2015年07月の記事一覧

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

2015年 07月 の記事一覧

  • アニーオーディション対策 レジュメ編

    / オーディション対策 オーディション情報

    こんにちは!米Institute for Vocal Advancement公認インストラクター、パフォーマンス・ディレクターの武富ゆきです。 キッズ達は夏休みに入っておりますね!なんとも羨ましい・・・。 さて!← お休み明けのオーディション対策として、この夏にかける親子たちもたくさんいらっしゃると思います。 歌が上手!だけじゃ、このオーディションは落ちます 前にも書いた気がしますが・・・ただ発声が上手、踊りが上手!というだけでは受かりません。 立ち居振る舞いも大切ですし、お芝居の心の持って行き方もお勉強しなくてはいけません。 その上でどう心が動いて歌に繋げていくのか。 子供とは言え、ちゃんと理解してお稽古しなくてはいけませんね。 ※VTではもちろん歌以外のメンタルな部分やお芝居、立ち居振る舞いについてもフォローさせて頂いています。 ※ダンススタジオ等のご相談も承ります。 まずは書類審査通過を目指して さて、そんなオーディションの中、まず難関なのは一次審査を通ること。 書類審査で合格することです。 キッズの場合は自由曲や動画を… 続きはこちら≫

  • 小久保よしあきのボイトレ体験記 その3

    / おすすめアーティスト紹介 ボイトレ体験談 ミックスボイス

    みなさんこんにちは、VT Artist Developmentの小久保よしあきです! ボイトレ初回からのエピソードはこちらをご覧下さいね! 2009年末くらいまで(おまけ) 2010年以降については、実はボイストレーナーとしての勉強も並行しているので、もう少し自分が歌う側であるレッスン生として重要だったなと思うことを書いてみようかなと思います。 良い発声だと理解できる歌声を聴く あなたのVT Artistdevelopmentチームのボイストレーナーに「上手なシンガーを教えてください!」と相談してみてください。 VTチームのインストラクターがお答えした中で「あーこれは確かに発声上手だって理解できる!」という人を聴き込むといいです。 発声が良いか自分ではわからない歌声について、頑張って理解しようとする必要はないと思います。 (トレーナーになるわけではないですしね。) ちなみに僕が当時ピンときたのはこの辺。 小田和正さん ・・・動画貼り付けるまでも無くご存じですよね・・・?(笑) Andrea Bocelli W… 続きはこちら≫

  • 武富ゆき おすすめのミュージカルスター達!その2 (女性編)

    / おすすめアーティスト紹介

    こんにちは!米Institute for Vocal Advancement公認インストラクター、パフォーマンス・ディレクターの武富ゆきです。 前回、武富ゆき おすすめのミュージカルスター達!として書いた記事の続き編です。 今回もお楽しみあれ! まずは最近の私のイチオシからです!! Annaleigh Ashford 前回の武富ゆき おすすめのミュージカルスター達!その1Kristin Chenowetと比べてみてね! 映像悪いけれど・・・。 トニー受賞作品 Kinky boots からThe history of wrong guys タイトルがもう・・・(笑) Kinky bootsのヒロイン?なのか?この役所は。 私これ生で観たんです!さいっっっっっこうに良かった! こうして見ると、私、白人のブロンドのキュートな女の子が好きなのね・・・。完全趣味ですね。 私にないもの持ってる人は好きだ。(前回のブログと違う事言ってる。笑) そしたらこんなクールな役者さんも紹介しちゃうもんね! Pippinより… 続きはこちら≫

  • ミュージカル・アニーのオーディション対策は今からでは、もう遅い!?

    / オーディション対策

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 暑い夏も間もなく始まり、秋にはオーディション・シーズンになりますね! 今日は秋のビッグイベント、ミュージカル・アニー オーディションについてと言いますか、オーディション対策について書いてみようと思います。 ボイストレーニングという観点からオーディションに際して、結論から言うと「現状、オーディション曲の高音を当てる事が出来ない」と言う状態であり、 これからアニー・オーディションに備えると言う事を考えると最低でも3ヶ月間以上の発声訓練を積む必要があります。 女の子でも変声期状態? ・・・と言うのも、アニーのオーディションを受ける10歳〜15歳くらいの女の子は、男の子ほどではありませんが、軽い変声期状態に入っていると考えます。(医学的にこう言うのかどうかはわかませんが。^^;) 恐らく「本当に小さい時はTomorrowなんて楽勝に歌えてたのに!オーディション前になって出しにくくなっている!」と言うお子様は多いのではないでしょうか。 喉の軟骨、それに伴い声帯の質量も大きくなるた… 続きはこちら≫

  • カラオケで練習すると歌が下手になる!?その1

    / おすすめアーティスト紹介 ボイトレ裏事情

    カラオケで練習しまくると歌が下手になるというのをどの観点から言えば良いのか、文章にしてどのように伝えればいいのか、非常に悩みましたが ・・・なるべく誤解のない様に書いていこうと思います。 カラオケは趣味や遊びとしては最高に楽しめるものです。 日本人はカラオケ大好き。 私もたまに行く事があります。 この記事はカラオケを否定するものではありません 一人一人、「歌がうまい」という価値観も違うし、カラオケがうまくなりたい!という人にもVTチームは全力でレッスンをしていますし、カラオケファンを否定している訳ではありません。 実際にカラオケがうまくなりたいと思っている皆さんだって、誰かしらのアーティストが好きで、その歌を歌いたい訳で、その歌を歌っている人達がどんな思いで、どのようにあなたの心に届けているのか、以下の話をするととても目をキラキラして聞いて下さります。 ただ、プロの歌手やアーティストを目指している方がカラオケの延長線上に歌の仕事を見る方が非常に多く、それがとてもよくない傾向だと思っています。 私が現在沢山のプロ歌手のレコーディン… 続きはこちら≫