VT Artist Development BLOG

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

最新記事一覧

  • 歌いだした瞬間に喉がからむ!?原因と対策は?

    / ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 歌う前までなんともなかったけど、 歌いだした瞬間、喉に痰が絡んだ気がして咳払いをしたくなる。 あなたはこんな経験はありませんか? 原因は? 実は原因は意外とシンプル。 「歌を歌う時に生じる喉頭の内側に掛かる緊張が原因である事がほとんど」 だそうです。 話し声の音域を超える音量、 話し声を超える音域を出す事で喉頭、 咽頭が内側に過度に縮む。 それを喉は 「うわ!何か異物が入ってきた!」 と勘違いをし、咳払いをしたくなるのです。 アメリカのVocology in Practiceの カンファレンス内のIngo Tize氏の講義では、 「歌い出してから咳払いをするケースで、 喉や声帯に実際に痰が絡んでいるのを確認出来た事はほとんどない」 との事でした。 解決方法は? 原因がわかっていれば解決方法は簡単ですね。 喉が内側に閉まるようなアクションをなくせば良いわけです。 発声時に喉頭が上がり、 喉が内側にし… 続きはこちら≫

  • フォルマント同調は母音の判別が難しい??!

    / ミックスボイス

    みなさんこんにちは、VT Artist Developmentボイストレーナー小久保よしあきです! 今回は、前回ご紹介したフォルマント同調について もう少し説明していこうと思います。 フォルマント同調とは、 発声時の基本周波数と、 フォルマントの1番目(F1)の周波数ピークを あわせることで起こる爆音でした。 ところで、フォルマントというのは、母音によって そのフォルマント周波数が変わることが知られています。 というかむしろ、 F1とF2の周波数の組み合わせが変わるから、 母音に聴こえるのです。 僕らは、「あいうえお」と言ったとき、 瞬時に移り変わるF1とF2を聴きとって 「あいうえお」という5母音を認識しているんですね。 あれ? ということは、フォルマント同調って、 本当に歌で成立するの?という疑問が湧きませんでしょうか。 だって 出している音程とF1が合致してしまう=母音のためのF1が奪われてしまい 「あいうえお」を識別できなくなるんじゃないか?と。 フォルマント同調は歌詞が聞き取りづらい??… 続きはこちら≫

  • なぜ声楽的に大きな声は出せるのに、ベルティング出来ないのか?

    / ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は声楽的な出し方ですごく大きな声は出せるのに、 なぜかベルティング(地声的に強い声)が出来ないの? と悩む、特に女性に多い悩みにお答えしようと思います。 声楽的な発声はフォルマント同調と呼ばれる技術を使っている 小久保よしあき先生が女性のソプラノ的発声について 素晴らしいブログを書いてくれています。 歌声フォルマントと別のボリュームの出し方!?”フォルマント同調” フォルマント同調とは・・・ 裏声的な声で、 声量を作る技術 と考えればわかりやすいでしょう。 (ちょっと乱暴な書き方ですが・・・。) 裏声的な出し方は倍音をあまり含まない声なので、 基音(=音程)そのものがある程度エネルギーを 発信出来る音域でないといけません。 小久保先生は「ほとんどA4 (440Hz)以上」と言っています。 ではベルティングとフォルマント同調の要素を整理してみましょう。 ベルティングの要素 ・地声的な発声(倍音を豊富に含む)… 続きはこちら≫

  • 艶のある素敵な声で話したくありませんか?

    / 話し声とボイトレ

    こんにちは!米Institute for Vocal Advancement公認ボイストレーナー、パフォーマンス・ディレクターの武富ゆきです。 さてさて、今日の話題は話し声。 twitterにもちょっと書いていましたが、 先日福永君が出演されていましたキスミーケイトを観に行きました(^^) ツアーはまだ続いていますので、お近くの方は是非に♪ 一路真輝さんも安定の美しさ! スギちゃんも出てて驚きました!! 私の大好きな作品の一つ😘 やっぱり役者さんは皆さん声に艶があります。 皆さん思った事はないですか? プロの人ってもう話し声から美しいなと。 「俳優やビジネスパーソンのボイトレって?」 このブログに 桜田ヒロキや小久保よしあきは会話時にも G4程度の高さを頻繁に出していますし (アメリカ人の平均音域よりも7音上)、 安倉さやかはE5程度の高さを頻繁に使っています。 (アメリカ人の平均音域よりも4音上) この音域は通常、トレーニングをしている方でなければ 歌唱時に発声するのも一苦労な音域になります・・・。… 続きはこちら≫

  • モチベーションが邪魔する?必ず歌を上達させるための唯一の方法とは?

    / オーディション対策 シンガーのマインドセット

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は「歌が上手になるためのマインドセット」だけではなく、 技術を確実習得にするための方法についてお話しようと思います。 僕のクライアントさんはご存じの方も多いと思うのですが、 僕は1年か2年に一つ、何か新しい習い事を始める事にしています。 これは自分が常に初心者の気持ちを忘れないようにするために始めた事です。 ボイストレーニング(新しい先生と) イヤートレーニング ピアノ パーソナルトレーニング キックボクシング クラブマガ 等々、どれも1〜2年に一度始めるのは良いけど、 辞めずに全部続けているから、 もうぼちぼち時間が本当に無くなってきました。(笑) 技術習得とは意外に単純なプロセス この「新しい事を学習する」と言う事から 全てにおいて共通する事がわかってきました。 そんな事わかるのに何年掛かってるんだ! って怒られそうですが、 僕個人的はすごく感覚的な人間で体感を通じて 「あ、なるほど!」 ってなるまで納得出来な… 続きはこちら≫