ミックスボイス

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

ミックスボイス

  • 3kHzが強調されると何故より力強く聴こえるの?【ヲタク向け】

    / ミックスボイス

    みなさんこんにちは、VT Artist Developmentのボイストレーナー小久保よしあきです! 前回の僕の記事では、歌声フォルマントについて取り上げました。 映像で観る歌声フォルマントはこれです↓ 主に3kHz付近に出現する強い音の成分が、歌声フォルマントの正体でした。 力むのではなく、声道内のある共鳴腔の条件を満たすことで強調される音色、 ということがおわかり頂けたかなと思います。 詳細は前回の僕の記事をご覧ください。 今回は、 3kHzが強調されるとなぜ大きく聴こえるのか、 その理由について考えてみようかなと思います。 前回以上にオタク向きです。 これを知ったところで発声が良くなるわけでもないので、 興味なければまじで読む必要ないです(笑)。 皆さんにとって一番大事なのは、知識ではないはずですから(じゃあ書くなよw) 聴覚音声学から考えてみる 3kHz強調の根拠について、聴覚音声学の観点からお話をしようと思います。 耳で聞き取ることに関する音声学です。 みなさん、外耳道というのはご存知でしょうか? 耳の穴… 続きはこちら≫

  • 歌声フォルマント(Singer’s Formant)について

    / ミックスボイス

    みなさんこんにちは、VT Artist Developmentのボイストレーナー小久保よしあきです! この歳になってようやく勉強が楽しいと思えるようになり(笑)、明らかに学生の頃より勉強しています。 時間も能力も足りなくて困っています!誰か脳みそ交換してください! さて今回は、歌声フォルマント (英語ではSinger's Formant。もしくはCluster Formantと呼ばれています) というものについて書こうかと思います。 歌声フォルマントって何? すっごい歌の上手いシンガーって、 「ボリュームがあって響きのある鳴るような歌声を、楽に出しているなあ」と思いませんか? このような歌声のシンガーは、歌声フォルマントという特定の周波数帯域を強調して歌っています。 この周波数帯域は2500〜3500Hz付近のようです。 歌声フォルマントを聴いてみる 実際に歌声フォルマントの出ている発声を聴いてみましょう。 すごいボリューム出てそうですね。 この動画では、 1 何もしていない状態 2 2500〜3500Hz… 続きはこちら≫

  • ベストを出すための曲選び!!考え方をご紹介

    / シンガーのマインドセット ミックスボイス

    皆さんこんにちは!VT Artist Development レッドラベル・インストラクター寺田りほです! 今回は『曲選び』についてお話をしたいと思います! レッスンの為の曲選びというよりは、 ライブやオーディションなど実際に人前で歌う場合のお話になります。 皆さんは自分を輝かせる選曲をできていますか? 例えばライブで5曲から10曲以上選ぶときや、オーディションの為の勝負曲。 アップテンポ、ミディアム、バラード…などを組み合わせたり、ドラマチックな山場のある曲を選んだり。 バランスを考えて選曲するのも大切な事のひとつです。 しかしそれだけではなく 『あなたを輝かせてくれる曲かどうか』 もとっても重要な事なんです! 曲って選ぶのすごく大切だし大変です。 自分の個性がはっきり出るし、自己プロデュース力の一つだと思います。 大好きな曲=ライブで歌う曲? 実は私、「この曲大好き!!!」という曲でも「ライブでは絶対出来ない…!」なんて曲、たくさんあります。 今の自分の声では扱え… 続きはこちら≫

  • 英語で「お」の母音をマスター♪

    / ミックスボイス 英語と歌唱

    VT Artist Developmentボイストレーナーの石原優子です! バークリー音楽大学で学んだ英語の発音技術をみなさんにおすそわけするコーナーですが、 早いものでこの英語の発音シリーズも第5弾になりました。(笑) 前回まで「あ」「い」「う」「え」と母音を順番に紹介してきたので、今回は「お」母音について書いてみたいと思います。 「お」にあたる母音は、基本的には2つです! AW : オー(長母音) 発音の仕方: 口を縦に大きく開ける。顎をリラックスさせて落とす 実際に使われる単語: call, small 実際の発音 : AW OH : オウ(二重母音) 発音の仕方: 口をしっかりすぼめ、唇を突き出す。 実際に使われる単語: no, go 実際の発音 OH 発音のコツは? 特にポイントになるのがOH、オウの方です。 カタカナ英語だとnoはノー、goはゴーですよね? でもこれらは本来「ノウ、ゴウ」と発音されるのです。 ちゃんと意識をしていないと、大抵の日本人の耳にはAWもOHも両方共オーに聞こえるし、オーと発音され… 続きはこちら≫

  • 「う」の母音。高音ひっくり返りやすくないですか?

    / ミックスボイス 英語と歌唱

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! バークリー音楽大学でも使われる発音矯正プログラムを少しお見せするコーナーですが、今回は石原優子インストラクターが「う」母音について書いてくれました。 優子先生が書いた「う」母音についてのブログ 読んだ?(笑) 実はこの「う」の母音、高音域を歌うのには、ちょっとやっかいな母音になります。 なんせ、この「う」母音は、高い音で、ひっくり返りやすい特徴があります。 メソッドによってはFalsetto Vowel(ファルセット母音)とも呼ばれているくらい裏声に持って行きやすい母音なんです。 理由はフォルマントが関係しているのですが、、、とりあえずおいておきましょう・・・。 あ、でもこのフォルマントの特性があるからコーラスでは「う~」ハモりが多く使われると言う事もあるのですが、、、詳しくはレッスン時に聞いてください。(笑) ちなみに具体的な「う」母音の攻略法はこちらのビデオをご覧ください。^^ MISIAさんのEverythingで、う母音を攻略! 英語の母音を日本語… 続きはこちら≫