お知らせ

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

お知らせ

  • 声を重ねる楽しさ!!感動!!留学中で参加したクワイヤのお話。

    / お知らせ バークリー留学期 リズムについて 英語と歌唱 音痴・音程矯正

    VT Artist Development ボイストレーナーの石原優子です! 「ゴスペルを他で受けてるうちにもっと声を出せるようになりたいと思った」 そんな理由でVTにレッスンを受けに来てくれる方は少なくないのですが、 今日も1人レッスンに来てくれました。 その方は私の個人ページを読んで、 特にアメリカでゴスペルを歌っていた頃の体験談の部分に 感動して涙が出そうになったと言ってくれました! 嬉しい限りです。。。(>_<) そんなこともあり(?)、 今日はゴスペルクワイヤについて少しお話ししてみようと思います! 楽譜は一切使いません!! さて、石原優子ヴォーカルスタジオのページでもお話しさせて頂いたように、 私はアメリカでバークリー音楽大学の ゴスペルクワイヤと学校外の黒人教会のクワイヤと両方に参加していました。 学校内のクワイヤにも複数あり、大規模のものは生徒が指導をし、 小規模のものを先生が指導していましたが、 教会も含め、全てのクワイヤで共通していたのが、 … 続きはこちら≫

  • 何があなたの歌をぺたーっとさせているのか?(表現力のお話)

    / リズムについて 英語と歌唱

    皆さんこんにちは!VT Artist Development レッドラベル・インストラクター寺田りほです! 前回に引き続き、 『歌う事にどんなビジョンをもってエクササイズを練習していますか』 のお話です。 前回お話に出てきた【歌心】 これって言葉にするのが難しいですよね。 今回は、言葉で解明していきたいと思います。 何があなたの歌をぺたーっとさせているのか? 考えられるのは大きく分けて ◎リズム ◎発音 ◎声の色 ◎ダイナミクス ◎発声←今回は置いておきます でしょうか。 今回はここら辺をつるっと見ていきましょう! ①リズム これは本当に大切。 前にブログで書いたのですが、リズムが良いということはグルーブがあるという事なんです。 歌が上手になりたい人にとって、 4分音符をキープすることがリズムが良いでは無いです。 むしろ 16分音符、8分音符、4分音符、2分音符、全音符 全てを感じて欲しい、というのが本当のところ。 フレージングを… 続きはこちら≫

  • 「リズム感がない!」解決するための2種類の方法とは?その2

    / リズムについて

    VT Artist Developmentボイストレーナーの石原優子です! 以前「リズム感がない!」解決するための2種類の方法とは?その1 という記事を書き、その中で、リズムが悪い、甘いと言われる人には 大きく分けて2種類あるように感じます、と書きました。 ちなみにその1は音のタイミングがズレてしまっている場合、 というお話でしたが、読んでいただけましたでしょうか?笑 今日はその2ということで、続きを書いてみたいと思います。 その2、タイミングは合っているけどべったり聞こえてしまう場合。 まずは2種類の例を聴き比べてみましょう 例1 例2 どうでしょうか、違いがわかりますか? 何かが違うんだけど具体的に何かまではよくわからない、 という人もいるかもしれませんね。 1よりも2の方が音の長さやアクセントを意識して歌っています。 あえて文字にするなら、 「どしゃぶーりのごごをまってー」  ではなく 「どっしゃっぶーりのっごーごぅをまってっ」 みたいに歌っています笑 楽器を習っていたことがあって… 続きはこちら≫

  • 本場ニューヨークのミュージシャンも大切にしていること

    / ボイトレ体験談 リズムについて

    皆さんこんにちは!VT Artist Development レッドラベル・インストラクター寺田りほです! 実はわたし、1週間ほど音楽の本場ニューヨークに行っていました! 雲の上の存在であったミュージシャン達のワークショップの中で 私に衝撃を与えてくれたことは、きっと皆さんにも当てはまることです。 少しずつシェアしようと思います! あなたはどれだけリズムが重要か知っていますか? 日本に生まれ音楽を始めると多くの人がぶつかる『リズム』の壁。 よく先生に、 リズムにハマってないよ! もっとグルーヴがほしいね。 と言われる人も少なくないでしょう。 本場ニューヨークのミュージシャンはリズムをとても大切にしていました。 私が受けたワークショップはほとんどジャズでしたが、 ジャンルは関係ないですよね。全ての音楽で、リズムは最も大切かもしれません。 例えば、 すごくピッチが良いけどイマイチリズムに乗りきれないで歌っている歌と、 ピッチは完璧では… 続きはこちら≫

  • 「リズム感がない!」前回のブログの応用編をご紹介

    / リズムについて

    VT Artist Developmentボイストレーナーの石原優子です! 先日「リズム感がない!」解決するための2種類の方法とは? リズム感がない!その1という記事を書かせていただきましたが、今回はその追記です。 前回の練習が慣れてきたら応用編に進みましょう 曲やメトロノームに合わせて8分音符や16分音符で手や膝を叩く、 という練習を紹介しましたが、手や膝を叩くだけではなく、 口で実際に「タタタタ」と言うのも良い練習になると思います。 最終的には歌に繋げていきたいわけですしね。 だんだん慣れてきたら、 ”メトロノームを鳴らしながら、手で指揮を振りながら、口でリズムを言う” というのもありですし、指揮を振る代わりに、 ”足で4分音符を踏んで、手で2拍目と4拍目を叩きながら” というのもありですね。いろんなやり方が考えられます。 ただこういうのって文章だけだと伝わりにくいかもしれないので、 詳しく知りたい方は是非レッスンの中で聞いてくださいね。 曲を聴くときに意識してほしいこと 最初は慣れないとかなり大変かも… 続きはこちら≫

12