ミックスボイス

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

ミックスボイス

  • 「高い声を出せる」は才能ですか?→はい!そうです。

    / ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は 「高い声をボイストレーニングで出せるようになるか?」 にお答えしようと思います。 答えは簡単。YESデス。 これは現代のボイストレーニング法を勉強している方からすれば簡単な答えです。 ただ、よくある質問は、 「私の声はどこまで出る様になるんですか?」 です。 これには個人差があるので、「どこまで」とは答え辛いものです。 では、高い声を出すための要素とは? 「訓練出来る要素」と「訓練出来ない要素」で分けて見ると興味深いと思います。 【訓練出来る事】 ・輪状甲状筋の発達度合い 声帯を引っ張る動きをする筋肉なので、 この筋肉が発達しているほど、高い音が出しやすいです。 ・甲状披裂筋(地声を作る筋肉)との輪状甲状筋のバランス感覚 輪状甲状筋と甲状披裂筋は逆の方向に向かう筋肉ですので、 高い音になればなるほど、「輪状甲状筋を強く」「甲状披裂筋を弱める」 低い音になればなるほど、「甲状披裂筋を強く」「輪状甲状筋を弱め… 続きはこちら≫

  • 声を強くするには「声門閉鎖」じゃダメ!?

    / ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は声のパワーの作り方についてお話してみようと思います! 「声のパワー」とは大きく分けて下記の2つに分けられると思います。 ・地声的な音色 地声的な音色の声は倍音を豊かに含んでおり、 その音色を出すだけで無条件に「力強い」と聞こえます。 音響的な理由はこちらのブログにかいていありますので、読んでみてくださいね。 共鳴腔の役割 倍音の基礎知識編 ただし、ここには必ずしも音量的な強さの意味は含んでいません。 ・声量(音量) これは単純に音量的なお話です。 裏声的な音色の女性のオペラは、やはり圧倒的な存在感があります。 ここには、「地声の音色的な力強さ」は存在しませんね? 声門の閉鎖=力強い声では無い? どうしても、ポップ系の音楽で力強い声と言うと、 この2つを両立させなければいけません。 ただし、多くのシンガーが間違った・・・ と言うか偏った認識や情報によって、閉塞的な・・・ 例えるなら 「少なくとも裏声ではないけど、キリキリしてて苦… 続きはこちら≫

  • ホイッスルボイスは2通りの出し方がある?

    / ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 先日のVocology in Practiceチームのコンファレンスで、 ユタ大学の音声学者Ingo Titze博士の話で興味深い話が出ましたのでシェアしたいと思います。 ホイッスルボイス(Whistle Tone)についてのお話です 「ホイッスルボイスって名前は聞いた事はあるけど、実際には聞いた事ない!」 と言う方もいると思いますので、まずはこちらの動画を見てみてください。 ホイッスルボイスって? 動画で見た通り、まるで笛(ホイッスル)のような声なので、 そのように名付けられたようです。 場合によってはピアノの最高音(C8)を超える事もあり、 超人的なボーカル技術の一つと言えると思います。 ただし、このレンジ(音域)になると言葉(母音) を発する事は出来ません。 声帯振動で作られる音は倍音を含ませる事が出来ず、 基音(F1 H1)のみを使った発声になるからです。 母音を作るためには最低でも (喉で作られた)F1と(口腔内… 続きはこちら≫

  • 3kHzが強調されると何故より力強く聴こえるの?【ヲタク向け】

    / ミックスボイス

    みなさんこんにちは、VT Artist Developmentのボイストレーナー小久保よしあきです! 前回の僕の記事では、歌声フォルマントについて取り上げました。 映像で観る歌声フォルマントはこれです↓ 主に3kHz付近に出現する強い音の成分が、歌声フォルマントの正体でした。 力むのではなく、声道内のある共鳴腔の条件を満たすことで強調される音色、 ということがおわかり頂けたかなと思います。 詳細は前回の僕の記事をご覧ください。 今回は、 3kHzが強調されるとなぜ大きく聴こえるのか、 その理由について考えてみようかなと思います。 前回以上にオタク向きです。 これを知ったところで発声が良くなるわけでもないので、 興味なければまじで読む必要ないです(笑)。 皆さんにとって一番大事なのは、知識ではないはずですから(じゃあ書くなよw) 聴覚音声学から考えてみる 3kHz強調の根拠について、聴覚音声学の観点からお話をしようと思います。 耳で聞き取ることに関する音声学です。 みなさん、外耳道というのはご存知でしょうか? 耳の穴… 続きはこちら≫

  • 歌声フォルマント(Singer’s Formant)について

    / ミックスボイス

    みなさんこんにちは、VT Artist Developmentのボイストレーナー小久保よしあきです! この歳になってようやく勉強が楽しいと思えるようになり(笑)、明らかに学生の頃より勉強しています。 時間も能力も足りなくて困っています!誰か脳みそ交換してください! さて今回は、歌声フォルマント (英語ではSinger's Formant。もしくはCluster Formantと呼ばれています) というものについて書こうかと思います。 歌声フォルマントって何? すっごい歌の上手いシンガーって、 「ボリュームがあって響きのある鳴るような歌声を、楽に出しているなあ」と思いませんか? このような歌声のシンガーは、歌声フォルマントという特定の周波数帯域を強調して歌っています。 この周波数帯域は2500〜3500Hz付近のようです。 歌声フォルマントを聴いてみる 実際に歌声フォルマントの出ている発声を聴いてみましょう。 すごいボリューム出てそうですね。 この動画では、 1 何もしていない状態 2 2500〜3500Hz付近… 続きはこちら≫