VT Artist Development BLOG

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

最新記事一覧

  • よいボイストレーナーとは?トレーナー・歌唱指導の先生の探し方

    / ボイトレ体験談 ボイトレ裏事情

    これから「ボイトレをやってみようかな」と考えている方の中には「ボイトレをやるならよい先生に習いたい!」と思う方も多いでしょう。 また「すでにボイトレを習っているけど、なかなかよい先生と出会えない」といった方もいるかもしれません。 今回はそんな方に向けて、 • よいボイストレーナーとはどんな人か • プロの歌手とボイストレーナーの関係 • 得するレッスンの取り組み方 をお話しします。 動画では僕(桜田ヒロキ)とVTボイストレーナーの三浦優子、Musical Current主宰プロデューサーの清水blueの3つの視点からの話が楽しめるので、ぜひ動画とあわせてご覧ください! よいボイストレーナーとは?正しい発声を教えてくれるボイストレーナーがよい先生? ボイストレーナーとは正しい発声のしかたを教える仕事ですが、僕たちボイストレーナーとしては「歌手のピースのひとつになってあげられればいいな」と思っています。 どんなに優れたボイストレーナーであっても、誰かのパズルのピース「すべて」になれることはないんです。 もし誰かにとってすべての存在に… 続きはこちら≫

  • 【ミュージカル】プロが歌う前にする準備と時間、練習回数は?

    / オーディション対策 ボイトレ裏事情

    「ミュージカルのステージに立つプロは、歌う準備にどれくらい時間をかけるの?」 こんな疑問を持ったことはありませんか? プロだから準備なんてしない?ちょっとの練習で歌えるのがプロ? いいえ、プロだからこそ、おそるべき量の練習をしています! 今回は、劇団四季「マンマ・ミーア!」初演メンバーであり、ボイストレーナーとしても活躍する平岡由香がプロの裏側をご紹介。 ・ミュージカルのプロが歌の準備にかける時間 ・歌う準備をするために必要なこと ・プロの練習時間はどれくらいなのか についてお話しします。 ミュージカルオーディションの日は3〜5時間前から声の準備を ミュージカルのオーディションなど自分にとっての「本番」がある日には、声を出す3〜5時間前には起きて声の調子を整えるようにしましょう。 起きてからすぐは体がなかなか起きて来ないので、ウォーミングアップをしてもベストな状態の声が出ません。 私の場合、ミュージカルなら大体サウンドチェックの1時間前に現場に入り、待ち時間に声の準備をします。 寝起きに声が出にくいのは、生活の中でみなさ… 続きはこちら≫

  • 音楽監督と歌唱指導の違いは?ミュージカルを作る側の裏話

    / オーディション対策 ボイトレ裏事情

    ミュージカルの公式サイトやパンフレットなどには、役名が続いたあとに 音楽監督 歌唱指導 という肩書きを持った人がクレジットされていますよね。 「2つの違いは一体何?」「どんなことをしているの?」という素朴な疑問に、劇団四季ミューカル『マンマ・ミーア!』初演メンバーであり、歌唱指導の経験も豊富な平岡由香がお答えします。 裏側にも詳しくなると、ミュージカルの世界がより楽しくなりますよ! ミュージカル歌唱指導はアプローチのしかたを教える人 ミュージカルの「歌唱指導」とは、その名のとおり役者さんたちの歌い方や発声を指導する人のことです。 もちろん、指導する人は自分の好きなように指導してよいわけではありません(笑) ミュージカルでは物語と演出、ステージングに合わせた歌い方をする必要があるので、歌唱指導は要素をひとつひとつ理解し、「どうしたら効果的なアプローチができるか」を考えて指導する役割です。 加えて、役者さんがどういった芝居をしたいかも考慮して、… 続きはこちら≫

  • レ・ミゼラブルオーディションの必勝法!大切なのは「好印象」な個性

    / オーディション対策

    世界的に有名なミュージカル「レ・ミゼラブル」は、日本でももちろん大人気。 「レミゼ」の舞台に立つことを目指して歌を練習している方も多いでしょう。 そこで今回は、「レ・ミゼラブル」のオーディションを受ける際に、絶対に知っておいた方がよいことをお話しします。 「レ・ミゼラブル」以外のオーディションにも共通する部分が多くあるため、これからオーディションを受ける予定の方、受けたいと思っている方はぜひ最後まで読んでみてください。 一次審査では自分を最大限に発揮できる曲を選ぼう 「レ・ミゼラブル」オーディションの一次審査は音源審査です。 歌唱映像をYouTubeにアップする、CDに曲を収録して送る方法がありますが、どちらも収録曲は1曲(日本語)で、劇中歌はNGです。 課題曲ではなく、自分の得意な曲を選ぶスタイルとなっています。 裏話的ですが・・・ 「複数収録は失格」とされていますが、実際のところはずば抜けて上手であれば、2曲・3曲入れても失格にはなることはないでしょう。 また、ミュージカルのオーディションだからといって、歌う曲はミュージカル曲であ… 続きはこちら≫

  • オーディションの音源審査・写真審査で絶対にやってはいけないこと

    / オーディション対策

    オーディションの音源審査・写真審査で絶対にやってはいけないこととは? 「このオーディションは絶対に受かりたい!」 夢に向かって日々頑張っているあなたは、1つ1つのオーディションに対してこんな気持ちを抱いているでしょう。 しかし、オーディションで絶対にやってはいけないことはきちんと理解しているでしょうか? 「絶対にやってはいけない」というと少し強い言い方ですが、1回のオーディションを受けるだけでも準備や練習が必要ですから、できるだけマイナスとなる要素は排除して成果につなげたいですよね。 そこで今回は、オーディションでやってはいけない3つの行動をまとめて解説します。 これからオーディションを受ける方、受けたいと思っている方はぜひ参考にして、結果につなげていきましょう。 今回は元々「レ・ミゼラブル2次審査対策」として作成した動画ですが、 一般的なアーティストオーディションにも使える情報満載ですので、ミュージカルのオーディションだけではなく幅広い「オーディション対策の心構え」として読んで、観てくれれば幸いです! オーディションで… 続きはこちら≫