VT Artist Development BLOG

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

最新記事一覧

  • 歌ってストレス発散!ボストン直輸入!ゴスペルスタイル・ポップクワイヤ!!

    / お知らせ バークリー留学期

    VT Artist Developmentボイストレーナーの石原優子です! 石原優子プロデュース! ゴスペルスタイル・ポップクワイヤついに始動しました(^○^) ゴスペルとは「神の言葉」と言う意味があり、 ゴスペル曲は神に捧げる歌になりますが、今回はPOPS曲をゴスペル・サウンドの キレキレのアレンジで格好良く歌ってみよう!と言うプロジェクトです! サウンドがピンと来ない方。 まずはこれを観てみて下さいね! まったく曲を知らないメンバーが1時間30分練習するとこんなになっちゃうんですよー! みんなで一緒に歌ってストレス発散。 曲は予習なしでOK! その場で覚えて思いっきり歌おう! シンガーとしての素養や音楽能力を養うトレーニングとしても最適です! 少しずつ練習を重ねて最終的には 上でご案内したところを目指したいなって思っています! 今回やる曲もみなさんが知っている曲かもしれませんが、 何を歌うかはリハーサルに来てからのお楽しみ。 私がボストンに住んでいた時に通っていた教会では 指揮者が… 続きはこちら≫

  • テクニックを披露するだけの歌にならないように!

    / シンガーのマインドセット

    皆さんこんにちは!VT Artist Development レッドラベル・インストラクター寺田りほです! 今回のブログテーマは、初中級の人に多いかな… と見せかけてボイトレ上手な人でもありうるこんな悩み…… こちら! 皆さん、歌う事にどんなビジョンをもってエクササイズを練習していますか?? あなたが現役の歌手なら、 次のライブでこの曲をやりたい。 それまでに発音を良くしたい。 レベルを上げたい。 あなたが趣味でやっているなら、 カラオケで披露するときに少しでもいい歌を聴かせたい。 人に聴かせなくてもいいから上手くなりたい。 人それぞれに、目的や到達点っていろいろあります。 その為にボイストレーニングや発音矯正、 楽器の練習などを一生懸命やっていますよね。 私たちはどうやって発声するのか、歌うのかを教えていますが、 たまにボイストレーニングただそれだけ! になってしまうパターンに陥る方もいます。 ボイストレーニングが何の為にある… 続きはこちら≫

  • 天才の短命、もう一曲だけでも残してくれたら・・惜しまれた作曲家

    / おすすめアーティスト紹介 音楽の歴史

    こんにちは!米Institute for Vocal Advancement公認ボイストレーナー、パフォーマンス・ディレクターの武富ゆきです。 先日のアンドリューロイドウェバーの記事がなかなか好評でして ありがとござます!! お伝えしていた通りティムライスの事でも書こうかなーと思ったんですけど。 まずはこの人の事からどうしても書きたくて書いてみます。 私の大好きな作詞家の一人。 ハワードアシュマン/Howard Ashman 初めて聞いた時アシュラマンと間違えたのは内緒 というかね、私は彼とアランメンケンのコンビが凄い好きだったのです。 私がハワードアシュマンにハマった頃 (というかそういう人がいるんだなと認識をちゃんとした頃) 彼はもう既に亡くなっていました。 ファンレター書きたくても書けないんだなー と思った事をなんとなく覚えています。 当時はねーすぐファンレター送ってたからねー! 当時の宝塚トップスターの麻路さきさんとか、サッカー選手の中田ヒデとか! 話が脱線してしまいましたが… 続きはこちら≫

  • 好きな曲だけ並べちゃダメ?!良いセットリストの組み立て方

    / シンガーのマインドセット

    こんにちは! VT Artist Developmentレッドラベル・インストラクターの鈴木陽香(すずきはるか)です! 名古屋のVTチーム!VT.nagoyaついにオープンしました! インストラクターを務めさせて頂く私ですが、 普段様々な場所で歌わせて頂いておりまして (主にジャズやR&Bが多いです) その経験を生かしたブログが書ければと思い、 今回はライブの構成についてのお話をしたいと思います! 曲の構成はコース料理のようなもの ライブの構成ってやってみると意外と難しいんですよね。 私も人前で歌うようになってから共演するミュージシャンの先輩達からご指導を受けました。 自分の好きな曲だけ並べてしまうと、 一曲一曲はいいけど聴いてて飽きてしまったり、 ライブとしてのメッセージ性を失ってしまったり、 なんだかイマイチになってしまう、、、 例えばコース料理を食べに行ったとして 、もしこんなふうに出てきたらどう思いますか?? カレー ↓ 豚骨ラーメン ↓ オムライス ↓ ステーキ ↓ … 続きはこちら≫

  • 課題曲変更!?tomorrowより難易度UPの「アニー」オーディション

    / オーディション対策 オーディション情報

    こんにちは!米Institute for Vocal Advancement 公認ボイストレーナー、パフォーマンス・ディレクターの武富ゆきです。 なんだかまだ花粉が飛んでて死亡中の武富どんです。 今年はスギよりヒノキがひどいー!!! (この画像でくしゃみ出た方いたらすんませんw) ヒノキ風呂とか凄い好きなのに!!! 毎回レッスンで声が枯れていてすみませんm(__)m 5月後半からは美声に戻ると思います← さて、今日の話題はアニーについて。 ミュージカルアニーについて、というよりもちろんオーディションについて書きます。 ちょっと早い? いいえ、そんな事はござぁません事よ。 例えば今現在、アニーを受けたい!と思っている子達。 アニーに出て来る曲たちを歌ってみてください。 余裕で歌えますか? 余裕で歌える!なんて子達は回れ右。 アニーやアニーの孤児たちに選ばれた子達ですら、 アニーに出て来る曲の練習ではひーひー言ってます。 一番最初に出て来る”It's a hard knock life” … 続きはこちら≫