レッスン予約

BLOGブログ

ライブ経験が少なくてもベストなパフォーマンスが出来るマインドセット

皆さんこんにちは!VT Artist Development レッドラベル・インストラクター寺田りほです!

さて、今年7月14日にもVTLIVEの開催が決定し、
参加者も出揃った時期ですね!

ライブで人前で歌いなれている方もいれば、
人前で歌った経験が少ない方もいると思います。

経験が少ないとステージにあがり、
たくさんの人を目の前にすると緊張してしまって、

歌詞を忘れてしまう、
声が震えてしまう、
前を向いているのが恥ずかしい……

なんて思いをしている方もいるかもしれません。

経験があっても、なかなか思ったパフォーマンスが出来ずに
落ち込んでしまう…という経験もたくさんあるでしょう。

今回は、ベストのパフォーマンスで歌えるようなマインドに
どうやって持っていくかのヒントをお伝えしようと思います!

[1]まずは、不安が無くなるくらい練習する!

準備不足ほど怖いものはありません。

ーああ、あそこでいつも間違えてたな…
ー歌詞わすれちゃうそう…
ー構成が不安…2番の後ってどうなってるけ?

そうならないように、
まずは歌う曲をしっかりと練習しましょう!

[2]失敗しそう…と思ったら、イメトレ!

イメージトレーニングって意外にも効果絶大です!

【ステージに立って、人を見回して、イントロを聴いて、歌って…】

という一連のイメージトレーニングをしてみてください。

イメージの中で、「失敗しそう!!」というポイントがあったら、
そこを成功するまでイメージ出来るようになると良いですね!

[3]あなたのステージを大切にする!

以前素晴らしいシンガーとお話しした時に、

『まず、ステージはあなたのスペースなのだから、
(そのスペースを)こうやって歩き回ることもできる。
そして、お客さんひとりひとりの目を見て、
《今日は来てくれてありがとう。》と思いながら歌うの。
もし目を見るのが苦手なら遠く一点を見てればいいのよ。』

というお言葉を頂いた事があります。

ステージで、恥ずかしいから怖いからと縮こまらないで、
来てくれた方への聴いてくれている方への感謝をして、
いつもの自分の歌を歌えると必ず良いパフォーマンスができると思います。

わたしも、いつもライブ前に深呼吸して感謝してから、
ふっ…と自分の世界で歌えるように心掛けています。

[4]あとは、とにかく楽しむ!

練習のときは、あれやこれや考えて、
どうやったらもっと良く歌えるかを考えますよね。

でも、本番になったら違います

今までやった事を信じて、忘れてしまいましょう。
あとは、ただ自分の音楽が出来るように楽しむの一点のみ!

音楽は、歌は、楽しいものです。

それを忘れずに、楽しいライブにしましょうね!

寺田りほインストラクターのレッスンはこちらを見てみてくださいね!
お問い合わせを心からお待ちしております!

【VTチーム公式LINE】
トレーニング法やお得な情報がタイムラインに上がってきます!
VTチームと友達になろう!

友だち追加

関連記事

モチベーションが邪魔する?必ず歌を上達させるための唯一の方法とは?
テクニックを披露するだけの歌にならないように!
あなたが歌手として必ず成功するために必要なマインドセット

オススメの動画

ブリッジング強化ワークアウト (フリップ対策)

フリップとは地声側から裏声の方にケロンと入ってしまい、本当は地声・ミックス的な音色で歌いたいが完全にファルセットになってしまうタイプです。

動画を見る

あなたは正しく出来てる?〜軟口蓋を上げる際の落とし穴〜

「軟口蓋を上げて歌って!」などとレッスン中に言われたことはありませんか?しかし、実際にやろうとすると、ほとんどの人がやりがちな落とし穴があります。今回は、軟口蓋を上げようとするときに陥りがちな落とし穴と、それを改善するための練習方法について解説していきます!

動画を見る

フォールのやり方〜続編〜クールなニュアンスの歌い方とは?

フォールのやり方〜続編〜クールなニュアンスの歌い方とは?今回は、前回公開した動画の【フォールのやり方】についての続編です。

動画を見る

CONTACT

レッスンをご希望の方はこちらまで。