ボイストレーニングならVT Artist Development

VT Artist Development

BLOG

音程やリズムと同じくらい大切な事とは?

/ シンガーのマインドセット 英語と歌唱

Pocket

こんにちは!

VT Artist Development レッドラベル・インストラクターの鈴木陽香(すずきはるか)です!

前回の私が書いたブログに、歌の練習法やコピーをする事の大切さについて書きましたが、実はそれだけではないんです!

まだ読んでいない方は歌の練習法やコピーをする事の大切さについてはこちら。

コピーだけをしてると陥る欠点

コピーだけをしていても、いきなりStevie Wonder,やマライア・キャリーのようなアーティストになれる訳ではないのです。

たまに音のあり方だけ(音程、リズムのみ)を指摘する方もいますが、
フレーズや声色だけを真似ても、それだけでは伝わらないですし、それは成長を妨げてしまいます。

いきなり真似だけしても最初から上手くいかないのは当たり前ですし、近道はありません。
自分が伝えたい何かを自分なりに伝える努力するしかないんだと思います。

詞の中の登場人物のイメージを持って歌うこと

以前に桜田先生がおっしゃっていましたが、『詞の中の登場人物のイメージを持って歌うこと』はとても大切です。
私は音程やリズムや英語のイントネーションと同じくらいとても大事だと思います。

リスナーに伝わるっていう物はテクニック(複雑なフレージングやアドリブ)だけではないって私は思っています。
どんなに良いもの作っていても伝わらなかったら、悲しいじゃないですか。
(もちろん、テクニックも重要ですが・・・!)

ストレートに英語と感情をリンクさせて、ピッチよく組み立てていく。
奇抜なことや、余計な音数を全部省いても感動させられるようになれたら素敵ですよね。
みなさんもぐっとくる歌、大好きなアーティストがシンプルに歌う歌に
そんな感動を感じたことあるのではないでしょうか?

例えばですが、ジャズで例えるとややこしくて難しい曲より、
スタンダードのFly me to the moonで泣かせられたら究極です。

私もまだまだ悩むことも沢山ありますが、きっと誰もが通る道なので、ただ安直に答えを望むよりも悩むことが大事だと思って練習に取り組んでいる最中です!
ボイストレーナーとして「自由に表現出来るようになりたい」という歌い手さんのお役に立てるボイストレーニングを提供できればと思います。

音楽を楽しんで、音楽を愛して、音楽に成長させてもらい、音楽に救われながら日々精進していきましょうね!

※追記
鈴木陽香インストラクターは、VT.nagoyaでデビュー予定ですが、
東京でレッスンも行っております。
詳しくはお問い合わせ下さい。

関連記事

あなたは今年の目標。立てましたか?
くるしいけど、この練習って正しいの?
検索ワードトップ!あの俳優さん達の共通点と未来への投資のお話

この記事を書いた人

鈴木はるか
鈴木はるか
名古屋音楽大学 ジャズ・ポピュラーコース ヴォーカル専攻 2016年卒業
VT Artist Development認定 レッドラベル・インストラクター
愛知県名古屋市を中心にジャズ、R&Bを中心に歌手として活動。
2017年からはボイストレーナーとしても活動を開始する。
Pocket

投稿者: 鈴木はるか