2017年06月の記事一覧

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

2017年 06月 の記事一覧

  • そのベルティング、叫びあげちゃっていませんか?

    / オーディション対策 ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング

    こんにちは!米Institute for Vocal Advancement公認ボイストレーナー、パフォーマンス・ディレクターの武富ゆきです。 ミュージカル好きな方はよく聞いた事があると思いますが ベルティングボイス(唱法) 私のレッスンでもよく ベルティング教えてください という方が多いです。 巷ではベルディングボイスはいろいろな解釈で説明されています。 よく言われていることですが、 叫びあげる声 高音をまるで地声の様に歌う声 この2つこう書くとどうです? 全く違う声に思えませんか? 叫びあげる声はなんだか喉に悪そう。 高音を地声の様に歌うなんてかっこいい! まるで逆転の意味合いになってしまうのです。 しっかりインストラクターとして、 そしてシンガーとしてお勉強されてない場合、 しばしば見受けられるのは 高音(ヘッドボイス・裏声)の音域を地声で歌うなんぞありえない! よって叫びあげている! こうなるわけです。 いわゆる私たちの言葉で言うとプルしてるわけです。 … 続きはこちら≫

  • カラオケにて、ガイドメロディ入りで練習する落とし穴!!

    / 音痴・音程矯正

    皆さんこんにちは!VT Artist Development レッドラベル・インストラクター寺田りほです! 突然ですが、皆さんカラオケお好きですか? 私自身は最近あんまり行けてません…(悲)が、 生徒さんは練習がてらによく行く方も多いようです。 カラオケだと採点機能もあったりして、 そこでピッチが悪いのが悩みです〜〜 という人もチラホラいます。 そんな中、この間レッスンで生徒さんに歌を歌ってもらっている時、 『ガイドメロディがないと音が分かりにくくて…』 という悩みに遭遇! 今回はコレを解明しましょう! ピッチとガイドメロディ あまり知らない曲のガイドメロディを聴きながら 歌うのは導入的には良いと思います。 しかし、 よく知った曲でガイドメロディを 聴きながら歌うのはオススメしません。 是非オフボーカルに挑戦してほしいです! なぜかと言うと、 その曲のメロディの音だけを追う事になりかねないからです! 曲には、メロディとコードがあります。 でも、《メロ… 続きはこちら≫

  • マスターコーチGreg氏よりVTへのメッセージ頂きました!

    / ボイトレ体験談 ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今回は先日来日されましたGreg Enriquez氏について書こうと思います。 Greg Enriquezプロフィール Greg Enriquezは1991年に セス・リッグス氏より直々に選ばれ、セス・リッグスの協会に所属。 彼は多くのエンターテイメント業界関係者に最も優れ、 レコードヒットを生み出すためのヴォイストレーナーと考えられています。 数百人にも及ぶプロフェッショナルの歌手、 ダンサー、俳優を現在進行形でコーチしています。 さらに、彼はヴォーカルセラピー、歌唱テクニックのレクチャーのため、 世界中の学会や、オーディションマスタークラスにゲスト講師として出席しています。 Gregの結んだヴォーカルコーチとしての主要な契約は、以下のようになっています。 ・ミュージカル Grease on BroadwayのSandy役、         Linsay Korman(本ミュージカル最年少にて契約) ・ミュージカル「スターライト・エ… 続きはこちら≫

  • 声の処方箋Greg Enriquez氏来日レッスン体験記

    / ボイトレ体験談

    皆さんこんにちは!VT Artist Development レッドラベル・インストラクター寺田りほです! 今回は、6月1日から6日にかけて来日していた Greg Enriquez氏のレッスン体験記をお届けいたします! Gregのプロフィールは過去に桜田インストラクターが まとめているブログを発見したのでこちらご確認ください↑↑ とにかく、凄い…! なんちゅうアバウトな! という話なんですが、本当に凄いのです…! 私は30分という短い時間でしたが かなりステップアップを感じることが出来ました。 まず私の悩みを聞いて 『君が思っていることと君に起きていることは違うも知れないから、まず声を聞かせてね。』 と言い私の声を聴いたその時点で、 今私に何が起きてどうしたら良いのかを教えてくれるのです。 エクササイズを進めていくのも、 私に寄り添った形なのが手に取るようにわかり、 たった30分だけでも『この人について行けば大丈夫だ…!』 と、思えてきます。 … 続きはこちら≫

  • 男性だけが例外?!身長・声道・声帯の比率

    / ミックスボイス

    みなさんこんにちは、VT Artist Developmentのボイストレーナーであり勉強大好きなのに今年は思うようにできていない小久保よしあきです! ちょっとやることが多いもんで、、、 本当は時間作って一日中ずっと本読んでたいです。 学生が羨ましい!大学生に戻りたい(笑) さて、僕のブログ記事 「歌がうまくなるために全く価値のない科学的な情報シリーズ」 たいへん好評のようでありがとうございます。(笑) 前回まではシンガーズフォルマントのお話でした。 (※下にリンク貼っておくので、まだの方みてみてくださいね!) 今回はテーマ変えて、音声学の「たられば」について書いてみたいと思います。 みなさん「東京タラレバ娘」というドラマやってましたが、見ました?? 面白かったですね〜あれ。 あのドラマは全然関係ないですが、 音声学がそもそもこうだったら、、ああだったならば、、というお話です。 なおさら必要ない情報ですが 知識収集して妄想するのが趣味の方には面白い話かも知れません。 ざっくりと、音声学が産まれた… 続きはこちら≫