桜田ヒロキの投稿一覧

VT Artist Development
LINE@でお問い合わせ

BLOG

桜田ヒロキの投稿一覧

  • 「高い声を出せる」は才能ですか?→はい!そうです。

    / ミックスボイス 声の健康法・アンチエイジング

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は 「高い声をボイストレーニングで出せるようになるか?」 にお答えしようと思います。 答えは簡単。YESデス。 これは現代のボイストレーニング法を勉強している方からすれば簡単な答えです。 ただ、よくある質問は、 「私の声はどこまで出る様になるんですか?」 です。 これには個人差があるので、「どこまで」とは答え辛いものです。 では、高い声を出すための要素とは? 「訓練出来る要素」と「訓練出来ない要素」で分けて見ると興味深いと思います。 【訓練出来る事】 ・輪状甲状筋の発達度合い 声帯を引っ張る動きをする筋肉なので、 この筋肉が発達しているほど、高い音が出しやすいです。 ・甲状披裂筋(地声を作る筋肉)との輪状甲状筋のバランス感覚 輪状甲状筋と甲状披裂筋は逆の方向に向かう筋肉ですので、 高い音になればなるほど、「輪状甲状筋を強く」「甲状披裂筋を弱める」 低い音になればなるほど、「甲状披裂筋を強く」「輪状甲状筋を弱め… 続きはこちら≫

  • 声を強くするには「声門閉鎖」じゃダメ!?

    / ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日は声のパワーの作り方についてお話してみようと思います! 「声のパワー」とは大きく分けて下記の2つに分けられると思います。 ・地声的な音色 地声的な音色の声は倍音を豊かに含んでおり、 その音色を出すだけで無条件に「力強い」と聞こえます。 音響的な理由はこちらのブログにかいていありますので、読んでみてくださいね。 共鳴腔の役割 倍音の基礎知識編 ただし、ここには必ずしも音量的な強さの意味は含んでいません。 ・声量(音量) これは単純に音量的なお話です。 裏声的な音色の女性のオペラは、やはり圧倒的な存在感があります。 ここには、「地声の音色的な力強さ」は存在しませんね? 声門の閉鎖=力強い声では無い? どうしても、ポップ系の音楽で力強い声と言うと、 この2つを両立させなければいけません。 ただし、多くのシンガーが間違った・・・ と言うか偏った認識や情報によって、閉塞的な・・・ 例えるなら 「少なくとも裏声ではないけど、キリキリしてて苦… 続きはこちら≫

  • ホイッスルボイスは2通りの出し方がある?

    / ミックスボイス

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 先日のVocology in Practiceチームのコンファレンスで、 ユタ大学の音声学者Ingo Titze博士の話で興味深い話が出ましたのでシェアしたいと思います。 ホイッスルボイス(Whistle Tone)についてのお話です 「ホイッスルボイスって名前は聞いた事はあるけど、実際には聞いた事ない!」 と言う方もいると思いますので、まずはこちらの動画を見てみてください。 ホイッスルボイスって? 動画で見た通り、まるで笛(ホイッスル)のような声なので、 そのように名付けられたようです。 場合によってはピアノの最高音(C8)を超える事もあり、 超人的なボーカル技術の一つと言えると思います。 ただし、このレンジ(音域)になると言葉(母音) を発する事は出来ません。 声帯振動で作られる音は倍音を含ませる事が出来ず、 基音(F1 H1)のみを使った発声になるからです。 母音を作るためには最低でも (喉で作られた)F1と(口腔内… 続きはこちら≫

  • あなたが歌手として必ず成功するために必要なマインドセット

    / オーディション対策 シンガーのマインドセット

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! 今日はシンガーソングライター Bruno Marsの言葉からスタートです! 「大事なのは、毎日練習すること。 毎日歌の稽古をし、楽器の練習をし、良い曲が書けるようひたすら努力すること。 それだけなんだよ。」 本当にそれだけなんです。 天才に見えるBruno Marsがこれを自信を持って言える真意とは何か? これを脳科学的な視点で解説してみようと思います。 あなたは「TEFCAS思考」と言う言葉を知っていますか? これはトニー・ブザンと言う心理学者が提唱している言葉です。 TEFCAS思考を歌の上達に結びつけてみました ★Trial(とにかくやってみる!) とにかく行動を起こす事です。 練習なしに上手になれない事は当然です。、 まずは練習を開始する事が重要です。 ★Event(物事が起きる) きっと録音を聞きかえすと、自分が思いもしない歌を聴く事になると思います。 多くの場合でここで起こる事は失敗体験だと思います。 ★Feedb… 続きはこちら≫

  • 「う」の母音。高音ひっくり返りやすくないですか?

    / ミックスボイス 英語と歌唱

    こんにちは!VT Artist Developmentの桜田ヒロキです! バークリー音楽大学でも使われる発音矯正プログラムを少しお見せするコーナーですが、今回は石原優子インストラクターが「う」母音について書いてくれました。 優子先生が書いた「う」母音についてのブログ 読んだ?(笑) 実はこの「う」の母音、高音域を歌うのには、ちょっとやっかいな母音になります。 なんせ、この「う」母音は、高い音で、ひっくり返りやすい特徴があります。 メソッドによってはFalsetto Vowel(ファルセット母音)とも呼ばれているくらい裏声に持って行きやすい母音なんです。 理由はフォルマントが関係しているのですが、、、とりあえずおいておきましょう・・・。 あ、でもこのフォルマントの特性があるからコーラスでは「う~」ハモりが多く使われると言う事もあるのですが、、、詳しくはレッスン時に聞いてください。(笑) MISIAさんのEverythingで、う母音を攻略! 英語の母音を日本語内でこっそり効果的に使うのが上手なシンガーでMISIAさんがいます。 まずは、M… 続きはこちら≫