に挙げたイディーナ・メンゼル(Idena Menzel)のベルティングを聴いて 「ここまでアグレッシブな音色でないといけないんだ!でも全然出来る気がしない!」 と考えてしまう方は多いと思います。 今回はブロードウェイの世界で一般的に使われる「ベルティング発声」を基準に2つの声種別のベルティング発声を聴き比べてみましょう! 「ベルティング発声」と「叫び声」の違い ベルティングって力強い声だよね!? シャウトするって事だよね!? 叫ぶって事だよね!? 落ち着いて・・・・!(笑) 確かにベルティング発声は、「楽曲の中で叫ぶ事を音楽的表現に昇華する技法」… 続きはこちら≫

  • あなたは「練習する事」と「歌う事(演奏する)」の違い。知っていますか?

    / シンガーのマインドセット ボイトレ裏事情 ミックスボイス 歌唱・ボーカルスタイル

    あなたは「歌を練習する」と言うと何を連想しますか? ある曲をひたすら最初から最後まで繰り返し繰り返し歌う? 色々な曲を最初から最後まで繰り返し歌う? それをもし「それは練習とは言わないかもしれないね。」もしくは 「100ある練習の中の1つにしかならないよ。」と言われたらどう思いますか? 今日は、歌を最短で上達させる練習法の1つを紹介します。 今回はとっても重要な練習の取り組み方についてです。 「練習する時間」と「演奏する(歌う)時間を分けよう! 「今日は練習するぞー!」と気合いを入れてスタジオやカラオケボックスを予約したのに、 「いつも歌っている楽曲を何回か歌って終わってしまった・・・。結局何が上達したのかよく分からないや。」 となってしまう事ってありませんか? そんな練習なんだか、、、、ただただ声を出しただけ、なんだかよく分からない時間を過ごさないようにするためにオススメの方法は、、、、 「練習する時間」と「歌う時間」を明確に分ける事です。 では、、、練習って何? ここでは練習の定義について考えてみましょう。 1 … 続きはこちら≫

  • 【ベルティング習得動画】 BeyonceのListenをかっこよく歌いたい!

    / ミックスボイス 歌唱・ボーカルスタイル

    Beyonceと言えば力強い高音や歌声が特徴の歌手ですよね。 この力強い声で歌うことを「ベルティング発声法」と言います。 「こんな歌声でかっこよく歌ってみたい!」 女性なら一度は憧れるのではないでしょうか? ただし、このベルティング発声法は、かなり上級者向けです。 初心者の方にはなかなか至難の技・・・。 「それでも歌ってみたい!!」 そんな思いを寄せている方たちのために、今回はレッスンを通じてベルティング発声方法を解説していきます。 Listenでベルティングレッスン【公開動画】 from 桜田ヒロキ on Vimeo. どんなトレーニングをすればいいの? まずは歌声を作るためのトレーニングがとっても大切! 例えば、積み木でお城を作るためには、土台がなければ作れませんよね? 同じように歌声も、“発声”という土台から作り上げないといけません。 そのためのトレーニング方法をご紹介していきましょう! 〜ヴォーカルフライ(エッジボイス)を使う〜 ヴォーカルフライ(エッジボイス)とは、地声の一番低い所から繋がる発声法です。 (声… 続きはこちら≫