桜田ヒロキの投稿一覧

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

桜田ヒロキの投稿一覧

  • 声を休める?いや、練習する!?

    / 声の健康法・アンチエイジング

    「声帯がダメージを受けた場合、どれくらいの期間、回復に必要でしょうか?」 分子生物学者の答えは全ての歌手にとって重要なものでした。 - Ingo Titze博士 こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は非常に多くのシンガーから受ける質問 【声を痛めたら休養期間はどれくらいが理想?】 にお答えしようと思います! これシンガーでなくても思った事はあるんじゃないかな・・・? 治癒のために「動かす」重要性 一昔前までは「治癒」を促すためには 「動かさない事が1番!」と信じられてきました。 しかし今日では、必ずしもそれは正しくない事がわかってきました。 例えば、「腰や背中の手術をした。」 もしくは「出産時に帝王切開をした。」 いずれのケースも適度に動かす、 もしくは体を軽くストレッチをする事により治癒が早まる事がわかってきました。 これはこのまま声帯にも言える事だそうです。 回復までの時間 音声学者のIngo博士が興味深い質問を 何人ものプロの… 続きはこちら≫

  • 俳優やビジネスパーソンのボイトレって?

    / ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング 話し声とボイトレ

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! VTチームのレッスンには歌手だけではなく、 役者、声優、ビジネスパーソン、そして政治家の方まで幅広くいらしていただいています。 [caption id="attachment_2903" align="alignnone" width="300"] [/caption] このような方のレッスンへのリクエストを書くと・・・ ・印象の良い声にしたい ・自信があるような声にしたい ・声を嗄らさないようにしたい ・表現力を上げたい ・高音を改善したい(演技の時の) ・声量を上げたい これらが代表的なご意見です。 会話が与える印象とは「滑舌」か? 上に書いたリクエストを叶えるとなると、 いわゆる話し方のボイトレ・スクールでやるような滑舌練習よりも、 むしろ歌手向けにデザインされたトレーニングの方が有効な事が多いです。 考えてみてください。 話し声を聞いて 「好感を持てるな〜。」 と思った人の声は 「滑舌が良いな〜。」 から… 続きはこちら≫

  • マスターコーチGreg氏よりVTへのメッセージ頂きました!

    / ボイトレ体験談 ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今回は先日来日されましたGreg Enriquez氏について書こうと思います。 Greg Enriquezプロフィール Greg Enriquezは1991年に セス・リッグス氏より直々に選ばれ、セス・リッグスの協会に所属。 彼は多くのエンターテイメント業界関係者に最も優れ、 レコードヒットを生み出すためのヴォイストレーナーと考えられています。 数百人にも及ぶプロフェッショナルの歌手、 ダンサー、俳優を現在進行形でコーチしています。 さらに、彼はヴォーカルセラピー、歌唱テクニックのレクチャーのため、 世界中の学会や、オーディションマスタークラスにゲスト講師として出席しています。 Gregの結んだヴォーカルコーチとしての主要な契約は、以下のようになっています。 ・ミュージカル Grease on BroadwayのSandy役、         Linsay Korman(本ミュージカル最年少にて契約) ・ミュージカル「スターライト・エ… 続きはこちら≫

  • 「高い声を出せる」は才能ですか?→はい!そうです。

    / ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は 「高い声をボイストレーニングで出せるようになるか?」 にお答えしようと思います。 答えは簡単。YESデス。 これは現代のボイストレーニング法を勉強している方からすれば簡単な答えです。 ただ、よくある質問は、 「私の声はどこまで出る様になるんですか?」 です。 これには個人差があるので、「どこまで」とは答え辛いものです。 では、高い声を出すための要素とは? 「訓練出来る要素」と「訓練出来ない要素」で分けて見ると興味深いと思います。 【訓練出来る事】 ・輪状甲状筋の発達度合い 声帯を引っ張る動きをする筋肉なので、 この筋肉が発達しているほど、高い音が出しやすいです。 ・甲状披裂筋(地声を作る筋肉)との輪状甲状筋のバランス感覚 輪状甲状筋と甲状披裂筋は逆の方向に向かう筋肉ですので、 高い音になればなるほど、「輪状甲状筋を強く」「甲状披裂筋を弱める」 低い音になればなるほど、「甲状披裂筋を強く」「輪状甲状筋を弱め… 続きはこちら≫

  • 声を強くするには「声門閉鎖」じゃダメ!?

    / ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は声のパワーの作り方についてお話してみようと思います! 「声のパワー」とは大きく分けて下記の2つに分けられると思います。 ・地声的な音色 地声的な音色の声は倍音を豊かに含んでおり、 その音色を出すだけで無条件に「力強い」と聞こえます。 音響的な理由はこちらのブログにかいていありますので、読んでみてくださいね。 共鳴腔の役割 倍音の基礎知識編 ただし、ここには必ずしも音量的な強さの意味は含んでいません。 ・声量(音量) これは単純に音量的なお話です。 裏声的な音色の女性のオペラは、やはり圧倒的な存在感があります。 ここには、「地声の音色的な力強さ」は存在しませんね? 声門の閉鎖=力強い声では無い? どうしても、ポップ系の音楽で力強い声と言うと、 この2つを両立させなければいけません。 ただし、多くのシンガーが間違った・・・ と言うか偏った認識や情報によって、閉塞的な・・・ 例えるなら 「少なくとも裏声ではないけど、キリキリしてて苦… 続きはこちら≫